スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告

sims物語13 「ゲームの勝敗」

2 (1)
ツインブルック







どうしよう・・・

2 (2)
私があんな身勝手な事言ったからだ。
そうに決まってる!
私たちは、別に離れなくたって、夢に向かえる。
ただちょっと弱っただけ!
弱って、ストレスたまって、吐き出しちゃっただけ。
私も・・・カズも。

と、とにかく!
謝ろう。で、別れ話を撤回してもらおう。
カズまでいなくなったら、私・・・・心の支えがなくなるよ!
そしたらもう、やっていける自信ない!



2 (4)
ピッ
trrrrr・・・
trrrrプツッ

『・・・はい?』
「カズ!お願い話を聞いてほしいんだ。時間ある?私ね、今ツインブルックにいるの」
『・・・ごめん、これから会社戻らなきゃ』
「会社って・・今どこにいるの?」

2 (5)
『ツインブルック図書館だよ、でももう時間だから・・』
近い!すぐそこ!
「ままま・・待って!すぐそこなの」
『悪いけど、切るよ』
ツー・・ツー・・

切られた・・・。
これは・・・怒ってるっていうか、避けられてる・・?


2 (7)
仕事を口実にこのまま距離を置く気?
そんな事させるか!

アツコは走って図書館に向かった。

2 (8)
「!」
カズがいた!・・・・え?


2 (9)
女・・・!?
誰よ・・・誰だれダレ!?
まさか・・・違う、よね・・・
そんなワケない・・・・!



2 (12)
「キャッ」
「大丈夫!?」



2 (13)

あり得ない・・・・!
あり得ないあり得ないあり得ない!!!!!!!!
ついこの間お互いの夢のために距離置こうなんて言ったやつが
数日後には、可愛い子とデート!!!???





2 (14)
「ちょっと!!!どういうことよ!?」
「!」
その大きな声で怒鳴られて、ビクッとしたカズが後ろを振り返ると
鬼のような顔で自分を睨みつけるアツコの姿が。

2 (15)
「あ、アツコ!?なんでココに!?」
「なんでじゃないわよ!この・・・ロクデナシー!!!」

「ちょっと・・!落ち着けって!」
2 (18)
「ただ単にあんたが私に飽きたからフッたわけ?夢だの何だのかっこいい事言っといて、自分はデートぉ!?」
「は?違うって!待てまて!アツコ、頼むから騒ぐなよ」

2 (19)
ペチン!と肌と肌の衝撃音と共にカズがよろける。
「いって・・・」
「信じてたのに・・・!カズだけが私の支えだったんだよぉ!?」
「・・・アツコ・・・」
「私には・・・もうカズしかいないんだよぉ・・・なのに・・・なのに・・・・」



2 (17)
「・・・私、お邪魔みたいなので、帰るね」
女性は、場の空気を読まずにニコリと微笑みまでしてのけた。
その笑みに、アツコの怒りは当然爆発する。

2 (22)
「ふざけんなぁ!この泥棒猫!」
「おいおいおいおいおいおいおいおい!!!!!!」
と、殴りかかろうとするアツコを必死で止めるカズを変わらない笑顔でその場で見つめる女性。
そのまま何も動じる事なく、去っていった。

「アツコ、あの人はなぁ」
「そんな話聞きたくない!」
2 (23)
「アツコ!!」
怒りが収まらなくなって、アツコも逃げるようにカズから去っていく。



2 (24)

2 (25)

















どうにかしてよ・・・

もう私をどうにかしてよ
何もなくなった、私の自信になってたもの
輝いて見えた夢、いつも一緒だった仲間、最愛の人
全部・・・


全部ぜんぶゼンブなくなった私をどうにかして!!
独りぼっちじゃ・・・

私なんてちっぽけすぎて
無力すぎて

道端で無常にも踏まれても誰にも気づかれない蟻みたい
何でもできそうだと
私には無限の可能性があって、
どうにでもできてしまう
そのくらいの自信に満ち溢れてたのに

毎日が充実してて
それなりに希望もあって


なのに

なのに今じゃ・・・





こんなに空っぽになった・・・。


2 (26)
「可哀想になぁ・・・彼氏に浮気されちゃ惨めで哀れで・・・」
「ムカァ・・・」
振り向いて、そいつの顔を見た瞬間、ビビッと体が思わず硬直した。

2 (28)
「何もかも、何もかもなくなって、今どんな気持ちだ?お嬢ちゃん」
「あんたは・・・・」

Screenshot-50_20130216180236s_B_B.png
仮面パーティーで、私が殴ってしまったあの男・・・・!?



