スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告

sims物語76 「潜入ミッション開始」

年越しまであと数日という忙しい年末の金曜日。
ブリッジポートで密かに開かれている仮面パーティー。
コウジとアツコは仮面を被り、
受付に立っていたガタイのいい男性を潜り抜け、
パーティー会場に潜入した。

1階は静かなBAR。
2階はクラブ
そして最上階にはVIPルームが用意された
まさにセレブが遊ぶとっておきの場所だった。

2人は、パーティーに参加するほとんどが1度は来るであろう2階のクラブで
ターゲットを待つ事にした。





Screenshot-37_20130123184247.jpg
「ね、あの人?」


Screenshot-38_20130123184248.jpg
ヒョコッと顔を出し確認するが、別人の女性だった。
「違う」

Screenshot-39_20130123184249.jpg
「・・・じゃあ、あの人?」

Screenshot-40_20130123184250.jpg
「それも違う。」
訪れる女性1人1人を確認させるが
まったく現れる気配がない。

「本当に違うの?」
「違う」

Screenshot-49_20130123185444.jpg
「ていうかさ、顔分かる?」
「どういう意味だ?」

「仮面被ってるし、その女を最後に見たのっていつなのよ?」
「・・・・・5年前だ」

「女は1年でガラッと変わるわよ?その時付き合った男性の好みとか、生活で大分別人になるし、
その上仮面被ってたら分からないじゃない」
アツコの言ってることは、ごもっともだ。
しかし、コウジはいや、分かる。と言い切る。

Screenshot-47_20130123184251.jpg
「・・・俺はその女を忘れた事は一度もない。もう二度と会わないでおこうとしてきたが、忘れられない」
「惚れてんの?」

「逆だ。憎んでる。もし会っちまったら何か仕出かしてしまいそうだったから避けていた」
「・・・」
アツコはコウジの過去に只ならぬ事件があったのかと感じ取り、黙ってしまう。
Screenshot-48_20130123185443.jpg
「その人を、今夜殺す?」
「・・・何?・・・」

「嘘に決まってんじゃんばーか」
「・・・」
重い空気を蹴り飛ばすように茶化してみたが、
コウジの表情は緊張したまんまだ。

Screenshot-50_20130123185445.jpg
「でも、マジで憎んでるなら一応忠告しとくけど、事件は起こさないでね。私、巻き込まれたくないから」
「起こすわけねぇだろ」

「だって仕出かしてしまいそうなんでしょ?」
「・・・」

Screenshot-51_20130123185446.jpg
「5年前は本当に殺してやりたい程憎んだ。でも今は真実が知りてぇ」
「いつかさ・・・話してくれる?」

「・・・・さぁな」
そう言ってまた黙り込んでしまった。
彼女は今も色んな男性と関係を持ち、私利私欲のために生きているんだろう。
そう考えただけでストレスを感じてる。
今夜、もし話を聞く事ができたら・・・
スッキリできるだろうか。
それとも憎しみが倍になるだろうか。

「あ!」
と、突然アツコが声を上げる。

Screenshot-52_20130123185447.jpg
「あの人じゃない?なんか真っ赤でキレイなドレスだし」
その声でそっと壁から覗く。
緊張して心臓がバクバクしているのが分かる。
久しぶりだ。
この緊張感を味わうのは。

Screenshot-53_20130123191511.jpg
そこには真っ赤で高級そうなドレスに身をまとった女性が歩いていた。
赤く目立つ大きなマスク。そこから覗き込む瞳。金髪の美しい髪。
スタイル抜群のプロポーション。
近くにいる男性はその女性に声をかけずにはいられないようだ。

Screenshot-55_20130123191329.jpg
間違いない。
コウジは確信した。
背丈から髪、雰囲気、歩き方まで、後姿でも確信が持てた。
彼女だ。
森尾レイは現れた。

