スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告

sims物語39 「思い出のデート」

rrr.jpg
数日の間、サキは部屋に閉じこもっていた。
毎晩、泣き続けた。

やがて、身体もストレスで疲労が溜まっていく。
涙も出てこなくなった。
それでも、頭に浮かぶのは彼の事ばかり・・・。

Screenshot-4_20120319181242.jpg
愛しくて・・・憎い。

辛くて・・・苦しい。
こんな事になるのも分かってたのに
覚悟してたのに、やっぱり耐えられない程、胸が締め付けられる。

こんなに辛いなら
恋なんて・・・もうしたくない。




日曜日の早朝
毎日、部屋でこもっていたサキは、
2日前から、気晴らしに公園へ向かうようになった。


Screenshot_20120324214431.jpg
いつまでも、ウジウジして、前に進めない自分に嫌気がさした。
別れてから1週間もたつというのに・・・。

Screenshot-2_20120324214339.jpg
何もかもスッキリ忘れて、新しい何かを始めよう。
その為にも、部屋から出ないといけないんだ。

心ではそう思って、外に出たりしてるが、結局、考えてしまう。
あの人の事を。
もう彼は、この街にはいないだろう。
私を捨てて、あの奥さんと一緒に新しい生活を始めているに違いない。
奥さんも私の存在は知っていた・・・。
奥さんは守ったのね、家族を・・・。



Screenshot-3_20120324214338.jpg
「ふぁぁぁぁ~・・・」
大きなあくびをしながら
パジャマ姿のケイは、どこかへ向かうサキの姿を見ていた。

Screenshot-5_20120324214337.jpg
(あいつ、今日もどっか行くのか・・・。よし、行くか!)

ケイは急いで支度しに自室へ戻った。
何やら、計画を実行するようだった。










ツインブルック公園



Screenshot-6_20120324220429.jpg
奥さんはどうやって守ったの?
彼を問い詰めて・・・脅したの?
それでタケルは・・・

私より、奥さんを・・・?
私の価値って、ここまで落ちたんだね。
なんだか急に私の存在が人より小さく感じる・・・。
彼が憎い。奥さんが憎い・・・


Screenshot-7_20120324220205.jpg
(私、どうかしてる・・・。誰か助けてよ・・・)




「見ィーつけた!」
Screenshot-11_20120324220205.jpg
すぐ目の前からの声にハッとした。

Screenshot-12_20120324221001.jpg
影の方を見上げると男性が立っていた。

Screenshot-13_20120324221001.jpg
「探したんだぞ!?」

「ケイちゃん・・・?どうしてここに?」

Screenshot-14_20120324221000.jpg
「デートすっか♪」

「え?」
「気晴らしにパーッと楽しい事しようぜ!」
Screenshot-17_20120324221000.jpg
「どうしたの?急に・・」

「デートしたくないのか?」
「別にしたくないもん」

Screenshot-16_20120324221439.jpg
「あ!あー!言ったな?俺からの誘いを断るワケ!?」

「だからどうしてケイちゃんとデートしなきゃいけないのよ?」

「・・・それは・・・」
Screenshot-15_20120324221439.jpg
「それは?」

Screenshot-21_20120324221835.jpg
「それは・・・俺、来年からチーム異動になるからさ」

「異動!?あそこ出て行くの!?」
Screenshot-22_20120324221835.jpg
「そ!俺自身の夢をもう一度追いかけてみようと思ってさ!」

「そっか・・・寂しくなるねぇ」
「だろ?だから思い出作ろうと思って!楽しい事たくさんしときたいじゃん!」
Screenshot-23_20120324221835.jpg
「でも・・だからって何で私が・・・」