2 (27)
「あんた・・・何でここにいんのよ!?」
「なんでかなぁ・・?なんでだと思う?」

「はぁ!?」
「あの時の傷、痕付いちゃったよ~・・どうしてくれんの?」
「・・・」

2 (30)
「まぁいいや。で、今の気持ちは?」
「・・・・・」

「友達も、仕事も学校も、彼氏からも嫌われて可哀想だねぇ。何もかも失っちゃって君は転落していくばかり。夢も希望もありませんって感じ?」
「何でそんな事・・・・」

「知ってるのかって?はは!俺には何でもお見通しだよ」

2 (31)
「全部見てきたから」

2 (33)
「まさか・・・!」
その一言で気がついた。
まさかとは思ったけど・・・
こいつの捻くれた性格なら、やりかねない。
金だって、コネだって、何だって手にしてる。
まさか・・・まさか・・・


2 (34)
「そのまさか。俺に怪我を負わせといて何もなかったかのような生活が送れるとでも思ったか?」




Screenshot-30_20140708235517a5d.jpg
俺にかかれば、お前の周辺情報なんて、たやすく調べられる。
望んだ金額が手に入れば、レコード事務所の社長だって、俺の犬になる。

案の定、手のひら返したように、俺の言う通りに動いてくれた。

Screenshot-34_20130710225336s_B.png
お前をスカウトした奴も、俺によって動いてくれた犬さ。

201307102342117afs_B.png
お前の彼氏にもハッパかけといて正解だった。
しっかり浮気されて・・
あぁ、そうそう。その浮気相手、俺の奴隷嬢だから。

Screenshot-28_20140708235516ef9.jpg
学校に奴隷嬢を侵入させて生徒のフリしてお前のありとあらゆる噂を流したし、
社長に現実突きつけられた可哀想な将来が不安だらけなお仲間等も学校から去っていった。恐ろしいほど計画通りにね。

Screenshot-31_2014070823551978d.jpg
全部、俺が仕組んだ事さ。
なんでお前が警察から逃れられたか分かるか?
俺が訴えなかったからだ。
なんで訴えなかったか?このゲームを楽しむターゲットを見つけたからに決まってるだろ・・・










2 (32)
「楽しかったなぁ。お前が破滅していくのを見てて。普通、ここまで続いたら気づくかと思ったけど、案外お前って馬鹿だったんだな」
「ふざけんなよ・・あんたに私の全てを奪う権利ないでしょう!?」
「権利?じゃあ言わせてもらうが、お前も俺を殴っていい権利があったか?」

「そ・・・それは悪いと思ってるけど・・」
「悪いと思ってれば許されるのか。訴えなかっただけマシだと思えよ。金のないお前が訴えられたら一生太陽の下を歩けなくしてやってた」

2 (37)
「あんたのゲームなんかで私の人生メチャクチャよ!返して!!」
「返すぅ?意味わかんない」

「はぁ!?あんたの事、絶対許さない!!」
「わかった。全部、あんたの人生返してやるよ。今すぐここで俺に土下座して謝ればね」
「・・・何!?」

「“あの時、あなたの額と心に深い傷を負わせて申しわけありませんでした。これからはあなたに服従します”ってね」
「・・・・するワケないでしょう!!このクズ!」
「プハハ!クズ?あんたもでしょう?人殴って逃げたんだから」


2 (38)
「しかも、あんたが誘ってきたんだよ?忘れたの?」
「・・・そ、それは・・」
「言い逃れしようったって、ダメ。結局あんたもクズなんだよ。自分勝手で図々しくて、口ばっかで周りの人間を振り回す嘘つきで厄介者。あぁ!俺と同じだねぇ?アハハハ」
「~~~~~~!!!」

