スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告

sims物語7 「蘇る恋心」

0 (1)


4 (3)
店内にはゆったりしたジャズが流れている。
人は混みすぎておらず、非常に過ごしやすい大人な空間といったところか。

音楽とお酒、そしておいしい食事を楽しめる場所で
著名人もお忍びで来店するほど、メディアでも取り上げられた店だ。
今年になってこの場所にもオープンした。

4 (4)
「いい店だろ」
「うん、素敵な店だね」
注文したパンケーキやお酒を片手に席に付くと、
そのおいしさに頬がとろけてしまいそうだった。


4 (5)
「おいしー」
「ね。他の場所にも1店あるんだけど、今年になってここにオープンしたんだ」

「詳しいね?」
「チームメイトが教えてくれたんだ」
ケイちゃんは、何も話さない。
ここに来る前のバーで話していた事。

マナちゃんを無理やり忘れたいんじゃないかって。
だったらこのまま、この関係を続けるのは危険だって。

ちゃんと伝わってるはずだけど、それでもケイちゃんは否定する。
それは本当だとは思えないんだ。
きっとマナちゃんも、まだ忘れてないと思うから・・・。

4 (6)
「すごく、おいしい!店内も静かだし、雰囲気もいいね」
「うん、デートにはもってこいでしょ」

「初めて連れて来たのが私でよかったの?」
「は?当たり前でしょ」
本当はマナちゃんを連れて来たかったんじゃないの?って
いじわるな事言いたくなったけど、さすがに言わなかった。

このモヤモヤした気持ちは、どうしたら治るのかな?
ケイちゃんをこんなにも信用できないのは、初めてだよ。

4 (8)
「少しは腹満たされたか?」
「うん、お腹いっぱいだよ。でも考えは変わらないからね」

「お前な・・」
「だって気になるんだもん」

5 (2)
「たしかに始まりはアレだったけど、サキと一緒だと何ていうか・・楽っていうかさ」
「楽なのは、昔から知ってるからでしょ?」

「そうだけど、それが居心地いいっていうかさ」

5 (3)
「居心地がいいってだけでしょ」

面倒臭い女だなぁ・・・


きっと、そう思ってるかな。
自分でもそう思う。

でも勝手に口から出てしまう。
こんな言い方じゃ、嫌われちゃうって思うのに
どうしてこんな事しか言えないんだろう。

ガタ・・
5 (4)
「お前どうしたんだよ?」
「・・・だって」

「どうしたら信用してくれるんだ?」
「どうしたら・・・って・・」
本当は誰を愛してるのかを証明してほしい。
でもそれって、私が信用しなきゃケイちゃんにとって難しい事だよね。
もしくはマナちゃんに、新しい好きな人がいるとか・・・。

5 (5)
「ったく。急に意味分からない事ばっかで、本当どうかしてるぞ」
「ご、ごめん・・」
怒ったよね・・?

「向こうに水槽があるから、見に行こうぜ」
「水槽?」


5 (8)
「怒ってない?ごめん」
「怒ってないよ」


ケイちゃんはどこまでも優しいね。
信じなきゃいけないのに。
いつもなら信じてるのに
どうして、恋人関係になると、信じられなくなるんだろう。
優しいから、本当の気持ちを隠してるって思ってしまう私を
どうにかしてほしい。






















5 (9)
水槽越しに見えるブリッジポートの景色。
流れてくる音楽に、ゆったりとしながらオーナーの森田と
お酒を片手に小さく乾杯をした。


5 (11)
「とても素敵なお店ですね」
「ここはね、よく来るんだ。セレブもたまに来る有名な店なんだよ」

「そうでしょうね!すごく大人な雰囲気で私には似合わないです」
「そんな事ないよ。君によく似合う」

「私のために色々とありがとうございました」

5 (13)
「いやいいんだ。君には期待してるから」

「え・・」
「やる気が全身から湧き出ているのが見えるよ」
オーナーに褒められて、すごく嬉しい。
誰かに期待されて、どんどんやる気が沸いてくる。
このまま突っ走っていこう。
それで、いつかは、自分の店も持てるくらい立派になってみたいなぁ