「そんなに嫌?」
「そういう気分じゃ・・」
Screenshot-24_20120324221834.jpg
「そういう気分をふっ飛ばしに行くんだよ!」

「で・・・でも・・・」
ケイはスっと立ちあがった。
Screenshot-20_20120324222628.jpg
「拒否権はない!!」

「!」
Screenshot-18_20120324222541.jpg
「・・・」
Screenshot-19_20120324222541.jpg
「もう!分かったわよ・・・」

「よし!さっそく行くぞ!」
ケイはサッサと公園を出ようとする。

Screenshot-102_20120324222541.jpg

その後ろ姿を見つめながら
何か懐かしさを感じていた。

11年前・・・
あの日も、ケイちゃんは・・・










Screenshot_20120324223109.jpg
「・・・グス・・・う・・・」



Screenshot-2_20120324223108.jpg
「見ィーっけ♪」
「!!」
突然現れたケイに驚いて、急いで目を拭った。

Screenshot-4_20120324223107.jpg
「やっと見つけた・・・探したんだぞー?」

Screenshot-10_20120324224053.jpg
「ケイちゃん・・・」


Screenshot-5_20120324223107.jpg
「なぁなぁ!デートしようぜ!」
「な、なんで・・?」

「何でって・・・来年俺たち受験だぜ?遊べなくなる前にさ、パーッと楽しいことしたいんだって!」
Screenshot-3_20120324223108.jpg
「パーッと?」
「そ!今から夜まで遊びまくろうぜ!」

「これから?だって学校・・・」

Screenshot-6_20120324223106.jpg
「はぁ?学校なんて一日くらいサボってもバレないって!」

「でも・・・」

「でも?」
Screenshot-11_20120324224053.jpg
「お母さんにバレたら・・・」

「バレてもお前の母ちゃんに俺が話つけるから安心しろって!」

Screenshot-12_20120324224052.jpg
「俺を信じろよ~」

「・・・うん・・・で、でも・・」
Screenshot-5_20120324223107.jpg
スクっと立ちあがり
「お前に拒否権はない!」

「・・・」

Screenshot-13_20120324224052.jpg
「早く行くぞ!」


あの日は、結局
思い出作りってのは口実で、
私が失恋した悲しみをふっ飛ばそうとして
やったことだったんだよね・・・。









Screenshot-102_20120324222541.jpg
クス・・・
「全然変わってないね」

Screenshot-101_20120324222541.jpg





web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(2)

sims物語38 「ケイの重要任務」

Screenshot_20120319181243.jpg
今朝の燃えるような怒りはやがて鎮火し
家に着くなりサキは
心にぽっかり穴が開いたようだった。

食欲もなく、ハンナからの夕飯の誘いも
断った。

何も考えたくない

考えれば切なさが胸を締め付けて苦しいから・・・。
流れる涙は、無限に。
なのでただ、ただ、無心になるばかりだった。



みんなで食事も終わり
それぞれが
就寝までの時間を楽しんでいた。

Screenshot-82_20120319181151.jpg
「よぅ、タオ!チェスの相手してくれないか?」
ケイがタオを誘った。
タオもまた、
サキの事を心配して顔が暗くなっていたからだ。

Screenshot-83_20120319181150.jpg
夕食を食べにリビングまで降りてこなかったサキを
心配していたのだった。
「あ、はい」
タオの返事も暗く、そっけない。

Screenshot-85_20120319181150.jpg
「・・・」
「タオ!どうしたんだよ?お前暗いぞ?」
ケイはさすがに何かあったんじゃないか、と思い
元気づけてやろうとしていた。

Screenshot-84_20120319181150.jpg
「・・・ケイさん」
「ん?」

「シツレンって、したことありますか?」
Screenshot-87_20120319181149.jpg
「・・・」
ケイは驚いて一瞬固まった。

「まぁ・・・・・したよな?割と最近」
ケイは少し気まずそうに答えた。
その返事にハっと思いだしたように
「あ・・・・スイマセン・・・!」
と、謝罪する。

「もしかして?失恋したの?!」
「僕じゃないです・・・」
Screenshot-86_20120319181150.jpg
「あの・・・サキさんが・・・」
「サキが?彼氏いたのかよ」