2 (39)
「俺もね、自分でも思うんだ。クズだなぁって。でも君も負けてないよ」
「・・・」
2 (40)
「ッてことで、このゲームは完全に俺の勝ち。さようなら、お嬢ちゃん?」

そういい残して、高級車に乗り込み、大きなエンジン音を吹かしながら去っていく。
ブォォォォォ・・・
2 (41)
「ちょっとーーーーー!!!!」




































0 (1)
ブリッジポート


サンセットバレーとの試合に向けての練習とミーティングを終えたその日の夕方。



「うあ~・・疲れたぁ」
0 (2)
「今日は試合前に、軽く飲もうぜ」
チームメイトのヒデが誘う。
その誘いにまっさきに反応したのは、外国から来たメッシだ。
「お腹スイタネ!」


0 (3)
「だなー!」
「静かなトコがイイネ!」
「そっか、俺いいトコ知ってるから、そこ行こうぜ」
「ハイ」
カタコトながらも、上手に話している。

0 (4)
「お前は?行くだろ?」
ヒデの問いかけにニコッと微笑んで、行く。とケイも乗る。
「お前は?ネイマール」

0 (5)
「俺は・・ドコデモイイ・・」
彼もまた、外国から移籍してきたプレイヤーだ。

0 (6)

0 (7)
「!」


0 (8)
向こう側の歩道で、見てしまったのは・・・
マナちゃんと、あの時の彼氏と紹介された男。

2人でこの時間に話しこんでいる。
マナちゃんは、楽しそうな笑みをこぼし、安心しきっているように見えた。
彼氏じゃない、なんてサキは言ってたが
やはりそうなのか。
サキのハッタリか?マナちゃんの嘘か?

・・・どちらにせよ、マナちゃんは、前に進もうとしているようだ。
これ以上、俺は邪魔できないさ。
たとえ、俺自信にしこりが残っていようと、
邪魔する権利はないさ・・・・







0 (9)
「今日ありがとうございました」
「うん、いい勉強になったね。もうそろそろ自信ついたんじゃない?」

「えぇ、今日行ったお店のスタッフさんに色々教われましたし、何だか私もやっていけそうな気がします」
「そりゃ良かった。それで、アレも自信ついたかな?」
「え?」

「例の彼の事」
「あ・・・」
0 (11)
「今だけって言ったよね?ちゃんと、自分の気持ちを示す必要があるんじゃないかな?」
「・・・そのことで、謝りたいんです・・この件で森田さんに迷惑をかけてしまって・・ごめんなさい」

「あはは、いいんだよ。ただ、君が心配だよ。マナカちゃんは彼がまだ好きなのに、それでも彼に好きと言えないのは、過去の過ちに責任を感じてるって言ってたけど、勇気と自信がないだけじゃないかな?」
「勇気と自信・・・?」
「自分の過ちを乗り越える勇気と、自分を過少評価しすぎて自信をなくしてしまってるんじゃない?」

0 (12)
「でも!こんな図々しい女、彼は嫌いになる。いや・・もう嫌われてる・・」
「ただの妄想だね。君はいつもそうやって何か理由つけて逃げ続けるのか?」
「ぇえ?そ、そんなんじゃ・・・!」

「乗り越える勇気こそ、自信になる。過去はどうしたって変えられないけど、好きなのであれば、過去も乗り越えなくては前には絶対進めないんだよ」


「わかってますけど・・」
「いや、分かってない」
「!」





0 (14)
「・・・・」


笑い合ってる。
あの2人を見て、その間に割って入ることが許されるだろうか?
前に進もうとしてる彼女の恋路を
邪魔できる立場ではない。

フラれてるんだ。
俺は・・・フラれたんだ。

こんなんだからサキにも不審がられるんだ・・
悪いのは、全部、俺か。


0 (15)


















1 (1)
「ここ、ここ!」
「随分人気の無い場所だな・・・」
「だろう?変なファンに絡まれる事はないし・・まぁ、ファンにはな・・」
「?」
ヒデの言葉に引っかかりながらも4人は店のドアをくぐった。