「マナカちゃんは、どうしてこの仕事を頑張ろうって思ったの?」
「・・・お洒落がすきなんです」

5 (12)
「そっかぁ。ツインブルックの店の店長から聞いたんだけど、最近になってすごく伸びた子だって言ってたんだ」
「そうですか・・」

「何がキッカケで、マナカちゃんのやる気に火をつけたのかなって」
「それは・・・・」

働き始めた当初は、そんなに頑張る気はなかった。
お洒落は好きだし、仕事も楽しいけど
バリバリ働いて上を目指すほどでもなかった。

5 (15)
「実は、長年好きだった人とダメになりまして・・」
「・・そうか」

「しかも、ただフラれたわけじゃないんです。その後に、彼は私に告白してくれて」
「・・・」

「でもダメでした。私には彼と一緒になる資格はなかったんです」

5 (13)
「どうして?資格っていうのは自分が決めることじゃないんじゃないかな?」
「それほどの失態を犯してしまったんです。結局私のせいで無関係な人まで巻き込んで傷つけました。だから・・」

「彼と離れたのか。それで彼を忘れるために仕事に没頭した?」
「・・・」

全部私がいけなかった。
私がダメにした。
だから全部、私のせい。思い出すこともしたくない。
これは逃げてるんじゃない。ただ、もがいて立ち止まってしまったら
彼にも申し訳ないから、無理してでも前に進みたくて。




5 (14)
「・・・バカですよね」


5 (16)
「そんな事ないよ。どんなにどん底な状況でも必ず光は平等に差し込む。音楽でも聞こう」
「音楽?」

「ジャズは辛い気持ちを穏やかにしてくれるし、興奮した気持ちを落ち着かせてくれる」
「・・・素敵な作用がありますね」

「そうだろ?ピアノ演奏が始まったから聞きに行こうか」

5 (17)
「すみません・・こんな話」
「聞いたのは俺の方だよ、こっちこそ思い出したくなかったね」

「いえ・・・、久しぶりに話したのでスッキリしました」

5 (18)
「・・・!!」

5 (19)
記憶が蘇る。
半年ぶりに見る、彼の表情、あの瞳、あの筋肉のついたたくましい体。

時間が止まったように感じた。

5 (20)
「・・マナちゃん!?」



5 (21)
「・・・っ」
気まずい。つい下を向いてしまった。

今すぐ走って逃げたい。
でも・・・逃げたらだめだ。


5 (22)
「・・・?」

5 (23)
「あ・・・えっと、こんばんわ・・」
「マナちゃんも、来てたんだ?」

「うん・・奇遇だね」

何この気まずい会話・・。
何を話せばいいの?

5 (25)
「2人で来てたんだ?本当に仲がいいね?」
「あ・・・うん・・・」

この2人の仲の良さは、片想いしてたときから、ずっと気になってた。
本当に仲が良くて、こんなに信頼しきっていて
正直羨ましかったし、幼馴染以上の関係なんじゃないかって、疑ったりしたこともあった。

こんな静かなお店で2人きりって・・・
もしかして・・・?


5 (26)
「こんばんわ、森田です。この店はデートにピッタリな場所ですよね。俺も好きなんですよ」

森田さん・・・急に何を・・・?

5 (27)
「そうですね・・」



5 (28)
「デートには最適な場所ですよね。お酒も食事も最高ですし、また2人で来ようって言ってたんですよ」


5 (30)
「・・・」

5 (29)
(ケイちゃん・・・!)

5 (32)
そっか。
2人は本当の恋人になったんだね。

ケイ君が幸せになって、良かった。
本当に、良かった。

ケイ君は前にまっすぐ歩いているのね。
私は前にちゃんと進めてるのかな?

