スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告

sims物語105「根源」パート2















prrrrr・・・


prrrrr・・・











Screenshot-42_2 (2)_B
タイチの携帯電話が鳴る。

Screenshot-43_B_2013120318080023f.jpg
「ちょっと待ってろ」

そう言って部屋を出て行く。



「・・・もしもし・・あぁ・・」

Screenshot-44_B.jpg

あんな事を言ったが、これで父の仕事は安泰になるだろうと思った。
そして、彼が電話で退室したことに、心底ホッとした。

正直言って、怖かった。
彼は怒りに満ちていて、何をされるか分からなかったから
一刻も早くこの場から逃げ出したいと思っていた。

タイチは誰かと小声で話している。

「・・・金を受け取ったら帰る・・安心しろよ・・」

敬語は使ってないから親しい誰かとだろうか。

そんな事どうだっていい。
隙を見て逃げよう。それだけしか考えなかった。

Screenshot-47_B_20131203180803191.jpg
タイチが電話で深刻な話をしている。
思い切って全力疾走して逃げた。

追って来れば、あっという間に捕まるだろう。
そして捕まれば二度と逃げられない。
子供だった私は、そんな恐怖感でいっぱいだった。

Screenshot-48_B_20131203180805076.jpg
でも、彼は電話したまま私を見逃した。
目で追うだけで、追っては来なかった。

彼が何をしたかったのかは今でも分からないけれど
・・・あのまま私が逃げなかったら、もっと卑劣な事件が起きていたかもしれない。
きっと、それもあの“社長”の手によってもみ消されてただろうけど。







私は恐怖感がいつまでも残っていて
1人でいるのが怖かった。
早く父が帰ってこないかと、ソワソワしながら待っていた。





それからしばらくした後、突然・・・それは起こった。




ジリリリリリリリリリリ・・・・・!!!!

ホテル内に大きなサイレンが鳴り響き
心臓が飛び出る程、驚いたわ。





Screenshot-56_B_20131203182648864.jpg
「・・!?なんだ・・?」



リリリリリリリリリ・・・・・!!!
『火事が発生しました。建物内の残っているお客様は、すぐに従業員の指示に従ってください』
店内アナウンスが繰り返し流れる。

「火事だと!?」




Screenshot-56 (2)_B


Screenshot-55_B_2013120318264625c.jpg

ウーーーー
ウーーーーーーー






Screenshot-62_B_20131203190411a0e.jpg

すぐに消防隊が到着し、手際よく消火活動が始まる。
私はというと、父と一緒に非常口から裏側へと誘導され、待機していた。
奥の方で、宿泊客が大勢で騒いでいる。



私はそこから少し離れた場所で従業員たちと共に待機していた。
こんな事は当然始めてだったので
黒煙が部屋の窓から空へ昇っていくのを怯えながら見つめていたわ。















Screenshot-57_B.jpg

あっという間の出来事だった。
幸い、ホテル客1人が火傷を負うだけで済んだ事故・・・だった。



Screenshot-59_B_2013120318413765f.jpg
「何という事だ!マスコミがもう嗅ぎ回ってやがる!これじゃウチのイメージダウンじゃないか!」
社長、レイジがイライラした様子だ。

「誰だ!こんな事をしたのは!!こういう事故は大幅に客数を減らし、嫌な噂を立てられるだ!誰だ!」
レイジは遠慮なしにスタッフに怒鳴りつけた。


Screenshot-60_B_2013120318413958f.jpg
「こんなレベルの低いスタッフに育てた覚えは無いぞ!あのルームを最後に使ったスタッフは誰なんだと聞いてるんだ!」

Screenshot-61_B_20131203184140f44.jpg
「・・・白井さんって人じゃないか?」
「なに?」

「白井さんがあの部屋から出て行くの見た。あのお団子頭って白井さんだろ?」
タイチは、簡単に告げ口をする。

Screenshot-71_B_20131203191403cb9.jpg
「た・・たしかに私は・・」
「クビだ!」
清掃スタッフが話し終わるのを聞かずにクビを宣言した事で、焦った彼女は
必死にレイジを引き止めていた。