チリンチリン、とドアに付けられた小さくて優しい鐘の音が聞こえる。
「いらっしゃぁい」
店員がすかさず声をかける。







1 (3)
「・・・・・」
「さ!みんな何飲む?とりあえずビールか?お前の国は黒ビールが有名だよな」

「・・・・・」
「どうしたんだよ?」

1 (4)
「コノ店のテンインはコスプレイヤーですか?」
「・・・え?いや、コスプレ・・っちゃあコスプレだけどな、ハハハ!」
ヒデは笑って返す。

1 (5)
「ドコデモイイとは言ったが、まさかココを選ぶとは・・」
「なんだよ~!酔っ払った性質の悪いサッカーファンが絡んでくるような店が良かったのかぁ?」

1 (7)
「でも・・・予想外だよ!ははは・・」


1 (8)
「いらっしゃぁい、ご注文お決まりかしら?」
店員の女性がテーブルの前にやってくる。
その声はあきらかに、見かけとは違って、低音を無理やり高音にしたような濁声だ。


1 (9)
「あらぁん?みんな可愛い子たちねぇ~!」
「・・・・」
この店はゲイバーだった。
働く店員は2人とも、元、男性。
片方は見た目は男性でああるが、こちらはどうやらお金をかけて女性になったようだ。

1 (10)
「・・・ワォ・・しかしお綺麗ダ」
「あらん、ありがとう~全身整形したのよ~~~!美人ママでしょ?」

1 (11)
「でもあたしの好みは・・・この子ね、可愛い顔してぇ~今夜ウチにいらっしゃいな」

1 (12)
「あ・・・あ、えっと・・・すいません・・あの・・」
「やぁだ!照れちゃって!うふふふふ!冗談よぉ!まぁ本気ならそれはそれでいいんだけどぉ」
「いえいえ!冗談なのであれば冗談のままで!はは」

1 (13)
「ビール4つお願い」
「はぁ~い」




1 (14)



1 (15)
注文した後、ふとカウンターを見るといつの間にか客が来ていた。
話に夢中になってて気がつかなかった。
あのカップルは、やっぱりゲイだ。
・・・当たり前か。
ただ、なんかゲイカップルって、見た事なかったんだ。
こういう店でデートしてるんだなぁと、ただ思ったわけで。

1 (16)
様々な愛の形はあるけれど、同性カップルは普通のカップルよりも
難関が多いと思う。
世の中には、認めたくは無いけど、まだまだ差別という問題もあったりする。
そんな中で結ばれるのは、かなり運命を感じるだろうし、ちゃんと意思表示できる人じゃないと
カップルは成立しないのだろうと思った。

ちゃんと自分の気持ちに真っ直ぐ向き合ってるんだ。

なのに俺は・・・
意思表示するにも勇気が出なかったりして
結局行動できない事の方が多い。
見習わないと、と思いつつも、やっぱり遠慮してしまう。


1 (18)
「「「かんぱ~~い」」」

4人でビールを持ってビンを当て合うと、グイッと気持ちのいい飲みっぷりを披露する。

1 (21)
「う~ん、もう我慢できない、トイレ!」
「ったく!乾杯前に行けよ」

「忘れてたんだよ」

1 (22)
ケイはトイレのある方に向かう。
トイレマークの看板を探すと、カウンターの奥にあるらしい。
丁度、カップルの横を通る。

1 (23)



1 (25)
あまり見るのは失礼だと分かっているけど、
なんか・・・気になる。

いや、そういう意味ではなくて・・
どこかで・・・




1 (26)

1 (27)
「!」

1 (28)
「!・・・あ」

1 (29)
「・・・!あなたは・・・!?」







スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(7)

コメント

No title

こんにちは~~~!!!ヽ(^◇^*)/
お久しぶりのストーリー本編ですねっ!読めて嬉しい!