立ち止まってないよね・・・?
もう、私たちの間には、何もなくなってるから、
気まずい気持ちなんて、持っていたらおかしいんだ。

ケイ君の私を見る目が
私を少し気遣うような優しい目で。
それが耐えられなくて・・・・だから・・・
こうするしかないと思った。



5 (35)
「紹介するね。彼は私が働くお店のオーナーで・・・彼氏の森田さん。このお店も森田さんが教えてくれたの」

5 (38)
「・・・!?」

「お仕事の方もね、今度店長代理ってことで、まぁしばらくは見習いだけど、もう少し仕事に慣れればお店をまかせてくれるの!このブリッジポートのお店だよ」

5 (34)
「・・・そっか。マナちゃん、頑張ってるんだね」
「そうだよ?少しだけ・・・大人の階段登ったみたいな気分♪」

「昇進おめでとう」

5 (40)
「うん・・そうだ、ケイ君最近よく試合で出てるみたいだね!頑張ってね」
「うん・・ありがとう。頑張るよ」

「皆で応援してるからね」

5 (39)
「・・・うん。応援よろしくね、マナちゃん・・」





5 (41)
「じゃ私達はこの辺で」

「では・・」








5 (42)
まさかの再会だった。
ものすごく気まずい空気だったけど
元気そうで何よりだった。

ちょっと無理してる笑顔に見えたのは気のせいかな。



5 (43)
彼氏、か。
前の彼氏とは違う男だったな。

前のとは別れたのかな・・・。
何の情報もないままだったけど、マナちゃんは
幸せそうだったな・・・



5 (44)
「ケイちゃん・・大丈夫・・?」

5 (45)
「大丈夫って何が?」
「何がって・・・」

「未練がある男が堂々と関係を公表するか?」
「え・・」

「しかもマナちゃんは彼氏がいるじゃねーか」
5 (46)
「そう・・みたいだね・・知らなかったけど」
「幸せそうじゃないか。俺は安心したよ」

「安心、か」

5 (47)
「お前も安心したろ?」
「・・・・うん。そうだね。マナちゃん、お似合いのカップルだった」

「大人で、優しそうでさ。本当にお前って心配性」
「だって・・」












0 (1)

5 (50)

つい、そのまま外に逃げてしまった。

あの店内に、平然とした顔でいられる自信がなかった。




5 (51)
「・・・ッう・・っ!」

なんで、泣いてるんだろう?
自分が納得して、決めた事だった。
この半年会わなかったことで、このまま普通に過ごせると思ってたのにな。

まさかこんな偶然があるなんて思わなかったよ・・・

5 (52)
サキと・・・付き合ってるんだね。
似合いすぎてて、祝福するしかできない。

いや、相手が誰であれ、祝福しないといけないんだ。
私にはもう・・・どうする権利もないし、資格もないんだから。

流れてくるこの涙は
私の奥底に封印していた恋心の残り分だ。
これを流したら、また仕事に没頭しよう。
もう二度と、会ってはいけない。
「・・・っ・・ううっ・・!」

5 (53)
「マナカちゃん」

「ご、ごめんなさい・・あの・・!」
「いいんだよ、俺もさっき話してた片想いの男性かなって思ってた。俺の方こそ余計な事したね」


「いいんです・・」

5 (57)
「会わないようにしてたんです。気持ちがまだ・・・」
「残ってるから?」

「・・・。だから・・・彼に悟られたくなくて」
「まだ好きだって、気づかれたくなかったから、嘘ついたんだ?」

「すみません・・」

5 (60)
「私が全部ダメにして、私から去っていったのに、しかも彼はもう幸せになってる。それなのに私はまだ彼を想ってしまっているのを・・バレたくないんです」
「隠さなくてもいいんじゃない?」

「隠さなきゃだめです・・自分勝手すぎるじゃないですか・・っ!振り回してばかり・・!こんなの彼に申し訳ないじゃないですかっ!!」
「・・・」

5 (61)
「彼が前に進もうとしてるのを邪魔はしたくないんです!」
「でもそれじゃマナカちゃんは報われないじゃない」

「私はいいんです!」
「よくないだろ!!」
「・・!」

「マナカちゃんが報われないままでいいわけないだろう?光は皆平等で差し込む。君もいつか、ちゃんと自分の気持ちに向き合わなくてはいけない」
「でも・・・ッ!」

「そうしないきゃ、前には進めないよ?」
「・・・・」
森田さんの言っている事は、ちゃんと理解している。
でも、まだ私には無理。

やっぱり私は立ち止まっていただけだったのだろうか・・・
前に進んでるつもりで、立ち止まって泣いていただけなのだろうか・・・?