「えぇ、それで・・・家族、いるからと、別れてほしいと、言われて」
「家族いるから・・・?は??」
ケイはいまいちなタオの言葉で理解できなかった。
Screenshot-89_20120319205105.jpg
「奥さんと、子供がいます。その人裏切れないって」
「つまり・・・不倫ってこと?」

「ふりん?はい、うわきでした」
「・・・あいつ・・・何やってんだ・・・」
Screenshot-90_20120319205105.jpg
「こんな事・・・勝手に言うは、いけませんが・・・」

「・・・」
「僕は、サキさんにどうしたら元気になってくれるか分かりません・・・」

もどかしい気持ちが苛立たせる。
自分にはこれ以上踏み込めない壁がある。
そう感じて、手を伸ばしたいのに伸ばせないもどかしさ。
「そうか。元気づけたくて悩んでんだな。タオは優しいな、サキの事・・・スキなんか?」
確信をつく質問だった。
返答を待たずとも分かる質問でもあった。
Screenshot-91_20120319205104.jpg
「え?えっと・・・(モジモジ)・・・誰にも言いませんか?」
「うん。・・ってか、答えなくていいや、スキなんだな」

「あ・・・・・ハイ。」
Screenshot-3_20120319205103.jpg
Screenshot-97_20120319210252.jpg
「きっとすごく辛くて、泣いてます。でも僕はこれ以上何もできない」
「そんなことないだろ~」
「できないんです!だから・・・・・・お願い、あります!ケイさん。」
タオは思い切って幼馴染であるケイに、あるお願いをしようと考えた。
Screenshot-4_20120319181242.jpg
タオは自分にできない事を変わりにケイに頼んでみようと思った。
でないと、泣いているサキを笑わせることなんてできないと思ったからだ。

自分の力じゃまだ無理だと思った。

本音を言えば、本当なら自分で笑顔にさせてやりたいが・・・
まだ自信がない・・・。









Screenshot-94_20120319210252.jpg
「・・・・」
「お願いします」

「お前はそれでいいのか?本当にそれで・・」
「僕は、今すぐにでもサキさんを元気にしてあげたいです。」
Screenshot-111_20120319211426.jpg
「よし、分かった!まぁ俺が笑顔取り戻せるか分かんないけど、失恋の痛みは分かるしな」
「本当ですか!?」

「やってやるよ、タオも友達、サキも幼馴染だしな!まかせとけって」
Screenshot-112_20120319211425.jpg
「アリガトウゴザイマス!!」


タオは胸をなでおろした。
小学生の頃からの幼馴染であるケイなら、
きっと元気づけてあげられると確信していた。
それに、同じ失恋の痛みを負った2人でもある。
Screenshot-88_20120319205105.jpg
タオは何度も何度もケイにお礼をした。









Screenshot-6_20120319212620.jpg

グス・・




自室に戻ったケイはこれからのプランを色々と考える。
タオに託された重要任務が失敗しないようにと、入念に頭でプランを練る。
それが、結構楽しかったりするのだ。

Screenshot-17_20120319213816.jpg
「タオがサキをねぇ・・・」

(そういえば前も同じ様な事があったっけなぁ・・・)