ちょっと!今回は「えええ?!」な展開がいっぱいで終始心の中で「マジか!」と叫びながら拝見しましたよ!
アツコちゃんとカズ君ね~、カズ君と一緒に居た女性の件はアツコちゃんの誤解だろうと
思ったけどね、女性の方の態度が何かどうなのぉ~と思ったよね。挑発的と言うか。
そしたら・・・!!!あの時のイケメン(悪人だが笑)キターーー!!!
な ん だ と ?!
アツコちゃんの今の状況はこの男が全部仕組んだ事だったの・・・?!なんだってぇー><
うわっw仕事も学校の事もカズ君の事まで・・・まさかそんな!!!
それだけアツコちゃんに殴られた事が許せなかったのか。プライド高いんだろうしねぇ・・・;
お前が襲ったからじゃん!って思ったけど、そうだったwアツコちゃんから誘った形だった・・・orz
でも許せないね!でも・・・イケメンだし(おい)こういうタイプ、嫌いじゃないって言ったら笑いますか?///(笑)
うーむ。彼と交渉してどうにかなるような問題なのかな?お互い許さないよね。
アツコちゃんはアツコちゃんで自分でどうにか今の状況を打開しないとならないような。頑張れ!

ケイ君のチームメイトの名前が実在の選手だって事は、サッカーにそれ程詳しくない私でも分かったー(´▽`)
みんなイケメンだなぁ~♡
マナちゃんと話してる森田さん、やっぱりいい人だったー!って思いました(*´∀`*)
マナちゃんに下心があるのかな?って最初思ってたんだけどそんな感じじゃなくて安心したの。
・・・・・と思ったらゲイだった・・・・・!!!(驚愕)
そんなーーーーーwwwwwwそりゃマナちゃんに下心感じさせないよなwww
マジびっくりです(^▽^;)
ahiruさんのお話で、ゲイっぽい展開は珍しいので何故この店なんだろう・・・って思ったのですよね。
まさか、ケイ君がマナちゃんを諦める為にママ(♂)と・・・?!なんて思ったり(爆笑)
森田さん絡みだったのか・・・。なるほど・・・(納得)

あっちもこっちもどうなるの?!な展開で目が離せませんね!(。→∀←。)
面白かったー!次回も楽しみにしていますよ~♪
風邪も早く治してね♥

2014年|07月|09日|16:43 |from mirumom| URL

No title

ahiruさんこんにちは!^^

ストーリー本編の更新お疲れ様です!そしてありがとうございます!>w<
前回のお話でもかなり衝撃的な展開でしたけれど、
今回もまた波乱が波乱を呼んでいる感じで、手に汗握ってしまいました><
以前のアツコちゃんは自分の夢のことしか見えていないというか、精一杯だったんだと思うんですが、
周りの気持ちよりも自分が大事!と言う印象でしたよね?
でも、カズ君に突き放され(たと思い)、そして昔の仲間の本心を知って彼女も変わりましたね~!
このまま更に素敵な女性へと変貌していくのかと思いきや、まさかの展開で・・・(汗)
アツコちゃんの身の回りで起こることが全てあの時の男性が仕組んだことだったなんて><
殴られたことがそんなにプライドを傷つける行為だったなんて、思いもしないですよねぇ;;

でも・・・カズ君の方はちゃんと考えがあって距離を置こうとしているんだと思いたいです。(切実にw
イケメンさんの方も愛憎渦巻いてるようにも思えるので(←深読みしすぎ?w)
今後の展開が凄く気になります!>w<

そしてケイ君とマナちゃん!あんなに遠くに居るのにマナちゃんだと気付くのは
ケイ君の中に存在するマナちゃんへの想い故ではないかと、ニヤニヤしてしまいました( 〃艸〃)
ケイ君って凄くストイックな印象ですけれど、やっぱり・・・(ニヤニヤ)←
そして、ゲイバーのママさんの美貌にケイ君が?!とか思ってしまいそうになりましたが(笑)
森田さん!?Oh・・・これまた凄い展開になりそうな予感がしますよー!