どうしたら、その一歩を踏み出せるんだろう。
平気なフリしていたけど
ケイ君と会ったせいで、我慢していた私の心が
叫びながら飛び出したくて、暴れ始める。

それを抑えるのに必死で、必死で・・・。

5 (62)
「お願いです・・・もう少しだけ・・・」
「うん、君のタイミングでいいよ。君がちゃんと向き合えるようになるまで、俺を利用しても構わないから、約束して?ちゃんと自分の幸せになる行動をしてくれ」

「・・・・・・・・」
「ね?」


はい。と答えていいのですか?
こんなに身勝手で、嘘ばかりついてる私に
そんな資格があるんですか?









スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(9)

コメント

No title

お ひ さ し ぶ り でっす!!
まぁTwitterでも絡み合ったわけですがこっちではビバ久しぶり
スイマセン浮かれちゃって…
だって久々これたんですもの
しかし新しく物語…っていってもメンバーはほとんど変わってないようで久々なのに懐かしく感じちゃいました^^ww
しっかし久々来たってのにマナちゃんの性格変わってないwww
そう簡単に変わるものではないですよね…ハイ
しかし美人になられましたね~~
女の私がときめいちゃって////
でも一番衝撃だったのが長馴染みだった
サキちゃんとお付き合いだなんて
でも会話見てると二人なんかラブラブって感じじゃないよね;;;
無理してる感じホント伝わります
サキちゃんも心では好きな人と結ばれてうれしいけどケイちゃんの感じを見るとやきもきしちゃうね
私でもなるわコレww
でも振ったのはマナちゃんだもんね~消化されない気持ちあるのは仕方ないかと思う
女は上書き保存で男は新規登録っていうじゃない
今まさにそんな感じだよね…

でも偶然再会してマナちゃん嘘でオーナと付き合ってると言われたときホントケイちゃん辛そうだな;;;
サキちゃんは見抜いてるかはわからんけど…
でもせっかく仕事で忘れようと頑張ってたけど会ったら戻っちゃうなんてねぇ
やはり大好きな人ほど忘れようと頑張っても残っちゃうもんだよね

しかし森田さん人が良すぎるでしょw
俺を利用してかまわないとかっっ
普通言えないよ~~~
かっこいいよオーナーついていきたいっすっっww
ホントいいオーナーさんに出会えてよかったね(`;ω;´)
気持ちの整理どうつけたらいいのかマナちゃん困惑してるけど頼もしい森田さんにすがっちゃえw(こら
まぁマナちゃんも性格が性格だから嘘つきすぎるのもあれだけどやっぱり前からマナちゃん応援してるからね
幸せになれるとこまでしっかり遠くから見守っています(`・д・´)キリッ
またこれからもよろしくしてください~~~
ではでは

2014年|03月|21日|13:07 |from Alice| URL

Aliceさんへ

お久しぶりです^^
復活おめでとう!そしてありがとうw

新しくっていうか、シーズンを分けただけなので内容も人物も変わりませんよ~
前シーズンから半年が流れてますけどね。

> しっかし久々来たってのにマナちゃんの性格変わってないwww
マナカはね~、もう小心者で自分を追い込んでしまうタイプなので
モジモジ君だよ!

まぁそう簡単に変われるわけではないけど、仕事に頑張ってるので
なんとかイライラせず応援してやってほしいです~w
美人?ありがとう^^
髪型を変えて、心機一転!心入れ替えてますからね~
ときめいてくれてありがとう~
同姓からのときめきいただきましたー!!やっほー^^

サキはケイと何となくの雰囲気でお付き合い。
しかし、サキは元々好きだった頃もあってか、このままいけば
本気になりそうではあるけど、
やはりケイの本当の幸せはマナとうまく行く事なんじゃないかって考えてしまう。
元カノとかが気になる~っていう類の悩みですね。

元カノではないけど、確実に不燃焼の「何か」がケイとマナにはあるので
気になりますよね~w

> でも振ったのはマナちゃんだもんね~消化されない気持ちあるのは仕方ないかと思う
そう、フったのはマナ。理由も当然知らないケイからしたら、
あまりガツガツ行けないわけで。
マナからしたら、気持ちがなかなか消えないから会ってはいけないのに会ってしまった
辛さもある。
う~ん、この三角関係どうなるんだろうね?w

> 女は上書き保存で男は新規登録っていうじゃない
言いますねーw

森田は結構みんなに怪しまれてるんですが、ここで
優しさを出してみましたw
いい上司に恵まれたマナですが、森田が言うように
もういい加減自分が一番幸せになるような行動をとってほしいよね、マナカには。

応援ありがとうです(・∀・)
これからもよろしくお願いしまーす

2014年|03月|23日|13:37 |from ahiruchanet| URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年|03月|25日|21:53 |from -|

No title

こんにちは~!