Screenshot-54_20130123191328.jpg
「ねぇ、あの人じゃない?違う?」
「・・・・・あいつだ。間違いない」

「やっぱり!オーラが違うもん」
パーティーの常連だからか、
主催者の男性と談笑したり、バーテンダーの男性と仲良さそうにしている。

Screenshot-56_20130123191512.jpg
そのうち、1人の男性とお酒を交えて会話し始めた。
それをしばらく見ていた。
すると、そう会話も続かずにいい雰囲気になってきている。
お互いに腕をかけてゆったりと踊ったり、
時たま耳元で何かを囁く仕草をしていた。

Screenshot-62_20130123192652.jpg
しばらくすると2人は下の階へと降りていった。


Screenshot-59_20130123191514.jpg
「ヤバイよ!行っちゃう!」
「多分下のBARに行くんだろ」

「行く?」
「いや、下のBARは狭い上に会員限定のBARだ。さすがに潜れねぇ。パーティーは始まったばっかだからすぐには帰らねぇと思う。」
Screenshot-61_20130123192651.jpg
「んーじゃあ待つ?」
「そうだな、少し酒も入れてぇから」


予定では、現れてすぐにでも近づこうと思っていたが、
予想以上に早い段階で男を捕まえてしまったので
仕方なく2人はレイたちが戻るのを待つ事になった。














Screenshot-63_20130123193348.jpg
「・・・帰ってこないねぇ」
あれから20分。
待っている側だと20分がとても長く感じる。
「イチャコラしながら酒飲んでんだろ。まだ帰ってこねぇよ多分」
「なーんか、みんな男連れだしねぇ。アッチコッチでイチャついてんのがハラたつ」

「・・・」

Screenshot-64_20130123193349.jpg
「そういうパーティーだろうが、ここは。」
「なんかもっと色んな男性が沸いててさ、すっごくエロイパーティーかと思ったけど、最初から男連れじゃただのプロムじゃん」

「・・・何を期待してきたか知らねぇが、残念だったな」

Screenshot-65_20130123193350.jpg
「セレブはこんなパーティーに毎月来るほど男に飢えてんのかな」
「さぁな」

「だって、金も地位もあるなら、もっとビッグで質のいい男いるじゃん。その人を一途に想う事ができないのかな」
「・・・」
Screenshot-66_20130123193351.jpg
「見ず知らずの人間と今日二言三言しゃべって酒飲んでエッチして、そんな生活が当たり前?」
「セレブにだって色んな奴がいんだろ。お前はどうなんだよ?」

「え?」
「エロ目と何があった?」

Screenshot-67_20130123193352.jpg
「・・・・」
その質問をされた瞬間、口をキュッと閉じた。
思い出したかのように気持ちが沈んでいった。
そういえば、私はフラれたんだった。
その現実に引き戻された・・・。
「フラれたのか?」
「・・・うん」

「それで落ち込んでんのか?」
「それだけじゃ・・・ない」


Screenshot-69_20130123195306.jpg
「何があった?」
「・・・・全然私の気持ちが本気だって思ってくれなくて、好きだって言ったんだ。でもその日はクリスマスでカズはサキさんのとこに行ったの。」

「・・・で?」
「私は公園でライブやってて、なぜかカズが来てくれてて・・・」


Screenshot-68_20130123195305.jpg
「サキさんにフラれたって。だから私が慰めてあげようかって言った。」
「どうやって?」

「・・・」
「ヤッたんだな」

「私は好きだったし、それでもいいって思った。ていうかぶっちゃけエッチしたら少しは私に向くかなって思った・・・でも朝起きたらいなくて、書置きのメモすらなくて、連絡もなし。」
「ヤリ逃げされたか」
この際コウジに全てを話そうと思った。
誰かに聞いてもらいたかった。
そして少しでも軽くなりたかった。

Screenshot-70_20130123195307.jpg
「あの夜は、自分が好きならいいって思ったけど、終わってみたら私っていったい何なんだろうって。自分の価値がガックリ落ちた気がした。彼にとって私ってどうでもいい道具だったんだーって。そう考えたらもう悲しくて・・・」

