スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告

sims物語24 「影の世界」

a1 (5)

ここは、ツインブルック唯一の図書館。

タオとカズは仕事帰り、図書館で調べ物をし、帰宅するところだった。

a1 (11)
「はぁ~腹へったぁ~やっと終わったなぁ・・・」

「はい、今日もオツカレー様でしたね!」
a1 (12)
「飯食いに行くぞ、もう我慢できない!」

「はい!僕もお腹鳴ってますよ」
タオはお腹を指すってはぁ~、とため息をついた。

「ちょっと待ってよ!何よそれ?」
a1 (13)
「ん?」
「うん??」

2人は突然の大声に同時に振り向いた。
その声がする方向には見覚えのある2人の姿が・・・

a1 (16)
「会えないって・・・どういうことよ?ちゃんと説明して!」

「サキ・・・声が大きいよ・・・サキだって分かってるんだろ?」
a1 (17)
「あの歓迎パーティ以来、妻の様子が変なんだよ、なんかやたら質問してくるし・・・
 嫌な予感がする。バレたら俺が大変なんだ、わかってくれよ」

「そんなのって・・・だからってすぐ私を捨てるのね!?」
「捨てるって、ただしばらくは会えないってだけだよ!」

2人は小声で喧嘩をしているようだった。
ただサキの方は少々興奮しているように見えた。
a1 (15)
「近所の人にこんなとこ見られたりでもしたらマズイからさ・・・」

「あなた、私になんて言ったか忘れた!?もう私だけだって・・・奥さんにもしバレても
 キミがいるなら平気さって、アレどういう意味だったのよ!」

「あれはあの時のノリっていうか・・・」
タケルは困っているようだった。
a1 (19)
「まじか・・・あれ・・・マジでそういう関係だったのかよ・・」
カズは衝撃だった。
タオがそのような事言っていたが、まさか本当だったとは思っていなかったから。

「俺、3人とも知ってるからな・・・ちょっと複雑だわ・・・」
「サキさんは、どうして不倫なんかしているのでしょう?」
タオは少し心が傷ついているように悲しげな表情を見せた。

a1 (24)
「悪いけど、サキ・・・当分連絡はしてこないでくれ。勝手なこと言ってゴメン。
 でもこれは2人の為でもあるんだ、分かってくれ」
「タケル待ってよ!!」

「じゃ」
タケルは止めようとするサキを振り払って、車で去って行った。
その場で立ちつくすサキの後ろ姿は、とても切なく、虚しかった・・・。
a1 (28)
「・・・」
タオはその後もずっとサキの後ろ姿を見つめていた。
「タオ、お前もしかして・・」
「・・・」
カズはそのあとの言葉を飲み込んだ。
タオも特に反応もせず見つめていた。
a1 (27)
きっと聞かれても答えられないから。
自分でもよく分からないが、サキが今いる先の見えない不倫という世界から
助け出してあげたいと思っていた。
それは単純に「仲間」だからなのか、「恋」と呼ぶものなのか、
ハッキリ決められないでいる。

ただ今は、彼女がどうしてそういう影の道で生きているのだろう?
助けてあげなきゃ・・・そういう気持ちでいた。










a1 (1)
そして、マンションにも一人、静かに悩む乙女がいた



a1 (29)
アイちゃん事件以来、ケイは人が変わったかのようだった。

仕事に熱心なのはいいけれど、毎日夜遅くまでトレーニングして、
家に帰っても誰と接するわけでもなく、部屋に入ってしまう。

クタクタでストレスもあるはずなのに毎日外出している。
a1 (30)
そりゃ外出て遊んでいるのかもしれないけど・・・。
前より話す機会が減ったから心配になる。
悩みを抱え込んでしまっているんじゃないかって。
こんな時、ハンナがいてくれたらな・・・でもハンナもここ最近仕事に追われてるみたいだし。
a1 (31)
アイちゃんの事があったから、しばらくはそっとしておこうって思ってたけど・・・

一体いつまで?
外出って、デートだったり・・・・
a1 (33)
仕事場に女の子がいるから?
だから頑張ってるのかな?
アイちゃんを吹っ切れるために?
ん?吹っ切れたのかな?聞いてみようかな・・・・・・

a1 (34)
いや、聞けるわけない・・

勇気がないよ・・・
彼女できた?って聞いて、もし吹っ切れてなかったら落ち込ませるだけだし
彼女できたんだって言われたら、怖いし・・・


あああああああぁぁぁぁもう!
私、告白するんじゃなかったっけ?
やっぱ無理だぁ・・・

a1 (32)
あの時の決意は何だったんだろう。
私こんなんじゃ一生彼氏できない・・・
ケイくんなんてレベル高いよ。
色んな意味でレベルが高すぎじゃん・・・
a1 (36)
「・・・・・・寝よ・・」