Screenshot-11_20120319212619.jpg
ダンボールの中から一枚の絵のを取り出し壁に飾ってみた。
その絵を眺めて昔を懐かしむ。




Screenshot-12_20120319212619.jpg
中学生の男女が中睦ましそうに写っている。


Screenshot-16_20120319213817.jpg
Screenshot-13_20120319212618.jpg


web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(0)

sims物語37 「サイテーノバカヤロウ」

Screenshot-35_20120307221255.jpg

休日の朝、にも関わらず
大きい荷物が庭に散乱している一軒の黒い屋根の家。

家の中からは掃除機の音が鳴り響いていた。

中から男性が出てくる。

Screenshot-36_20120307221254.jpg
出てきた瞬間、勢いよく彼に向かっていくサキ。

ずんずんと怒りで足音も聞こえそうだ。






Screenshot-37_20120307221254.jpg
「タケル!」


大きな声で呼んだ。
その声でピクっとタケルの背中は固まったようだった。

Screenshot-39_20120307222326.jpg
「サキ・・・ちょっと待て・・・」

「待たないわ」
タケルはサキの声が怒りで少し大きめで
焦っていた。
Screenshot-40_20120307222326.jpg
「今はマズイ!家の中に妻も息子もいるんだぞ!?」

「そんなの関係ないわよ!」
「関係ないって・・・お前・・」

Screenshot-41_20120307222326.jpg
「私はもうたくさんよ!3年もの間私・・・ずーっと隠れてきたの!」
「頼むよ・・・向こうで話さないか?」

「いいえ、ここで!今、話すの!」

Screenshot-42_20120307222326.jpg
「少し声を落としてくれ・・・近所のこともあるし・・・」

「・・・」
先は相変わらずのタケルの態度にイライラしていた。
Screenshot-43_20120307223449.jpg
「もう嫌よ・・・何もかも・・・」
「あぁ・・・なら、尚更だ。俺たちの関係も潮時、だろ?」

「それでも・・・本気で愛してた・・・のに。あなたの言葉一つ一つを信じて待ってた・・・」
Screenshot-44_20120307223449.jpg
「サキ・・・サキ、聞いてくれ。俺にとってサキとの間に“本気”というものはなかったんだよ」
「・・・」

「でも、君といる時は、心安らぐ時間だった。楽しかった、これは本当だよ」
Screenshot-45_20120307223449.jpg
「私が本気で本気で愛してるって・・・知ってたくせに・・・」
「知らなかった!元々、こういう関係だって承知の上だったじゃないか!」

「・・・嘘よ!嘘ばっかり!知ってたじゃない!それなのに・・・この関係を3年も続けておいて、電話でいきなりさよならだなんて・・・・」
Screenshot-47_20120307223111.jpg
「どんなに心安らいだと言っても家族をこれ以上騙せない。急に罪悪感でいっぱいになったんだ・・・」
「何?それ。今更裏切れないですって?罪悪感・・・?飽きたらサッサと捨てるのね!?」

「これもお互いの為だろ?!」
Screenshot-46_20120307223448.jpg
「ふざけないでよ!!!!!」

サキは怒りでつい怒鳴ってしまった。
その時――――――――








「あなたー?キリのいいところで朝食にでもしましょう?」

家の中から妻の呼びかけか聞こえた。
その瞬間、2人のケンカも止まる。
ケンカだけではない、その場の空気も凍ったように時が止まった。


「あなたー?」




Screenshot-59_20120307225650.jpg
「・・・」

タケルはサキを見つめる。
そして重い空気の中で、返事をした。
「・・・もう少ししたら行くよ!」


Screenshot-43_20120307223449.jpg
「・・・わかったわ、きちんと終わりにしましょ!」
「きちんとって・・・」



するとサキは、玄関の方へ向かった。


Screenshot-55_20120307225739.jpg
「オイ・・・何する気だ!?」
階段をゆっくりと上がる。
「家族に全部話すわ。全部!ぜーんぶバラしてあげる。そして同じように苦しめばいいんだわ!」
「俺が悪かった!それだけは・・・やめてくれ・・・!!」



