スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告

sims物語79「砕かれた一握りの愛」

Screenshot-34_20130216174155.jpg
とあるVIPルームの一室で
暗闇の中に赤いライトが照らす、ムードたっぷりな演出で
カップルは、ワインを飲んでいた・・・・

酔っていた女はつい、フラれた彼の話をしてしまった。
すぐ帰る予定が、
話し始めると止まらなくなってしまって。

それは酔った勢いで始まった事だったが、
次第に、男性の立場でもっと意見が欲しくなった。

Screenshot-37_20130216174157.jpg
「あんたなら、どう思う?」
「忘れるためだけに使われた人形ってだけなんじゃない?」

「そんな人じゃないよ!」
「うーん、じゃあ好きなのかな」

「彼は私の気持ちを知った上で、別の人に告白したの!好きなわけ・・・」

Screenshot-36_20130216174157.jpg
「ねぇ、アカネちゃん。認めたくないのは分かるけど、そんな事する奴をいつまでも想ってたって仕方ないよ」
「・・・」

「どうしたいの?」

Screenshot-38_20130216174200.jpg
「・・・だから・・・男はそういう時、心変わりしないのかなって」
「しないんじゃない?」

「なんで言い切れるの!?」
「だって、その人は君より彼女を選んだ。で、フラれて寂しくなって、たまたま自分に好意がある女性が何してもいいって言ってたら、飛びつくよ。でも、だからって、好きにはならない、ただもて遊ばれただけ」

Screenshot-39_20130216174201.jpg
「・・・」
ハッキリと期待を裏切る事を言われてなかなか納得できない。
見込みはなし!
諦めましょう!
で、さっさと忘れられたらどんなに楽だろう。

この人に意見を聞いたってきっと的外れな答えしか返ってこない。
でも、やっぱり聞きたい。

この人は遊び人だから、とか
この人とは価値観も生まれ育った環境も違うから、とか
何かと理由をつけては、カズとは違うと思いたかった。
聞いた自分がバカだった。

Screenshot-41_20130216175448.jpg
アツコはワインを一口飲むと
バカな質問をしたことを後悔した。
「もういい。なんでもないわ、忘れて」
そう言いながらゴロンと横たわる。

コウジの話はどれ位かかるのかな。
こいつとは、適当に話しつけて出て行こうと思ったけど、
何だかんだ時間が経ってしまった。
余計な話するんじゃなかった。

Screenshot-42_20130216175449.jpg
「何だか、煮え切らない感じだね?」
「・・・まぁね。でも、もういい。聞いたって本人じゃないんだから。ただ本人に直接聞くのが怖かったの」

「分かるよ、怖いだろうね」
「うん、別の人にも言われた。怖がってるのはお前の方だろって。分かってるよ、そのくらい・・」

Screenshot-43_20130216175450.jpg
「・・・なら、同じ事してみたらいいじゃん」
「は?」

「同じ事して、果たして気持ちは揺らぐのか」

Screenshot-44_20130216175451.jpg
何を言い出すのこいつ、と
ベッドからすぐに飛び起きた。
「バカじゃない!?そんな事できない」
「誘ったのは君だろ?」

「それは本当にごめんだけど、今日はそんなんじゃないから」

Screenshot-46_20130216180233.jpg
出て行こうするアツコを呼び止めるように
「直接聞くのが怖いんだろ?聞くより実際に同じ立場になった方が分かるんじゃないのか?」
「・・・」

「何人の男に同じ質問して回るつもりだ?コッチのほうが手っ取り早いだろ」
「そんな事して何になるのかわかんないよ」


Screenshot-50_20130216180236.jpg
「どうせこの後、彼にどう思ってるのか聞かなきゃいけないんだ。僕の考えでは、君は完全にフラれる。ただ、もて遊んだだけだって言われて、どん底。」
「はぁ!?」