なんだか怒濤の展開で驚きっぱなしのまま読み終えて、そして再読してまた驚いて・・・。と言う状態なので意味不明な感想だったらすみません。
でも、これぞahiruさんの世界観という感じで惹き込まれ、その世界観を堪能させて頂いちゃいました( 〃艸〃)
読み終わった後の充実感が凄く好きです(^^)
今回も素敵なお話を公開して下さり、ありがとうございました!
次回も楽しみにしております♪でも、例のアレも楽しみなので(笑)
まずはご自愛重視でお願いしますよ?ahiru先生!(`・ω・´)

2014年|07月|09日|18:02 |from chiko| URL

mirumomさんへ

こんにちわ!
一ヶ月ぶりのストーリー更新で、ちょっと緊張しちゃいましたw

> ちょっと!今回は「えええ?!」な展開がいっぱいで終始心の中で「マジか!」と叫びながら拝見しましたよ!
うふふ。ここでネタばらしです。
カズといた女性は本当に浮気とかではなく、理由あって一緒にいただけです。
ただね~やっぱそこはアツコですよw
怒り爆発でwww大喧嘩で。謝るつもりだったのが、余計こじれましたねw

あのボンボンのクズ野郎(ひでぇw)は自分のプライドを傷つけられ
ゲームと称してアツコの全てを奪うという行動に出ていたのですね。
金さえ渡せば、言う事を聞く女の子達(中には事務所の社長もいましたがww)
に、仕組んでたんですよー( ˙³˙)
だからアイドル活動なんかさせて、バンドメンバーにはキツイ事浴びせ解散させた。
なんとも・・・残酷なゲームでした^^;

> お前が襲ったからじゃん!って思ったけど、そうだったwアツコちゃんから誘った形だった・・・orz
そう。実は誘ったのはアツコ。それにテイアンしたのはこのクズ男だけど、結局ノッたのもアツコ自身ってのがねー
あまり強く言えなくなっちゃう・・・いや!でも言ってもいいレベルだと思いますけどねw

> イケメンだし(おい)こういうタイプ、嫌いじゃないって言ったら笑いますか?///(笑)
おおぅ・・・イケメンクズがお好みなのですね?wwwww
ま じ か よwwww

この後、アツコはどうするでしょうね?あのアツコですよ?(˶′◡‵˶)
負けず嫌いで強気で夢も仲間も彼氏も奪われたとくれば・・・・ねぇ?www
自分で巻いた種、といえばそうなりますので、
ちゃんと自分の気持ちを整理して仲直りしないといけませんよね。アツコにも問題があるんですから!

> ケイ君のチームメイトの名前が実在の選手だって事は、サッカーにそれ程詳しくない私でも分かったー(´▽`)
あ、良かった~w
ネイマールは骨折してリタイアしちゃった上に、ブラジル負けちゃったけどねwwwwあちゃー・・

森田初登場の時、結構ね、怪しい!とか狙ってるんじゃ!?とか言われてねww
あー・・大丈夫よ、ゲイだからwと心で思ってましたwww
こんな事言ったらアレですが、顔はゲイっぽく作ったんだけど、そうでもないかな?www

あぁ、ゲイバーなんてね。
行くか?って感じですよねー。
森田の正体を暴く為でございました(˶′◡‵˶)
今までゲイキャラは登場させてなかったのでここらで挑戦しようと思ったのです。
でもオネエ言葉とかじゃないけどねw

> まさか、ケイ君がマナちゃんを諦める為にママ(♂)と・・・?!
いやいやいやいやいやwwwwwwwwwwwwwwww
たしかにケイ君は不運キャラだけど!!!!wwwwあまりにも可哀想じゃないですかそれwwwwwwwwwww

コメントありがとうございました!風邪も早く治ってくれー!┌┤´д`├┐<さんきゅ!

2014年|07月|10日|18:08 |from ahiruchanet| URL

chikoさんへ

こんにちわ~!

今回は遂に各方面のキャラの暴露回となりました!

> 周りの気持ちよりも自分が大事!と言う印象でしたよね?
うんうん。自己中心的で強気な子です^^
周りにいて当たり前だと思っていた人が次々に離れていく事で
本当に大事なものが見えてきたんです。
ちょっとずつだけど成長はしてるんだけど、どうも強気ですぐ怒ってしまう性格が邪魔しますねw

そんなときに現れたのが、このクズ男ですwww
こいつはプライドが高く、本当にクズなのですよ。
ゲームのターゲットとして相手の人生を破滅させていく・・・。
金はあるからやり放題。

> 殴られたことがそんなにプライドを傷つける行為だったなんて、思いもしないですよねぇ;;
ああいうボンボン系クズってのは、何か理由さえあればいいんですよ。
あんな事でも、この俺にキズ残すとは・・・!みたいなプライドが許せずに
ゲームを楽しむ輩なのですよ><