ドアの前まで来て呼び鈴を鳴らそうとした時、後ろから
「サキさん!待って!」
と、呼びとめられた。


Screenshot-56_20120307225116.jpg
「ダメです!待って!」

Screenshot-58_20120307225114.jpg
「タオ!?」
「サキさん、ごめんなさい、でもそれはダメでしょ?」

急いで止めに走ったせいか、タオは息を切らしながらも、サキを説得した。
「家族を・・・悲しませるのは、違いますよ、悪いのは・・・家族じゃない」



Screenshot-61_20120307225648.jpg
「・・・」

「家族を崩壊させたりしちゃだめ・・・奥さんも息子さんも・・・悪くない」
「・・・」
Screenshot-62_20120307225647.jpg
「何も罪はないでしょ?」

Screenshot-69_20120307225647.jpg
「・・・」

Screenshot-60_20120307225649.jpg
「・・・・・・・そうね。」

サキはタオの言葉で冷静さを取り戻していった。


Screenshot-8_20120307231809.jpg

本当は、最初からこうするつもりじゃなかった。

電話でいきなり冷たく別れを告げられた怒り・・・
少しでも発散させたくて、
文句の一つでも言って去ろうと思っていたのに・・・。


Screenshot-10_20120307231809.jpg

何度バラしてしおうと思っただろう。
でもできなかった。

同時に彼も失ってしまうのが怖かったからだ。
Screenshot-3_20120307233216.jpg
「・・・」

「あの・・・タオ君、だったね?」
タオとタケルは歓迎パーティで一度会っている。
Screenshot-6_20120307233217.jpg
「小久保さん!アナタは・・・“サイテーノバカヤロー”です!!」
「・・・あぁ、そうだな、バカで最低だな・・・悪かった」

Screenshot-120_20120307233216.jpg
「はい、サキさんに二度と近づかないでくださいね!」

サキも階段を降りてタオの横に来る。
Screenshot-7_20120307232715.jpg
「サキさんは、本当ならとっても幸せにならなきゃダメな女性です!アナタのせいで不幸になったから、この街から今すぐ出て行ってください!!」

タケルは、ただ黙って聞いていた。


Screenshot-121_20120307233216.jpg
「さ、サキさん!帰りましょう!」
何だかタオがスッキリしたようだった。

Screenshot-122_20120307234406.jpg
「・・・うん」


嬉しくて・・・嬉しくて・・・
たまらなかった。
こんなにも自分を見てくれてる。
幸せにならなきゃいけないなんて
言ってくれる。
ただそれだけなのだけれど
その言葉が
今のサキには最高の言葉だった。



Screenshot-70_20120307234406.jpg
別れ際・・・

「あなたと過ごした3年間は・・・私にとって人生で唯一無駄だった時間ね・・・あなたと出会った事、後悔するわ」

「サキ・・・・」


Screenshot-72_20120307234405.jpg
「それじゃ、さようなら・・・奥さんといつまでも仲良く続くといいわね・・・」

「・・・」

せめて、嫌味の一つや二つ言ってやりたかった。


















Screenshot-77_20120308001309.jpg
「・・・」
「・・・」
二人は会話もなく歩いていたが、サキは小さな声で
「ありがと」
と言った。
タオはその小さな声を聞き逃さなかった。
Screenshot-79_20120308001210.jpg
「私だって、本当は分かってた。元々、未来のない恋愛だってこと。だから、タケルだけが悪者じゃないってことも。」
「サキさん・・」

「私が勝手に本気になったのに・・・タケルだけのせいにしちゃった」
「そんなことないですよ・・・!」

Screenshot-78_20120308001211.jpg
「ううん、いいの。私自身、いい加減辛くて・・・こうなって良かったと思う」
「・・・・はい」

「タオ、ありがと。」
Screenshot-80_20120308001308.jpg
「・・・」

サキの辛さは、少しくらい理解できると思う。

できるなら・・・彼女にもう一度心から笑ってほしかった。
元気を取り戻してもらいたかった。

でもタオはそれ以上先に踏み出す自信がなかった。
Screenshot-81_20120308002419.jpg
まだ・・・自分たちの関係には壁を感じていた。


今日の事が、タオの精一杯の行動だった。
web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。