ヒエエエエエ////
修羅場にならない修羅場!みんなの心が修羅場回!

ケイサキが仲がよさそうで・・・サキさんの心が嵐吹いてるのが辛いな~でも実は嫉妬だよね?
不倫じゃない恋愛なのに、見守っててなんだかとっても切ないです。

個人的にはケイサキを応援してしまっているので(どんだけツボっているのw)
サキさん!もっとケイちゃんを信じてあげて>< となっちゃう。私です。
だってさ、だってさ!!子供の頃とはいえ昔ケイちゃん好きだったんじゃんんんんん!!
でも幼馴染で友達でいようってなってはいたけれども(´・ω・)

ここではケイちゃん自身の振られた男の意地もありありと見えてるけれど
それが未練なのか、ただの意地なのか!;><
でもでもケイちゃんも、あんまり疑われると疲れちゃうよぅ、サキさんん・・・。

ケイサキを見て、
心のどこかで納得してるマナカちゃんも切ないですね。
この幼馴染ズを見て、以前も複雑そうにしてたものなあ・・

しっかし森田オーナーがイイヤツで・・・
こ、こわい(まだ言ってる:苦笑)
即座にマナカの女のプライド守るために彼氏のフリに乗るとは、
色々な恋愛してきたんだろうな~っと、
女性の事をよく分かってる感がありますね✦
そしていい上司なんだな・・・・きっと!!!(まだ警戒してるwwww)
マナカちゃんには仕事を通じて、
自信をつけて、いい意味でもっと開き直ってしまってほしい!!

で、気になるのは例のサトハンなんですけれども!
彼らもどうなるのかしら!!!///
続きも楽しみにしてます✿

2014年|03月|26日|11:31 |from りぐのえる| URL 【編集】

No title

こんにちは~。

ケイ君はサキちゃんを安心させようと頑張ってくれてますよね。
サキちゃんがマナちゃんの事を気にしてるのを分かってるから。優しいなぁ(´▽`)
サキちゃんはなんと言われても不安でしょうがないし信じてあげられない感じだよねw
過去に辛い恋愛(不倫)の経験があるから余計そうなっちゃうのかな~?信じるのが怖いって言うか?
これが付き合いの短い関係の二人だったら、ケイ君の方もいい加減うんざりしちゃうかもだけど、
長い付き合いのサキちゃんだからケイ君も根気よく安心させようと頑張ってるんだろうな。
お似合いだと思うしいい関係だよね。この二人^^
・・・二人だけの事を見る限りはwww
サキちゃんはともかく、ケイ君はマナちゃんの事忘れてないと思っちゃうよね~><
ケイ君の気持ちは書かれてないから分からないけど、そうなんじゃないかって思っちゃうのぉwふむむむむ・・・・

そしてマナちゃんはやっぱり全然ふっきれてなんかなかった~!
咄嗟にオーナーを彼氏だって紹介しちゃう位に今でも好き!
これって相当好きですよ!!
ケイ君の相手がサキちゃんだからこそまた複雑で辛いところだぁ~~~!思うよねw
どうするんだろう、みんな。最終的にはケイ君次第なのかな・・・なんて思ってみたり。
どっちに転ぶのもありだとは思うけど、どっちにしても越えなきゃいけない困難がありそうwww
みんなが幸せになれるように頑張って欲しいな~><

しかし森田さん、いい人だった(笑)いい人ですよね?
怪しいな~と思っていたけど・・・いい人じゃん?(´▽`)
でもマナちゃんにはケイ君とちゃんともう一回向き合って欲しいな。
結果はどうなるとしても、嘘で誤魔化したら後から後悔すると思う~。