マナカはモンモンとまた考え込んでいた。
弱気になっていた。
アイちゃん事件から数カ月。
完全にタイミングを逃しているようだった。



ガチャ・・

その頃、マンションに帰宅したサキが真っ先に部屋に入る。
a1 (39)
「ふぅ~・・・」
深いため息をつく。
先ほどの喧嘩で興奮した頭を冷やすかのように、ただじっとしていた。

a1 (42)
自分がとてもむなしい。
心が空っぽになってしまったようだった。
分かっていたはずなのに
いつかは、こういう日がくると分かっていた。

a1 (40)
どうしてあなたは、あの場所へ来たの?
最初から分かってたんでしょう?
どう思った?
どう感じた?
相手が小娘だって分かって、どう思ったの?
私は会いたくなかった。
ただ影の存在でもいい。
太陽なんていらない。
彼の心の支えになりたかった。
a1 (41)
でもあなたは気づいてしまったのね。
そして私から奪うのね。
私の全てを、
あなたが傲慢に奪い去っていくのね。

「・・・うっ・・・うぐ・・・」
瞳に溢れた大粒の涙が膝に零れ落ちた・・・。


prrrrr・・・

prrrrr・・・

a1 (44)
突然、携帯電話が鳴る。
相手は非通知設定

a1 (49)
ピ・・・
「もしもし・・・」

『・・・』
「もしもし?」
ガチャ・・プー・・・プー・・・

(無言電話・・・?)
prrrr・・・
prrrr・・・

するとまた非通知から電話が鳴った。
a1 (45)

a1 (47)

ピッ・・・
「もしもし!?どちら様ですか?」
a1 (50)
『・・・・』
qqqq.jpg
「・・・はい」
『・・・・・・・・・』

「・・・もしもし」
『・・・・・・・・・』ガチャッ

qqqqqq.jpg
(…無言電話…)

そういえばあの時も、無言電話があった・・・

a1 (48)

「・・・あなた、ミワさんね?」
『・・・』

「そうでしょう?」
『もう消えてください・・・』
ガチャ・・・プー・・プー・・・
a1 (47)
(・・・・・)
消えてください・・・

消えてください、か・・・。
あなたは、何もかも奪うのね
そこまでして、私の全てである彼を奪ってしまうの・・・
a1 (45)

私には彼しかいなかった。
この苦しい世界しかしらなかったから・・・
影の世界でしか人を愛したことがないから・・・

苦しくて


消えてしまいたくなる。
消えてしまえば楽になる。

何度思ったことか・・・。

知らぬ間に、私は助けのこないであろうこの苦しい世界から
助けを求めていたのかもしれない。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(4)

コメント

No title

こんにちわ~♪

え?!タオ君はサキちゃんに恋心を!?
そう言う事だったのか…。
くぅっ…私のタオ君が!!!!
って、こらこら、いつ私のタオ君に?(笑)

そんなサキちゃんは辛い恋してるな~
って言うか、あの不倫男、
典型的な不倫男の勝手な言い草ですよね。
バレたら大変なのは分かってた事だろうに…
最低の男だ!!!
あんな男、こっちから捨ててやれ!

と、言いたい所だけれど、
渦中にいるサキちゃんにとって、今は何を言っても慰めにはなりませんよね。
こういう事は自分で気づくしかないと…私は思います。
早くサキちゃんが目を覚ましてくれればいいのですが…。

2011年|10月|26日|09:19 |from まことん| URL

No title

こんばんは~お久しぶりでございます^^

うう、まずはじいさん・・・癌だったのね!
あのまま、家族に見捨てられて一人でこの世を去るのが
いたたまれなくなったのでしょう・・・
最愛のお孫さんと逢わせてあげたいな・・・。

おお!そして、こちらもどんどん進展してますね!
タオは、気づいていたものの・・・今回はカズにまで目撃されてしまったし!!
ってか!近所で!!堂々と不倫の痴話喧嘩するんでないっっ!!
そして!!タオは自分の気持ちに気づいてしまったか?
サキも、奥さんからの電話で決定的やし・・・
タオとの絡みが、楽しみになってきたぞっと!!ww

マナカも気持ちが出遅れてしまって!弱気になってましたね!
ケイと会うことも少なくなって・・・チャンスを逃してる・・・
自分から会いに行く勇気があればな?
想いがつのって!時間が後押ししてくれればいいのにね!

2011年|10月|27日|01:29 |from きのこ| URL

No title

まことん様
サキちゃんの恋は普通とはちょっと違う壁にぶち当たってますね。
この形の恋愛しか知らない人、私の近くにもいたりするんですけど・・(過去形です)
やっぱあの日を振り返ると辛いらしいですね。
どうにもうまくいかない恋だけど、どう乗り切れるか・・・。見守っててください

2011年|10月|27日|01:32 |from ahiruchanet| URL

No title

きのこ様
お久しぶりでーす!データ大丈夫でした?
私んもアプデしたあと、読み込めなくて、泣く泣くmod全はずしで何とか大丈夫でしたがw

おじいさんは癌、タオは自分の気持ちはよく分かってないですが、何かが始まった瞬間だと思います。
そしてサキ、マナも壁にぶち当たってます。
恋愛って難しいんですよね、でもなんでもうまくいく恋愛なんてつまんなーい!ってことでまぁもうちょっと悩んじゃってくださいなwと思っています。

2011年|10月|27日|01:35 |from ahiruchanet| URL

非公開コメント

トラックバック

http://ahiruchanet.blog.fc2.com/tb.php/31-0825875c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。