スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告

sims物語25 「メッセージカード」

Screenshot-51_20110929020113s_20111030005629.jpg
「癌なんじゃよ・・・」

Screenshot-66.jpg
「・・・マジかよ・・・。」

「あぁ、わしはもう長くない。」

コウジは予想してなかった衝撃の答えに、少々動揺した。
Screenshot-68.jpg
「手術は?」
「もう手遅れじゃ。手術適応外で、余命は3カ月くらいかの・・・。
体がもう自由に動かすのは辛くてなぁ、年寄りじゃから余計じゃ」

「末期か・・・」
目の前に立っているじいさんが、3ヶ月後死ぬのかと思うと、
恐怖で足が震えてくる。
「時間が無いんじゃよ、兄ちゃん。頼む。最後の願い叶えてくれないか?」
Screenshot-69.jpg
「やるけどよ・・・なんで俺なんだ?」

数秒考えた後、
「ヒマそうだったからじゃよ」
と、おどけて笑って見せた。
その表情の裏では、死への恐怖や、過去の後悔で
焦っているようにも見えた。

「家、案内しろよ」










Screenshot_20111030011123.jpg
街の端にポツポツと疎らに並ぶ民家に車は到着した。
敷地は広く、この場所に住むほとんどが農家だ。
Screenshot-3_20111030011050.jpg
「ここじゃ。この家に小さい男の子がいるから、その子に会ってほしいんじゃ」

「で、会って何話せって?」
するとゴソゴソと、車からプレゼントの箱を取り出し、コウジに渡した。
Screenshot-94.jpg
「これを・・・渡すだけでいいんじゃ。」
「何だこりゃ?」

じいさんは、少し照れくさそうに
「クマのヌイグルミとメッセージカードじゃ」
と話す。
Screenshot-95.jpg
「ヌイグルミ、ねぇ・・・」

「頼んだぞ」
Screenshot-8_20111030012028.jpg
コウジは、ベルを鳴らす。
ピンポーン♪

「はーい」
可愛らしい声がする。
ガチャ
Screenshot-9_20111030012028.jpg
出てきたのは、おそらくじいさんの会いたがっている孫のアニだろう。
「だれ?」

「・・・お前に用がある。お前宛てのプレゼント持ってきた」
「え?プレゼント?僕に??」
Screenshot-11_20111030012028.jpg
(・・・アニ・・・)

Screenshot-14_20111030012423.jpg
「これだ」

コウジはプレゼントを取り出した。
それを見ても不振かって手に取ろうとしないアニ。
「お前のじいさんから」
「え!?おじいちゃん?」
Screenshot-15_20111030012423.jpg
それを聞いた瞬間、プレゼントを受け取った。
「おじさん、おじいちゃんの友達なの?」

「いや、依頼人さ」
「いらいにん?」

「ふーん・・・おじいちゃんはこの街にいるの?」

「まぁ、どこかにいるだろうな・・・」
Screenshot-17_20111030012731.jpg
「おじさん名前は??」

「誰だっていいだろ」
その冷たい一言でシュンとなってしまった。
Screenshot-22_20111030012808.jpg
「じゃあな」

「・・・うん」
Screenshot-24_20111030013059.jpg
コウジは一仕事終わって、近くで見ていたじいさんの所へ向かった。

Screenshot-25_20111030013059.jpg
「これでいいんだろ?」

「あぁ、どうじゃった?アニの反応は」

「まぁ、喜んでたと思うけどな」
「そうかそうか」
じいさんは、どこか嬉しそうにアニの様子を細かく聞いていた。




「うわぁぁお!!」

Screenshot-102_20111030013521.jpg

「ぬいぐるみかぁ・・・」
Screenshot-103_20111030013520.jpg
「コレ、しゃべるやつだ!」
アニはもらったぬいぐるみを色々といじっていると、パラ・・・と何かが落ちた。
Screenshot-105.jpg
「?・・・カードだ!」

Screenshot-106_20111030013704.jpg
『アニへ  おじいちゃんからのプレゼントだ。来週の日曜日、おじいちゃんと遊ぼう。
 ツインブルック中央公園にて、11:00に。待ってるよ。   おじいちゃんより
 PS.ママには内緒だよ』

Screenshot-107_20111030013704.jpg
「11:00に・・・まってるよ・・・おじいちゃんより・・・」
Screenshot-108_20111030014008.jpg
「何してるの?」
「!!」
Screenshot-109_20111030014007.jpg
「お母さん!」

「ただいま~」
Screenshot-110_20111030014007.jpg
「おかえり、母さん。」

「すぐ夕飯の支度するわね。その前にお部屋片付けなさい」
「えー?」
「ママとのお約束、忘れたの?」
Screenshot-112_20111030014201.jpg
「はーい」

Screenshot-113.jpg
「ん?何これ・・・」

エミリはテーブルに落ちたメッセージカードに気付く。
Screenshot-114_20111030014241.jpg
(・・・・!お父さん!?)
Screenshot-115_20111030014241.jpg

「どういうつもり・・・・・?」

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(2)

コメント

No title

あっちゃ~
娘が帰って来た時に嫌な予感はしたんですよね。
そう言う予感と言うものはたいがいが当たるもんでして…
やっぱり娘に見つかってもーた…
切ないね(TT)
けれど娘にしてみれば今更と思うかな、やっぱり…。

だけどお爺さんは余命は3ヶ月しかない!
そんな事をサラリと言われた日には、
コウジじゃなくとも足が震えるって…。

ああ、もう本当に時間がないじゃないですか…。
なんとかしてやりたくなりましたね。
あのアニ君の存在が、父と子を結ぶ掛け橋になればいいのですが。

それにしてもコウジ…
「ヒマそうだったからじゃよ」
って、めっちゃヒマそうに見えたんだね(笑)

2011年|11月|01日|09:06 |from まことん| URL

No title

まことん様
何年も会ってなかった父親から突然連絡きたら
どうなんでしょうか?
私も父親とはかれこれ10年以上会ってません。
生死すら不明ですが、
彼が突然現れたら・・・私なら不信感しか生まれませんね。
他人と同じようになってしまいますよね・・・。
父といえど他人と同等になってしまった人と子供が会うって
いうのは微妙ですよね~~~
コウジくんは絶賛ニート生活満喫中ですので、まぁヒマそうに見られても仕方ないっすねw
彼もいつかは就職させてやりたいですがねw

2011年|11月|01日|22:02 |from ahiruchanet| URL

非公開コメント

トラックバック

http://ahiruchanet.blog.fc2.com/tb.php/32-0aeab873

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。