みんなが本当の自分の気持ちを隠そうとするからモヤモヤする~!
けどそれがまたどうなるんだろうって興味をくすぐるよね^^
続きも楽しみにしています~♪

2014年|03月|26日|12:47 |from mirumom| URL

りぐのえるさんへ

こんにちわ!
心の修羅場ですよ~~~
全員は思いも寄らぬ再会だったと思います。
ケイとマナは当然ですが、その横にいるサキも気まずい!!
ハンナから聞く前に自らバラしてしまうという形になってしまいました~~~w

> ケイサキが仲がよさそうで・・・サキさんの心が嵐吹いてるのが辛いな~でも実は嫉妬だよね?
嫉妬も混ざってる。恋人としての心配と、幼馴染としてケイが本当に求めてるのは私ではないのでは?という心配。だから複雑ですね、サキは。
だって、関係を胸張って言えないと思ってしまう自分がいる時点で
この関係を続けていくのは疑問というか不安になってるから。
不倫でもないのに。マナという存在がなければ、本当に幸せなカップルになれたんだけど、
ケイの気持ちが100%サキなのか、どこかにマナへの気持ちが残ってて、でもフラれて
無理して諦めてるのか。
ケイからしたら、フラれた立場だし、何も言えないてのも分かりますけどね。
マナの事情を知らない今は・・・。

> 個人的にはケイサキを応援してしまっているので(どんだけツボっているのw)
ありがとー!
いつもなら絶対信頼できてたはずなのに、関係が恋人に変化しただけで
信じられなくなることもあります。
それは、ケイを大切に思ってるからこそなのかなー。
疑ってしまうのは、やっぱりケイの幸せを考えてるからなんだけど
ケイはどうなのかしら~?

> それが未練なのか、ただの意地なのか!;><
そこがポイント!www

> この幼馴染ズを見て、以前も複雑そうにしてたものなあ・・
そうなんです。シーズン1のサキとケイがデートするって場面で、ちょっと嫉妬してる
マナカがいるんですよねwww
やっぱり気になってしまう乙女ですから!(・∀・)
あれから約1年後、その不安が的中してるなんてねw

オーナーの優しい一面を今回発揮してみました。
う、疑っておるΣ(゚ロ゚;)wwwww
いや、疑ってくれて別にいいんですけど
オーナーはね、上司であり、大人ですからね。

> 色々な恋愛してきたんだろうな~っと、
そうね(・∀・)

マナカの性格がもうモジモジしっぱなしで、私も疲れますが
彼女ももっとグイグイ行ってほしいですよ><

> で、気になるのは例のサトハンなんですけれども!
あ、はいはいサトハンね!
サトハンはもうちょい先になっちゃうなー(・∀・)
主人公多いとね、結構かかるんですよ!
お楽しみにー!

2014年|03月|27日|10:39 |from ahiruchanet| URL

mirumomさんへ

こんにちわ!

ケイは優しい男です。
そこが彼の魅力ではあるんですけど
彼も心の奥底で、誰を思っているのか・・・
そこが不安なサキは、どんな言葉をかけられても拭いきれませんw
ケイに対しては、信頼してるんだけど、優しい男ってのもよく知ってる。
だから本当の気持ちを隠してるんだって思ってます。
ここまで疑ってしまうのは、恋人としての嫉妬と、幼馴染としての
ケイの本当の幸せを願ってるから故。
複雑ではあるんですが、本当に本当にコレでいいのですか?っていう不安な状態なんです。
サキはマナとも仲がいいし、マナとケイの間に「何か」があったのも知ってる。
(事情は知らない)しかも始まりは、アレだったからね。
不倫してたから、余計に疑いたくなるんでしょうね。

うんざりしてしまうのでは・・・と思うけど
ケイはどうだろうね。
うんざりして喧嘩するってような奴ではないんだ(・∀・)
そんな中での、マナとの再会!
動揺しっぱなしの3人でしたねw
ケイの表情が微妙な感じです。
無理やり納得してるような?
それとも・・・?