「あの部屋はたしか・・このお客様が使用されていたので、暖炉を付けて退室しただけなんです!」
と訴えると、レイジはものすごく怖い顔で私を見下ろした。


一連を聞いていた父は、血の気が引いたんでしょうね。
急に身体が強張って固まっていた。
もちろん私も。


Screenshot-63_B_201312031922100a5.jpg
「う・・・ウチの娘が・・・あの部屋を!?」
「森尾さん・・・あなたの娘さんがウチで火遊びでもしたんですかねぇ?」

「・・・!も・・・申し訳・・」
「例の話は白紙だ。あなたには損害賠償を請求しておく。二度とこのホテルに足を踏み入れるな」


「そ・・そんな・・!」
「まったく、子供の教育もしっかり出来ない男とは・・。ホテルで火遊びしていいなんて教えたのですかな?」
父は、その嫌味な言葉に怒りを感じながらも
全てを受け止めていた。
我慢した拳が震えているのを私は知っていた。

なんとも冷たくて、強引な話だったわ。
あのレイジという男。
ホテルを守るためなら、何でもやるって話は間違いないんだと子供ながら確信した。

それでも私のせいなのかしら?
私はただ・・・、そこにいただけ・・・
そう、暖炉を弄っていたのは、あの清掃スタッフと・・・・・




Screenshot-64_B_20131203192211f6b.jpg
この男だけ・・・・・。

Screenshot-67_B_20131203195003f20.jpg
「私じゃない!私は暖炉で遊んでなんかない!」
父を守りたい一心で、大きく訴えた。

「あの男が突然やってきて、暖炉を弄っていたの!私はそれを見ていただけよ!」

Screenshot-74_B_20131203193435cbc.jpg
「白井さん、あの部屋にこいつしかいなかったんだろ?」
タイチはスタッフに質問すると、えぇ・・と答える。

「その後に来たでしょう!?」
「俺はお前なんて知らねぇ。火遊びで怒られるのが怖くて嘘ついてんのか。これだから貧乏人ってのは・・」

レイジはタイチに、本当なのか?と事実確認をしたが
「大体俺がガキと仲良く遊ぶような男に見えるのか?」
という答えで、レイジは納得したらしい。

「嘘じゃないわよ!」



Screenshot-72_B_20131203193432d26.jpg
「いい加減にしろ。放火しておいて、他人に責任を擦り付けるとは、遺憾極まりないな」
「で、でも娘は違うと言ってます・・!」

「子も子なら、親も親か。子が仕出かした責任も取れないなんて、何という親だ!」
「・・・!!」

「けが人までいるんだぞ!?」

Screenshot-73_B_20131203193434428.jpg
父は、言いたかった事が山ほどあったと思う。
私を守るために、たくさんの言葉が脳を過ぎっただろう。
でも・・・その全てを飲み込んだ。

「申し訳ございませんでした・・・」
そして、深々と頭を下げて謝罪したのよ。
その姿を見て、私は本当に悔しかった。

Screenshot-75_B_201312032011372c2.jpg

Screenshot-76_B_201312032011391a8.jpg
私はあいつの、あの嫌な目を忘れない。
悔しくて、ハチャメチャに暴れたかったけど
私が何かをやればやるほど、父に迷惑をかけてしまうから・・・。
所詮、私は子供なのよ。












Screenshot-77_B.jpg

その事故は、瞬く間に町中に知れ渡り
あの大企業柳場ホテルの社長を怒らせたという話は
当然父の会社にも・・・・・



父は呆気なくクビをきられた。


Screenshot-80_B_20131203195414998.jpg
「お父さん・・・」
「大丈夫だ。ちょっと疲れてるだけだよ」

「・・・」

トントントン
ドアがノックされて
私が出ようとしたが、
「レイは待ってなさい」
と言われた。

この時、誰が来たのか、父には分かっていたんだと思うわ。

Screenshot-82_B_201312031954179f3.jpg
「警察署の者です。柳場ホテルの一件で、事情聴取を行いたいのですが」
柳場からはもう、処置が始まっていた。