> でも・・・カズ君の方はちゃんと考えがあって距離を置こうとしているんだと思いたいです。(切実にw
カズは意外と大人ですよ。
何だかんだでちゃんと考えてるんだと思いますし、当然浮気などしませんw

> イケメンさんの方も愛憎渦巻いてるようにも思えるので(←深読みしすぎ?w)
おおぅ・・・そ、そ、そ、、そうかもしれません・・・・ね?wwwwwwwwww

> ケイ君の中に存在するマナちゃんへの想い故ではないかと、ニヤニヤしてしまいました( 〃艸〃)
そこまで見ていただき、深く考えていただき感謝ばかりでございます!!
悩んでるケイ君だけど、もう心の中心はマナちゃんじゃないか!ってね☆
実際サキの事なんてこれっぽっちも考えてないwwwwまったくこいつはww

> そして、ゲイバーのママさんの美貌にケイ君が?!とか思ってしまいそうになりましたが(笑)
え!?待ってよ!!ミルさんもchikoさんも、そういう展開期待してた!?
ごめんー!!!!wwwwwww
さすがにそれはやらないよー・・・・(今から展開の軌道修正が効くか考え中←爆笑)嘘うそ!やりませんw

そんで、森田はゲイでした(˶′◡‵˶)
ゲイバーで男といるなら、もちろんゲイだよね!

コメントありがとうございました!私のストーリーの世界観・・・かぁ。
どんな風に見えているのだろう。自分では分かりませんw
でも楽しんでいただけて私もホッとしております( ˙³˙)
例のXデーまでには風邪も治しておきたい!!!!頑張ります~~~

2014年|07月|10日|18:25 |from ahiruchanet| URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年|07月|11日|12:02 |from -|

No title

なんだとおおおおおお!!!!(読んでる途中、唐揚げモグモグしながら絶叫の私である)

というわけでこんにちは!
よく考えたら動画連載があったわけで、一ヶ月以上ぶり?ですよねで(*´∀`*)✿
動くダミアンリズ達も良かったけれど彼らにも会いたかったよ~
タイトルが「ゲーム」?だから、なんだろう、とすごく不思議だったんですけれども
ちょ・・・・ちょおおおおお!!!イケメンンンン!!!(この、呼び名www)

>「なんでじゃないわよ!この・・・ロクデナシー!!!」
ああっ(;>∀<) まさかのログデナシが出てしまった・・・!
さらに泥棒猫に平手打ちのコンボ・・・アアアアツコさん、落ち着いて!
っていうってもこういう猪突猛進ぶりも彼女のよさでもあるから(あわわわ;)

正直カズ君のことはともかく、スカウトも学校での悪評も本当に全て
仕組まれていたことだったんだんて、むちゃくちゃ驚いた!!!
うっわー、確かにそうだよあのときは事情があったとはいえ、
・・・・うん。アツコちゃんが誘って→殴でしたもんね。
正攻法で制裁するんじゃなく、やり方がなんともクズいけど・・・あー・・・
好きです、こういう悪役な黒イケメン(真っ直ぐな目:やっぱりかwww)
そのくせ顔自体は柔らかめで髪型も爽やかってのがいいと思うんだ!!////
でも奴隷嬢(すごい言葉だよ、これ)が居るってのが・・・;><

でもでもアツコちゃんこれからどうするの?彼女ひとりでどうにか回復できるのか?!
個人的にはアツコちゃんの事務所の社長すら、金で動いてたというのがとてつもなくショック(´・ω・)
アツコちゃんがどれだけ頑張ってたのか・・・

サッカー選手たちがいい身体&イケメンフェイスで、
とってもとっても私得でした(ハアハア)メッシ君の服がヤバイ////
マナちゃんと森田さんが話してるの見てね。もうあまりの真摯な叱りように、
私は「絶対これマナちゃん狙いだよー(ノ∀`)絶対マジでマナちゃん好きとかなんだー」って
考えてたんですけれど、まかさのラストにカルピス噴きました。
そういうことかああああああ!!!!!////(森田さんの株価が私の中でノンストップ高!!!!!)
あ~~~~ すごく納得!なんかこうたおやかな優しさがあったけれど、
森田さんのそれは大人の男として恋愛的にマナちゃんをどういうではなく・・・oh・・・
(;д・)森田さんイイヒトすぎ・・・