「でもよ・・・あいつも同じように思ってるかもしれねぇだろ」
「後悔してるって事?」


Screenshot-71_20130123195308.jpg
「後悔してるかもしれねぇし、お前に申し訳なくてなかなか連絡しにくいだけかもしれねぇだろ」
「うん・・・でも、あれからまったく会ってないから思考が全部ネガティブなんだよ・・・」
泣きそうな顔でため息をつき、ずっと下を向き続けた。
そして突然、顔を上げて、でも・・・と続ける。

「後悔されても嫌な気がする」
「なんで?」
Screenshot-74_20130123200847.jpg
「なんか、なんで私と寝ちまったんだ、って後悔されてたら!?私もう消えたいよ・・・」
「そうだな」

「そうだなって言うな!」
Screenshot-77_20130123200850.jpg
「あいつがどう考えるかなんて俺は知らねぇ。そいつと同じ立場で同じ事してみねぇと分からないだろ」
「・・・同じ立場で・・・同じ事をねぇ」
「って事は俺に聞いたって無責任な事は言えねぇけど、ちゃんと会って話せよ」

「・・・分かってるけど、怖い」
「逃げてんのはお前も同じじゃねぇか」


その時、フイっとアツコの後ろを通る男性に気づく。
Screenshot-78_20130123200851.jpg
「!?っていうか、ちょっと、あれ!」
「ん?」

アツコの指さす方を見てみると
いつの間にかお目当てのターゲットが、男性と
2階に戻っていることに気がついた・・・。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(14)

コメント

こんばんはーヽ(゚∀゚ )ノ
わいわーい!物語更新キターーー♪
遂に仮面パーティー潜入しましたね!
ひょこっと顔を出す二人が可愛いな^^
森尾レイ・・・。何者なんだろう・・・w
コウジ君、冷静に語ってるけど実際の所相対しちゃったら
以前の憎しみが再び湧き上がってきて何かしちゃうんじゃないかと心配したり、でも頭のいいであろうコウジ君だから大丈夫だろうとか色々想像しちゃったw
実際何があったかまだ分からないのにね^^;

コウジ君とアツコちゃんの会話、やっぱりコウジ君はいいわ~^^
カッコいい訳じゃないんだけど、人間として信用できる何かを持ってるよね^^
これでイケメンだったら即落ちしちゃう位の好きレベル(笑)
人気の高さが納得だ!^^

続き凄く気になりますよ!また楽しみに待ってますね♪

2013年|01月|23日|21:28 |from mirumom| URL

こんばんは!!
ついにきた!コウジくんのターン!!

森尾レイってコウジ君と過去どんなことがあったんだろう?!前からずっと気になってました。
5年も一人の人間を憎み続けることって相当な気力がいると思うんですよね。それでもコウジ君はずっと憎み続けた。一体何があったのか・・・早く知りたいwww

それとコウジ君とアツコちゃんの会話!
やっぱコウジ君はあったかくて優しい!ベタベタした優しさじゃなくてさりげないとこが彼の魅力なんだよな~!文句言いながらも仲間のこと心配したりしてるし^^

今回のポーズ、もしかして全部自作ですかっ?
(違ったらごめんなさい)

続きも楽しみにしてます!

2013年|01月|23日|22:33 |from LoveFlower888| URL

ahiruchanetさん、こんばんはー^^

コウジくんがメインになるのを待 っ て ま し た・・・!
おじいさんの話でもそうでしたが、本当に心がイケメンさんですよねコウジくんはっ!
誰かが困った時にそっと相談に乗ってくれるなんていい子(*´q`*)
いつも落ち着いて対処してることが多いコウジくんが、何か仕出かしちゃいそうなくらいの相手ですか・・・!
何があったのか、どんな人なのか、コウジくんにとってどんな存在なのか・・・
気になることが多すぎてもう!更新きてすぐなのに続きが待ち遠しいですよ~!