「・・・・分かりました」

「お父さん・・・!」
「レイは留守番してなさい。すぐに帰ってくるから」
そう言って父は警察官と共にパトカーに乗っていった。



働き口がない中で、損害賠償を請求なんてされたら
やっていけない。

裁判も、きっとあの柳場の事だから
工作でもして不利な状況に持っていったんだわ。

父はもちろん反論したけど、何も効果なんてなかった。



・・・結論から言うと
監督義務を怠ったとして、損害賠償が成立したわ。



私はやってない。
なのにホテルを守るために、あの一族は他人を
ここまで蹴り落として、のうのうと儲けてる。

ここまで怒りを感じたことはなかった。













数日後、


父の働き口が、この町では見つからなく、
私は学校で、どこで知られたの、あの事件の噂が回っていて
いじめを受けていた。

その事実を知った父は引越しを決意した。
家の荷物を片付けていた時、ドアがノックされた。






ひとつの大きな荷物が宅配されたの。

Screenshot-85_B_2013120320134786e.jpg
男は業者・・・と言うより、
誰かの代理人だったのかしら。

ビシっと決めたスーツで手渡されたわ。
Screenshot-86_B_20131203201348400.jpg
その荷物の宛名は、私だった。

伝票があるわけでもない、その大きな箱に、
小さな手紙が寄せられていた。

Screenshot-87_B_20131203201349c5d.jpg

“あの時は、悪かった。でも俺はお前の言う通り、親父が守りたいと思うものを全力で守っただけだ。今回のお詫びの印だ。お前も、お前の親父が守りたいものを全力で守ればいい。そうだろう?”




「お父さんの大事なものなら、一緒にまもってあげなるのが家族だわ!」




Screenshot-88_B_20131203201351e66.jpg
私が、あんな事を言ったから・・・あんな嘘を言ったっていうの?


(私の家族はハチャメチャじゃない。あの柳場一家のせいで、私の家族はもう生きていくのが、辛いのに・・・こんな状況に陥らせておいてこんな物で終わらせる気?お金だってたくさんあるくせに・・・!何も苦労なんてしてない奴が私の・・・私の家族を踏み潰して、笑って生きてる!)

それが許せなかった。
子供でも、これほど人を憎むことって出来るのよ。


Screenshot-90_B_20131203201352c9a.jpg
絶対に復讐してやる。
そう心に誓ったわ。

プライドもズタズタにされて・・・
父は最期まで私を疑わないでくれた。



貧乏人だってプライドくらいあるのよ。
その小さなプライドを守るために、私は・・・私のやるべき事をしようって思ったの。

最終的な目標として、柳場ホテルを潰すこと。
柳場一族をバラバラにすること。
そして、彼らの遺産を横取りすること。

卑劣で最低な事かもしれないけど、
それ以上の事を私はされた。
だから、やり返す。それだけだった・・・。





スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(8)

コメント

No title

ahiruさん、こんばんは^^前回の動画もみたよ~!!VALENTI、かっこいい女性の曲で私も大好きだったな~!この曲のイメージとリズちゃんのイメージがぴったりと合致しててめちゃくちゃかっこよかった♪
途中の炎のエフェクトとか使ってて元から動画作り上手だったけど、更にパワーアップしてるよね^^ダンスもよかったけど、最後のダンス~ポーズSSの流れが素敵すぎて痺れましたwwまた見せてね~♪

そしてストーリー!こっちも待ってたよ!
タイチはとことんクズな男だな!!
小さな女の子に
>・・・あのまま私が逃げなかったら、もっと卑劣な事件が起きていたかもしれない。
とか感じさせちゃう時点でもう人としてアウトでしょう。
根性が曲がってしまう原因が家庭にあったとしてもそれを小さな女の子に八つ当たりしているとしか思えない言動が許せん!!
火災の原因もタイチのせいなのに、レイのせいにしたりして。。。
そんなタイチも嫌だけどレイジも性格が悪すぎる。誰かのせいにしておかないと自分に火の粉がふりかかってしまうからって証拠もなしに(しかも立場の弱い)レイのお父さんのせいにするなんてさ~><
レイとレイのお父さんの人生はこれで狂っちゃったんだね;;レイにはどんな恨みがあるんだろうと思ってたけど、こんな風な目にあったなら(やっていることは許せないけど)同情してしまう。

最近ジェットコースター的な展開が続いているので次回がどんなお話になるのか楽しみだよ!
年末の忙しい時期だけど、更新まってるね^^

2013年|12月|04日|18:38 |from Loveflower888| URL

No title

こんばんはー!