「君はそんな事はないって否定するのは信じたくないから、逃げたいからだろ。でも本当は知ってる。女だって同じ事するだろ」
「しないよ!」

「するさ。寂しい時、好意を持った男が『おいで』って言ったら飛びつくさ。でも後々、好きだろ?って言われてもウザいって思うだけ。それだけの価値しかないんだよ」

Screenshot-47_20130216180234.jpg
「君はもう何も言われなくても捨てられてる。今、寂しいだろ?悔しいだろ?」
「・・・」

「終わった後で、君が彼に聞こうとしてる事を聞いてやるよ。その時思った事が彼の気持ちだ、そうだろ?」

Screenshot-48_20130216180234.jpg
頭イカレてる!
こいつ意味分かんない。
でも・・・しようとしてる自分が一番怖い。

カズにとっての私は、こいつ。
フラれて空しくて、寂しいカズの立場が今の私。






Screenshot-77_20130123200850s_20130216190544.jpg
「あいつがどう考えるかなんて俺は知らねぇ。そいつと同じ立場で同じ事してみねぇと分からないだろ」





Screenshot-49_20130216180235.jpg
「・・・・・シャワーあびるから・・・」

Screenshot-53_20130216182059.jpg










「・・・彼は、私を道具のように扱ってきた。」
Screenshot-22_20130216182102.jpg
「家庭が壊れたのは、彼のせい。私は被害者だった。でもこの事を公表しなかったのは、私の家族や友人に知られたくなかったから。再就職しようにも、信用を失い、母を守れなくなるからよ。それに、全て父親のせいだなんてあなたに思わせたくなかったから・・・私にも少なからず責任がある。あなた達に恨まれても仕方ないと思ったの。」
「・・・」

「あの日から、彼の行方は分からない、彼は私に・・・」
Screenshot-23_20130216182103.jpg

ドンッ!

Screenshot-24_20130216182105.jpg
「もういい!いつまで嘘を突き通すつもりだ。全部親父の責任にしようとしたって逃げられないぞ」
「・・・」

「お前の話と俺の記憶が矛盾してる。」
「子供の記憶は少しオーバーに覚えてるものよ」

眉間にシワをよせて、今にも口から火をはきそうな程
顔を赤くしたコウジが、また更にシワを深くする。

Screenshot-25_20130216182107.jpg
「信じたくないのは分かるわ。原因が父親だけだったなんて、さすがに思いたくないでしょうね、でも彼はそういう人だったの」
「まんまと金貰って今や大富豪か。笑えねぇな」

「彼のお金でここまでなったんじゃないわ、私だって辛かった」
Screenshot-27_20130216184354.jpg
「ユウジの時も、母さんの時も全てお前の計画だったんだろ!財産もな!」
「何の事か分からないわ」

「お前の・・・あの時の顔は忘れもしねぇ・・・」
「・・・」
レイの顔もキリリと、深刻な表情に変わる。

Screenshot-28_20130216184356.jpg
「・・・残念ね。覚悟はしてたことよ、でも私が知ってるのはこれだけ。彼の居場所は知らないわ」
「・・・待ってろ。親父もお前もとっ捕まえて真実を吐かせてやる」

「楽しみにしてるわ、でもこれだけは分かって。全ての元凶は、あなたの父親ってこと。もし、2人の計画だったとしても彼が主犯なの」
「・・・どっちだって関係ねぇ」

悔しい。
ここまできて、父親が主犯だと?
別に親父を守りたいわけじゃない、ただ、
森尾レイに唆されたんだと思いたかった。

父親への恨みは大きくなるばかりだ。

Screenshot-29_20130216184358.jpg
「あんたの父親は最低の男なのよ、庇う必要なんてないわ。もし、今幸せな暮らしをしているようなら、壊してあげたらいいじゃない」
「何・・・?」

「少しは楽観的に考えたら?恨む対象が2人から1人に絞られたんだから」
Screenshot-30_20130216184359.jpg
拳をギュッと爪あとが深く残るほど握り締め、殴ってしまいたい衝動をこらえる。
それが精一杯だった。

「あと・・・」
Screenshot-31_20130216184401.jpg
「・・・もう2度と、顔を見せないでちょうだい」


Screenshot-32_20130216185841.jpg

Screenshot-33_20130216185842.jpg

結局、原因は親父かよ・・・
あいつが全部しでかした事だったのか・・・!?