アツコちゃんとコウジくんのやりとり、ほっこりしますね・・・
二人はパッと見だとマイペースな子達に見えますが、きちんと考えてるってところに深みが出ててイイ!
こういう色々な一面が見えるお話って本当に大好きです!ごちそうさま!

続き楽しみにしておりますー!お邪魔しました^^

2013年|01月|24日|04:00 |from 北の海苔| URL

achiruchanetさんこんばんわ~!

更新きた~!待ってました!!
こうじ君が殺したい程憎んでしまった相手ですか。
真っ赤なドレスからかなりの美女だと想像できますが・・・あれだろうか、これだろうかと勝手な想像を膨らませてますwww

コウジ君ってばニートのくせに←失礼w
しっかりと的確なアドバイスくれますよね(´ω`)
ある程度の苦労とか修羅場とかを経験してないと中々人にこういうアドバイスって出来ないけど、
一体コウジ君はどんな人生を送ってきたんでしょうねぇ。今一番気になる所ですね!
さすが内面イケメン。
こんな友達が私も欲しいです。
彼氏ではなく友達でw

ではではまたのお話楽しみにしてますね!

2013年|01月|24日|17:41 |from りりん| URL

mirumomさん
こんばんわー
いよいよパーティー!思ったようにシムを操れなくてSS撮りに悪戦苦闘した私ww
コウジの過去は徐々に分かってくると思いますのでもうしばらくお待ちを!
コウジいい奴でしょ?コウジは最初から
そういう位置のキャラにしようと思ってたから、
あえてイケメンにはしませんでした!
いや、物語にイケメンは1人もいないんだけど、
マシな顔で定職あって筋肉モリモリにしたらつまらないじゃない!w
あえてニートでデブでそばかす祭りな顔にしたんですwww(ひでぇww

2013年|01月|24日|18:03 |from ahiruchanet| URL

LoveFlowerさん
こんばんわ!
森尾レイはコウジにとってかなりの宿敵ですねw
子供の頃のトラウマってのは、根強く残るものだと思うんですよ。
彼にとって彼女はどんな理由があれど、恨むしかなかったのだと思います。
何があったかはまだ秘密w
今回のポーズは自作ですよ~。
探すの面倒になっちゃって作りましたが、これが結構大変でしたww
指先がなぜかまっすぐなままになってたりしてますが、自分用だから使ってますw
コメントありがとうございますた~

2013年|01月|24日|18:09 |from ahiruchanet| URL

北の海苔さん
こんばんわっ
コウジは心がイケメンですから!私のお気に入りキャラ!とことんいい奴ですよ!
だから反面して外見は残念設定にしてますww
人は見かけじゃないって事を訴えるのに適した男!それがコウジ君!ww
冷静で優しい彼が恨む心を持ってるのは意外かもしれませんが、
どんな人間にも悪はあると思うし、見せてないだけで裏の顔って持ってると思うんですよ。
コウジにとって悪が巨大化したキッカケは子供の頃のトラウマ。それはまだ明かせませんがw
・・・でもハードルは上げないでくださいねwwww

2013年|01月|24日|18:15 |from ahiruchanet| URL

りりんさん
こんばんわ!!
謎の女との関係は何でしょう?そんなに難しくないはずw
まぁ、ありきたりですが、想像していてください。
内面イケメンです!ぜひ目をつぶってコウジの優しさだけで萌えてくださいwww
あえてイケメンではない彼!
私もイケメンにしてあげたらめちゃくちゃモテただろうに!と思いますが・・・
しねぇよ!?www
友達?いやいやwwりりんさん、そこは貰ってやってはくれまいかww
それは冗談として、彼の優しい心を愛して上げて下さい┏○ペコリ

2013年|01月|24日|18:20 |from ahiruchanet| URL

こんばんは!
続きまってましたー!!////
っていうか、壁からのぞきこんでいる2人がコミカルで可愛くて、面白いwww
さすがポーズ自作されているだけあって、
お話の展開にぴったり(*´д`)ますます楽しいよぉぉ!