うぉー!レイちゃん逃げてぇ~!あぁ逃げたぁ(´▽`)少しほっ
タイチさんに電話が掛かってきて良かった!
レイちゃんの言うように、あのままだったら何が起きていたのか分からないよね?!怖いぃぃw

そして火事が起きたんですね・・・
この火事は事故だったのかな?それとも誰か(タイチ)の策略だったりするのかな?
タイチさんは誰と話していたんだろう?

火事が起きた事をあれよあれよとお父さんのせいにされてしまったレイちゃんが可哀相(:_;)
お父さんも可哀相~(;д;)

後に太一さんから贈り物を受け取ったレイちゃんは、許すどころか
それが復讐を誓うきっかけになったのかw
こんないたいけな子供がそこまでの復讐心を抱くっていうのは半端無いよね。
それだけ心に受けた傷は大きかったという事だね~。
自分の事だけでなく、お父さん(家族)が苦しんでいる姿を見たらそうなるのも分かる気もするよぉw
でもでもコウジ君達が・・・(;д;)
悪いのは全部タイチなのか?!!
真相の全様が明らかになるのを待ってますー><

2013年|12月|04日|18:42 |from mirumom| URL

らぶさんへ

こんにちわ~!
全開の動画まで見てくれてありがとうございました!
あのダンスアニメーション見て、使いたくて仕方なかった!!
あまり私自身はパワーアップしてる漢字はなくて、ソフトが優秀なだけですww
強い女性はリズかなって思ったので、イメージと合ってるって言ってくれると嬉しくてたまりません^^
ありがとうございます!

タイチはもうクズなんです。
ひねくれちゃってる、典型的なクズなんですね~w
大人の男性とあんなに近くまで寄られたことないから
怖かったでしょうねw

> 根性が曲がってしまう原因が家庭にあったとしてもそれを小さな女の子に八つ当たりしているとしか思えない言動が許せん!!
怒ってくれてありがとう。クズ男タイチは、どうやったって
更正できないでしょうね^^;

> 火災の原因もタイチのせいなのに、レイのせいにしたりして。。。
保身とホテルを守るために、レイのせいにするってとこがもうクズこの上ない!
レイジという男が、こうだから、タイチもそれを習った形になったんですけど
もうこの頃の柳場一家というのは、力を持った悪だったので
どうしても弱い立場の森尾一家は標的にされてしまうんですよね~

この一件で、この町では、嫌な噂が流れてしまう(用は干されてしまった)ので
仕事も見つからず、学校でもいやがらせをされ、引っ越すハメになる・・・
その上、タイチからの侘びの品。
これでレイは、恨みを持ったんですけどー・・・

> 最近ジェットコースター的な展開が続いているので次回がどんなお話になるのか楽しみだよ!
> 年末の忙しい時期だけど、更新まってるね^^
私はそこまでしっかりしたお話作れないので期待だけはしないでくださいねwww
がんばってみます><ありがとうございました!

2013年|12月|05日|16:40 |from ahiruchanet| URL

ミルさんへ

こんにちわ~
レイ、逃げたよ^^
さすがに、これ以上は私にもやる勇気はないwwww

タイチに電話が来なかったら、何が起きていたかは分からない。
タイチはただ聞いてほしかっただけかもしれないし、
イラだちにまかせて、酷いことするかもしれないw
それって、後から考えるだけでも怖いですよね?