俺たちは、愛されていなかった。
ほんの少しだけ残っていた
父親への愛も

この一瞬で粉々に砕かれた・・・。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(10)

コメント

こんにちは~!続き待ってました!
アツコちゃん、例の男性にカズ君との事を話したのね~w
二人きりになったら襲われちゃうんじゃないかと心配してたんだけど、それとはちょっと違った展開に~!
相手の男の言ってる事は「何言ってんだ」と言ってやりたい気持ちもあるんだけど、
やっぱり仮面の下はイケメンだった!(笑)
だからつい言ってる事に納得しちゃいそうになる(^^;)イカンイカンw
男と女は違うから、そんな事してもアツコちゃんには後悔しか残らないと思うなぁw
カズ君の事が本気で好きなら尚更。
アツコちゃんはそれに気付くって信じてるよ~!

コウジ君とレイの話は・・・まだこれからですね;
レイの話はコウジ君の記憶と違う部分があるようだし
レイからの話だけじゃ分からないもんねw
コウジ君はお父さんを完全に恨んでいたわけではなかった。
唆されたんだと思いたかったんだ。親だもんね。
辛いね><でも真相解明まで頑張れコウジ君!
次回も楽しみにしています♪

2013年|02月|17日|11:59 |from mirumom| URL

ahiruchanetさん、こんにちは!
アツコちゃんの辛い気持ちを誰かに聞いて欲しいって気持ちはよくわかる!でも、いくらイケメンとはいえwこういう男にそういう弱音を見せたら絶対付け込まれちゃうぞっ!
この手の男は口だけは上手いからなあ~。
アツコちゃん、カズ君のこと一途に思ってるんだからそんなことしたって傷を大きくしちゃうだけだよ;;思い留まって欲しい!!

コウジ君の過去のことが少しずつ明らかになってきましたね。。。
レイの側からしか見れなかったけど、きっとコウジ君サイドから見たら全然違うものなんだろうな。お父さんを憎みきれていなかったコウジ君の心情が切ないです・・・。
真実は一体どんなものなんだろう。
コウジ君のお父さんも登場するのかな。
コウジ君、辛いだろうけど真実を知るまで頑張って!!

2013年|02月|17日|14:23 |from LoveFlower888| URL

こんにちは!!
前回コメしたあとに全部読んで、
やっとこさ状況把握したpomです(笑)

アツコちゃん、引きずってますな・・・
まあ、失恋とか嫌なことあったあとって、
大体こうなるか、なんて思ってたり(>_<)
・・・にしても相手の彼、仮面の下がイケメン過ぎてhshsなんですがww←
うわあああああ、ごめん!シリアスな雰囲気ぶち壊すの承知だけど、そこ代わってえええええええええ←壊れた

コウジ君の過去、すごく暗そう(´・ω・`)
レイさんもやってる事はアレだけど・・・でも被害者側だよなぁ、なんて・・・
お父さんが悪いんじゃないかな?うーん

2013年|02月|17日|16:22 |from pom| URL 【編集】

mirumomさん
こんばんわ。
ワイン飲んで酔って聞いちゃったんですよ~w
でも女の子って気になる事は聞いてみたくなると思うの。
少しだけでいいから希望を持ちたかったんだと思うけど、
相手が悪かったですねw

え?イケメン?wそう?
でも顔が少しでもいい奴は信用できませんよ!
弱ってる時に、付け込まれてとんでもない事にならなきゃいいけど!

コウジの話はまだまだ始まったばかりです!
過去のSSはもう大体撮影し終わってるから、
早く公開したいんですが、コウジばっかりやるわけにもいかないので^^;
もう少し後のほうになっちゃいそうw

2013年|02月|17日|21:40 |from ahiruchanet| URL

LoveFlowerさん
こんばんわ。
そう、まさに付け込まれてますw
アツコも今や弱った子羊なんでねw
でも、不安を自分1人で抱え込むのって辛い。
誰でもいいから聞いてほしいし、うそでもいいから
「きっと大丈夫」って言って欲しかったんだろうけど、
あの男は信用できないのが丸分かりですねww

レイの話しか出ていないので、どうなのかは分かりませんが、
コウジからしたら、うそだと思いたいのかもしれません。
そんなでも、やはり父親ですから。
でもレイの話で砕かれましたね・・・。
過去の事件の真相はまだまだ明かされてません。
レイの言ってることが真実なのか、嘘なのか!