> これって相当好きですよ!!
マナカは長い事片思いして、やっと告白してダメで、
告白されて自分でフってって、なってるので不完全燃焼なんですよねー
なかなか忘れられなくて苦しい毎日だったと思います。
でも仕事に没頭して、半年会わない状態でなんとかごまかせていたみたい。
なのに・・・っていう。
しかもサキと付き合ってるって知ってかなり動揺www

ケイ次第ではあるけどねー
サキも譲らない!って感じでもなさそうだし
タオという爆弾も控えてますからwww

> しかし森田さん、いい人だった(笑)いい人ですよね?
いい人いい人ww
すっごく疑われてたけどwww
顔が怪しいのかなww
オーナーが言うように、いい加減モジモジやめて
自分の気持ちと向き合うべきだな!
相手を想う行動もいいけど、
それじゃあマナが幸せになれないからね!

ありがとうございましたー!

2014年|03月|27日|11:16 |from ahiruchanet| URL

No title

こんばんは!コメ欄では初めまして。ですね。^^
まずは、私事になってしまい恐縮なのですが、
先日はお気遣いの拍手コメをありがとうございました。
まだ運転コワイwって感じですが、騙しだまし乗っています(^^;)
怪我の方も大分良くなりましたので、皆様のブログの巡回も徐々に再開しようと、
早速ahiru様の最新話を堪能させて頂いちゃいました!

ケイ君はいつも優しくて・・・イケメンで><
そこが女の子達にとっては心配な、そして不安なところでもあるのでしょうね。
サキちゃんの心情も理解した上でケイ君はサキちゃんのことを気遣っているようで
乙女心(?)をワシ掴みされました(笑)

でも、この二人もお似合いだと思うので応援したいなぁ。と思ってしまいます。
そう・・・マナちゃんのことがなければ。ですが><
マナちゃんはやっぱり一歩引いちゃうのですね・・・
森田さんの包容力のある大人な対応にはかなりグッとクルもがありますが、
その森田さんの存在が、マナちゃんにとってどうなっていくのかも
今後気になるところです。
マナちゃんも素敵な女性になのだから、がんばれー><!

ahiru様の魅力溢れるシムさん達の物語、大好きです!
未だに、コウジ君の物語を読み返してはウルウルとしています。
あ、あと、タオ君がこのままフェードアウトしないか心配ですw
ますます目が離せない展開になられて、今後のお話も楽しみでしかたありません。
今後もご自分のペースでシムズや創作を楽しまれて下さいね!^^

長文失礼しました。_(._.)_

2014年|04月|03日|02:48 |from chiko| URL

chikoさんへ

chikoさん!こんにちわ!
お怪我など、大丈夫ですか??
無理はしないように><私も毎日乗ってると、慣れで
注意深く見なかったりします。気をつけないと!
あと、わざわざ訂正を拍手で頂いてありがとうございました!

ケイ自身、どう思ってるのはさておき、
ケイはサキを安心させようとしてくれます。これはケイの優しさですねぇ。
マナとの間に何もなかったわけではないけど、
それでも今付き合ってるサキを大事に想うところは素晴らしいと想います。
マナは、自分の過去の行動に責任を背負って、
会わなければ、きっとこの気持ちを忘れられると仕事に没頭していたんですが
やはり昇格して、ケイの住む街に来てしまったのがね~w
偶然という名の悪戯がマナの懸命な努力の邪魔をいしますねぇ~w

そして、上司の森田がマナとの関係で何か生まれるのか。
森田の目的とは!?というのが、気になる所だと思いますwww
彼は今の所、本当に大人で、優しくて、理解のある男です。
もう彼に惚れてしまえば一件落着なんですが、
そうもいかないから困るんですよね!

素敵に頑張ってるマナだけど、もう少しそのモジモジを治してくれーっ!www

コウジ編で泣いていただきありがとうございます><
彼は前シーズンで燃え尽きたので、今シーズンはあまり活躍しないかもしれないけど
ちゃんとその後も描くのでw
人数多いのでコウジの番が回ってくるまで時間かかりますwww

> あ、あと、タオ君がこのままフェードアウトしないか心配ですw
大丈夫です!
彼は彼でちゃんと生きてますから!!www
いつか爆弾人物として帰ってくることでしょう!

お怪我をしているのに、コメントありがとうございました!!

2014年|04月|05日|18:04 |from ahiruchanet| URL

非公開コメント

トラックバック

http://ahiruchanet.blog.fc2.com/tb.php/308-c70e4e86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。