> この火事は事故だったのかな?それとも誰か(タイチ)の策略だったりするのかな?
解説させていただきますと、事故です。タイチが投げ入れた契約書が、勢い良く燃えてしまって
起きてしまったんですが、それをレイジにバレれば、本当に勘当されてしまうため、
ホテルを守るってのと同時に保身に走ったわけですね。うん、クズだね^^

> タイチさんは誰と話していたんだろう?
まぁ・・・売人とか、そこら辺じゃないですかね?ほら!クズだからヾ(*´∀`*)ノwww

あの火事をレイのせいにしたのは、タイチは別にレイに恨みがあったわけじゃなくて
金持ちってのはこういう生き物なんだっていう事を分からせたかったのと、
レイの言う通りにやっただけっていう、本当にひねくれた事だったんですが、
説明不足ですね^^;;;;;;

父が差別のような事をされて、情けなくなっていく姿とか
自分がいじめの標的にされて、逃げるように
引っ越さなければならなくなったこととか。
考えれば考えるほどムカついていたのに、タイチからの手紙がとどめを刺したんですよね。

でもやった事は、どんな理由であれ、
許されることじゃないです。
レイは裁かれなければいけませんよ!
お話、難しい(私が)のでおかしくなるかもしれないけど
がんばります><

2013年|12月|05日|16:54 |from ahiruchanet| URL

No title

ahiruさん、こんばんは✦

読者としてタイチを見ているる私自身が、
不思議とレイちゃん(ちゃん付け!)と同一になって恐ろしい男にしか見えません(((´;ω・`))
引力がすごいです、ahiruさん。タイチが怖い。怖いです。
何を考えているのか分からず、明らかな負のものを押し付けてくる男、
こわい(もう気分はレイちゃんだよ!:涙目)

いつもは読みながらコメントをメモ帳で打たせていただいているのですが、
もう展開が怒涛過ぎて、一気に読んでしまった。

は?プレゼント?ふざけてんの?(#^ω^)
舐めてんの?つかタイチが最低すぎるだろうよ!!
しかも「お前の言うとおりにやっっただけだよ、俺^^」って、ふざけてんのかーーーー!!!(激怒)

もうね!!最後までレイちゃんと気持ちがシンクロしてしまった私としては、
脊髄反射的に「やっておしまいなさい!!(激怒」と思ってしまう・・・・ が!が!
それはタイチとレイジだけでは、そして違う方法ではダメだったのかな(´・ω・`)と思ってしまう。
レイ自身もいまややっていることはタイチと同じどん底すぎるよ。
どっちが悪いとか比べる必要もない。

あと火事の描写、びっくりしました。すごい!
燃えているあとの火事の焼け焦げた感じ。
マンション通常プレイしたことないけれど、あれは加工?でしょうか。
展開もジェットコースターだし、SSも違和感がなくて、引力が最初から最後までありました///

そっして!VALENTI動画ももっちろん拝見しました✦
私もタイトナジーンズにねじ込んでいたんですけれども(笑)カラオケでも絶対歌ってだ~(*´∀`*)
あの曲はザベス様じゃないとととっと!!
炎エフェクトも合成できるとか、ahiruさん動画で何でもできちゃうじゃないですか(σ゚∀゚)σ✦

そしてレイの話を聞いたお父さんはどうするのか?続き楽しみにしています。

2013年|12月|06日|00:01 |from りぐのえる| URL

りぐさんへ

こんばんわ~!
遅くなりました┏○

タイチは家族とうまくいってなくて、それが彼をどんどん嫌な男にさせたんですが(父親に問題あり)
レイ(ちゃん付け!?wwww)からしてみれば、本当に恐ろしい男だったと思う。

こういう汚くて嫌な大人って小さい子供から見ると、通常の倍は、怖いと思うんだよね~

話の展開は、どうしてもゆっくりできない人間なので、
じっくり描写を目指したいと思ってます。でもできないんだよな~www
難しい。もう私自身が先へ先へって気持ちが高ぶっちゃってるからかな?
ま、レイの話は回想シーンなので
速くてもいいよね!(逃)

> しかも「お前の言うとおりにやっっただけだよ、俺^^」って、ふざけてんのかーーーー!!!(激怒)
そこがポイント!
家族が大事にしてるものを守っただけのこと。俺自身、特守るためにちょっとだけ嘘ついちゃったけどお前がやってないって証拠ないよね?
目撃証言もあるし?法でも暴かれなかったし?残念だったね?プギャーってのが
今回のタイチの思惑wwwまじクズ!