2013年|02月|17日|21:44 |from ahiruchanet| URL

pomさん
こんばんわ。
こんな文才ないストーリー読んでくれてありがとうございます><
言葉に自信がないのでSS頼りですww

pomさん、いいの?あんな男でw
アツコと代わってもいいけど、多分後悔するんじゃないかなぁw

コウジは本当に不憫で可哀想な男です。
彼は闇を抱えて、父親を恨みながら生きてきました。
父親を恨まなきゃいけないって、かなり辛い人生ですよね・・。
真相はまだこれからなんですが、どうぞ、お付き合いくださいw

2013年|02月|17日|21:48 |from ahiruchanet| URL

こんにちは!更新着てたー!
うあー、まさかのコウジ君編で出遅れるとは・・・・!

コウジ君のくだりも楽しみなんだけど、
アツコさん編がすごい面白くて展開も巧みで素晴らしい・・・!
アツコさんピンチ過ぎる!でもこういう男居るよなー、口説き上手というか。
口がよくもまあ回るよなぁ。
救いなのはイケメンであるということだけど、アツコさんそれでいいの!?
そこでしちゃったら絶対自己嫌悪すごいよ!?

コウジくんが可哀想で見てられない(´;ω;`)
まだ全てが明らかにはなっていないけど、彼の器の大きさというか、
しっかししているところはこういう過去のせいでもあったんだなー・・・
次回も楽しみにしてますよおお!

2013年|02月|19日|13:36 |from りぐのえる| URL

ahiruchanetこんばんは^^
やっと遊びにこれましたー!

アツコちゃん、サバサバしてるようでやっぱり悩んじゃってるんですね!
すっごい一途なアツコちゃんにはキュンとしますが、ちょっと心配(。□。;)
口のうまいイケメンさんと、この後どうなっちゃうんだろう!?
アツコちゃんの傷が深くならないよいのですがっ

そしてコウジくんの過去が・・・
お父さんのことをまだ大切に思ってる様子のコウジくんと、
レイさんからの厳しい現実が綯い交ぜになって辛そうです・・・
コウジくんにとってのお父さんがどんな印象だったのかが気になりますねー
やっぱり本当は、お父さんのことが好きだったのかなあ。
真実を追いかけていく決意をしてらっしゃるようなので、今後もコウジくんには頑張ってほしい・・・!
きっとコウジくんにも良いことがいっぱいあるよー!と言ってあげたい!

また続きを楽しみに待っておりますー(*´q`*)

2013年|02月|19日|18:22 |from 北の海苔| URL

りぐのえるさん
こんばんわ!
アツコは、完全に弱いとこ突かれて隙間に入られてますね。
公開するの分かってるけど、気になっちゃうのは、どうしてだろうね~
私も悩んでる時って、誰かに聞いて欲しいし、どう思ってるか気になっちゃう。
でも相手が悪いね~しかもコウいう所に来る男って事!アツコは忘れてるw

コウジも、こういう人生だからこそ、強いのかもしれない。
むしろ、父親への恨みの強さが彼の強さに変わってる。
強いようで、実際は弱いんだと思う。強く見せてるだけかも。

でも、もしレイの事が本当だとしたら・・・
全ての裏切りの元凶が父親だとしたら、
コウジもそろそろ壊れちゃうね。

2013年|02月|19日|20:18 |from ahiruchanet| URL

北の海苔さん
こんばんわー!
PC大丈夫ですか?シムズできないとムズムズしますよねー!

今回のアツコは大変な事になってますよ!
いや、実際は次回が大変かなぁww
こう口が上手いと、その人が正しいんじゃないかって錯覚して、
もう何をどうすべきかなんて考えられなくなると思う。
自分が死ぬほど悩んでて、不安で、
誰かにすがりたくなることだってあると思う、
けど、それはコウジだけにしておけばよかったw

コウジから見た父親・・・
最初から恨んではいなかったと思うので何かがあったんでしょうが、
それでも父親だから、ちょっとは信じてた部分があったのかもしれません。
どんなクズでもそれが親であれば、守ってあげたくなるのが子供です。
でも、その少しだけ残ってた気持ちも砕かれましたね。
レイによって。
本当かどうかは分かってませんが、
より一層真実が知りたくなったんだと思います。

どうなるのかな・・・^^

2013年|02月|19日|20:25 |from ahiruchanet| URL

非公開コメント

トラックバック

http://ahiruchanet.blog.fc2.com/tb.php/163-fb6485d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。