ケイちゃんが美人すぎるママにふらっと行くのかなって実はちょっと思っちゃったのですが
いま皆さんへの返信でもやっぱりそこに触れられてるのが見えているのですが(爆笑)違うのねww
台風一過で暑いけれど風邪の身体の体力削られそうなのでお気をつけて✦
続き楽しみにしてます!

2014年|07月|11日|13:47 |from りぐのえる| URL 【編集】

りぐのえるさんへ

こんにちわ!唐揚げおいしかった?くいてー!

そうそう、一ヶ月ぶりなんだよ~もう緊張しちゃったよw

タイトルで予想つく人はいないでしょうね~
忘れられてるんじゃないかと思います。あのクズの存在www

アツコはもう目で見たものが真実だと思ってしまうわけで
カズが浮気なんてないだろう、と思いますが、彼女の場合考えるより行動してしまう。
長所でもあり、短所でもありますねw(いや長所ではないか・・・?)

> 正直カズ君のことはともかく、スカウトも学校での悪評も本当に全て
> 仕組まれていたことだったんだんて、むちゃくちゃ驚いた!!!
そうだね、学校の噂もスカウトも、メンバーとの解散を仕向けたのも
アイドル活動させ続けてるのも結局金に芽が眩んだ大人と奴隷嬢(すごい言葉だね、たしかにww)
の仕業。結局、それでストレスを抱え込み、予定を詰み込められて
カズとの関係も悪化したのだから、全部このクズの計画通りってわけね。

> ・・・・うん。アツコちゃんが誘って→殴でしたもんね。
彼からしたら、その事を引きずって復讐してるってより楽しんでる部分が多い。
ゲームと称して、自分のプライドと顔に傷を残した庶民を潰して満足しようと考えたんでしょうが
本当にゲスいwおまわりさん、この人です、この人こんなにゲスいんです!

> 好きです、こういう悪役な黒イケメン(真っ直ぐな目:やっぱりかwww)
そうなのねー。まぁね、分かるよ。
悪って魅力あるよねー。
でもこいつ、正直まじでクズだけどいいの?wwww

> そのくせ顔自体は柔らかめで髪型も爽やかってのがいいと思うんだ!!////
きっと、目上には優等生演じてるタイプだね!

そうだねー、スカウトも嘘で、社長も金で雇われて動いてたのなら
アツコの夢は全部・・・泡と消えた。
アツコはどうするかなー?アツコの性格と照らし合わせてご想像してみて下さい^^

> サッカー選手たちがいい身体&イケメンフェイスで、
おお!ありがとうございます(˶′◡‵˶)
すっげぇ適当で作りましたけどwwwwwどうせ脇役だし、と思って
名前も実在選手(しかも超有名でタイムリー)から頂くほど。
褒めていただいてありがとうございます!


> そういうことかああああああ!!!!!////(森田さんの株価が私の中でノンストップ高!!!!!)
カルピス拭いて!すっごい吹き飛んだから!!wwww
初登場時、森田はすごく怪しまれてたので、このネタバラシ回が待ち遠しかったです。
下心もないですよ^^ただのゲイなんでwww
あくまで男として、上司として、心から心配してくれてる方なのでご安心を!ww

> ケイちゃんが美人すぎるママにふらっと行くのかなって実はちょっと思っちゃったのですが
(  ゚々゚)⋯⊶≕≍≖≎≢≣≋∺∻⋰⋰ お 前 も か
違うよー!!!それはそれで、成り立つよ?ケイ君は不運キャラだしね。
でもそれじゃあさー、あまりにも・・・可哀想じゃんwwww

コメントありがとうございました!台風過ぎてしまって残念な私です( ˙³˙)←台風大好き

2014年|07月|12日|18:13 |from ahiruchanet| URL

非公開コメント

トラックバック

http://ahiruchanet.blog.fc2.com/tb.php/359-7bd19c97

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。