つか森尾レイ様が早くも私好みな香りがするんですが!?////
うわー、コウジくんと何があったんだろう、楽しみすぎる!

そ・し・て!!!!
いつまた見れるのかと切望していた「ハイパーコウジ君タイム」(何だそれはw)に
私改めて惚れ直しました。
なんていうかね、なんていうかねー!!!
無駄に気障でもなく、普通にかっこいいんですよ!コウジくん!///
もうコウジ君編、超たのしいいんですけど!

あとアツコさんの現在の胸中、わかってよかった・・・。

2013年|01月|24日|23:34 |from りぐのえる| URL

いつ更新かいつ更新かと
けっこう頻繁に覗き見させてもらってます(o'ω'o)

やっぱりとってもおもしろい。。
ほんとにドラマ見てるような感覚です
次のお話もこれからも楽しみにしてますよぉー(*´∞`)

2013年|01月|25日|13:33 |from しのぶん| URL 【編集】

りぐのえるさん
こんちわーっす!
え!?森尾レイが好み!???www
仮面被ってるしねー好みかどうか!分かりませんよ~?ww
今回は「ハイパーコウジ君タイム」が続きますよ♪
久しぶりにガッツリコウジのターンでお送りするので!
今回ので惚れ直してくれたとの事で・・良かったねーコウジ!!
見方を変えればただの偉そうな子豚さんなのに~ww
アツコは遊んでるように見えますがイイ子なんですよ^^
ありがとうございました^^

2013年|01月|25日|16:32 |from ahiruchanet| URL

しのぶんさん
こんにちわ~~い!
更新が不定期で申し訳ないっす!
ポーズやら観察やら色んなのに手を出した結果、
定期的に上げられなくなっちった☆
でも楽しみですと言ってくれるとやる気出ます\(^ ^)/本当にありがとう!
話の作り方も言葉も全然なのに、褒めてもらえると嬉しい!飛び跳ねる!ww
これから少しコウジとアツコのターンですが
見守ってあげてください!
またきてくださいね~\(^ ^)/

2013年|01月|25日|16:35 |from ahiruchanet| URL

仮面コウジくんキター!(゚▽゚)
ちょっと待ってええええ正装したコウジくん
ちょっとイケメンすぎませんかねえ?!
アツコちゃんとの会話にまた男らしさと頼もしさを感じて
リアルに鼻息荒くなってしまったww
やっぱりコウジくん大好きです。
そしてドレスアップしたアツコちゃんの可愛さに
ドキドキしてしまいました。
髪をおろしてるのもいいなあ(´▽`)
アツコちゃんの気持ちが凄く健気で可愛く思えて
本当に応援したくなる。がんばれ・・・!
森尾レイさんの美女オーラがハンパないww
どうしよう悪女でも好きになってしまいそう・・・!
次回が!次回が気になります~~~~ッ!!(´□`)

2013年|01月|28日|13:19 |from ハト| URL

ハトさん
おひさしぶりーふ!!
コウジターンだよ!
え?イケメン?彼は内面イケメンだよ!!ww
でもかっこいいだって!コウジ良かったなぁ~!
彼は実はすっごい頼もしくて正義感あって優しいの!男らしいの!いいでしょ!?
アツコもね~外見キャピキャピしてうるさいけど、内面いい女だったりするからねww
森尾レイは、まぁまぁいい女(いい女かどうかは知らんがwww
でも悪女って色気出るよね!ムンムンするよね!!
いつもコメありがとうです~~~!!

2013年|01月|28日|15:41 |from ahiruchanet| URL

非公開コメント

トラックバック

http://ahiruchanet.blog.fc2.com/tb.php/147-d766e7de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。