> 脊髄反射的に「やっておしまいなさい!!(激怒」と思ってしまう・・・・ 
やってしまったんだけどねwwww
レイの家族は、柳場タイチとレイジによって、人生来るってしまった。
プライドもズタズタにされて、嫌な噂も流れて仕事も就けず、いじめも受けて
こうなれば、レイの考えとしては、憎き柳場一家もズタズタにしてプライドもズタンズタンにしてやろうと思ったわけですね。

そして、結局は金の亡者にもなってしまったわけです。レイを見てると哀れですね。

> マンション通常プレイしたことないけれど、あれは加工?でしょうか。
最初、炎も加工で描いたんですが、その後、まじで火事になったので
「ラッキーヾ(・ω・`)ノ」と思って撮りましたww
その後のビルの焦げあとは加工でチョチョって黒くしただけだよ^^

あなたも食い込ませていたかwww
あの曲は歌いやすくていいよね。
女性の力強さは前面に出てる歌です~
いやいや、炎合成はソフトが優秀なだけですからw
りぐちゃんなら、もっと上手くできるでしょうよw

お話が結構難しくなってきたんですが
がんばってみますね^^ありがとうです~

2013年|12月|07日|17:49 |from ahiruchanet| URL

No title

ご無沙汰しております^^!動画拝見致しました!リズ様&BoA好きなわたしにはたまらないwwww
踊っている姿をずっと眺め放題ですよ(´∀`)ニヤニヤ
もちろんポーズも即行でお借りしました(∧∧)www
ahiruchanetさんの作品は、大人数もの(ラルクポーズなど)が多く、しかもどれもカッコイイのでいつも発表されるたびありがたく使用させて頂いていたりするのです//////ありがとうございます^^!!!
ストーリーですが、これまでレイさんに対しては
悪いイメージしか持てていなかったはずなのに、過去を知るとやはり見え方が変わります。
同じ立場だったら自分もレイさんみたいな気持ちになるかもなー・・・と。
いやだからといって罪のないコウジくんたちを不幸にするのはちがうと思うのですが・・・むむむ・・・
前回コメントさせて頂いた際に、世知辛いと発言したわたしですが、
ahiruchanetさんの書くお話は、深いっす^^
すべての人物ひとりひとりに人間の色々な面が見えます。
なので毎回読んだあとに考えさせられます←真面目に語り過ぎww
次回も楽しみにしています(´∀`)!!!

2013年|12月|11日|11:15 |from SACHIRU| URL 【編集】

SACHIRUさんへ

こんにちわ!
動画も見てくれてありがとう^^やっぱりこの曲は最高ですよね~
ダンスアニメーションがリリースされたので興奮してやってしまいました!

わわっ!ポーズまでどうもありがとうございます(*`▽´*)
ポーズは、お遊びにしか使えないものばかりだけど、役に立てればいいなぁと思ってます!

レイは悪人となる前は純粋な女の子でしたよ~もちろん^^
レイ視点で見てしまうと、辛くなって同情してしまいますね!
でもそれによって、見境がなくなり、復讐を終わらせるために
周りが見えなくなっちゃってますよね~。
人それぞれ、過去があって、全ての事には理由があります。
レイも一人の人間ですから。

> ahiruchanetさんの書くお話は、深いっす^^
まじすか!
ヒューマンドラマになってますかねぇ!?もうちゃんと
そうなってるか定かではありませんがww頑張ってみます^^

とても真面目でステキなコメントありがとうございました^^

2013年|12月|12日|12:34 |from ahiruchanet| URL

非公開コメント

トラックバック

http://ahiruchanet.blog.fc2.com/tb.php/272-11da6982

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。