sims物語29 「約束の日」

Screenshot-116.jpg
ここはツインブルック中央公園

とても気温も高く、天気は快晴
この照りつける太陽の下の
公園に1人の老人が今か今かとドキドキしながら
立っていた。


Screenshot-117_20111126201620.jpg
ヨレヨレの服装で長く伸びきった髪の毛で、少し小汚い格好。
その老人が自分の孫と遊ぶ約束をしただけだが、
心はまるで少年に返ったように落ち着きがなかった。


約束の11時


Screenshot-120_20111126201232.jpg
公園の向こう側から一人の少年が期待を胸に走ってくる姿

アニだ。

Screenshot-122_20111126201621.jpg
あのプレゼントを届けたお兄さんがいて足を止めた。

「・・・」

Screenshot-118_20111126201232.jpg
「・・・」


コウジはみんながBBQ行ってる間、公園の端で様子をうかがっていた。
何も起きずに楽しい一日を過ごせればいいと思った。

変な話、これは母親が知ってしまったら、問題になるかもしれない。
親に内緒で疎遠だった父親と会うのだから・・・。

アニがコッチを見ていたので、静かに顔をクイっと横に動かし、前を見てみろ、と合図をした。
アニはその先に老人が立っているのに気がつく。




Screenshot-124_20111126201620.jpg
「・・・」
「アニ・・・こっちおいで」




Screenshot-126_20111126213801.jpg


おそるおそる近づき、警戒しているような目をして見つめる。
Screenshot-125.jpg
「本当に僕のおじいちゃん?」

「そうじゃよ。大きくなったなぁアニ」
「証明して。僕の誕生日は?」
Screenshot-119_20111126201232.jpg
「2004年8月30日じゃろう?」

「すごーい!本当におじいちゃんだぁ!!」
「当たり前じゃ。お前が生まれた日をわしは一瞬も忘れたことはないぞ?」

Screenshot-128_20111126213800.jpg
「おじいちゃん今までどうして会いに来てくれなかったの?」
「行きたかったんじゃが、忙しくての・・・。わしは今日しか暇を作れなかったんじゃ」

Screenshot-131_20111126213755.jpg
「じゃまたどっか行っちゃうの?今度ウチに来てよ!みんなでパーティやるんだ!」
「そうじゃな・・・暇ができたらな」

「絶対だよ!?約束して?」
「あぁ約束するよ・・・」
Screenshot-129_20111126213755.jpg
「やったぁ!おじいちゃんが来る!」
その素直に喜ぶ姿を見て、なんとも切ない気持がこみ上げてくる。
会うんじゃなかった・・・。
会って、こんなに喜ぶ孫が、半年後自分の死を知って悲しんでしまうのではないか、と
後悔し始めていた。
もちろんアニのパーティには行かないつもりだ。
話てるうちにもっとこの子の笑い声や、元気にはしゃぐ姿を見たいと思ってしまったのだ。
後悔のないように一回きりと決めていたのに・・・。
しかし、行きたい気持ちをグっと堪えよう。
今日この瞬間が孫と過ごす最後だ。
最初からそう決めて来たのだから。せめて今日だけは
何も考えず思い出を作ろう・・・。



Screenshot-139_20111126220309.jpg
(じいさん・・・複雑だな・・・)

コウジもさすがに、目頭を熱くする。

すると公園の外に1台の車が停まる。
何やら急いでいるようだ。停め方がとても乱暴だ。


Screenshot-141_20111126220308.jpg
「?」
すると車から1人の女が降りてくるなり、公園内を見渡す。

Screenshot-142_20111126220308.jpg
(どっかで見たような顔だな・・・)

Screenshot-144_20111126220307.jpg
女は、何かを見つけたようで大股で一直線に向かう。


Screenshot-133_20111126214833.jpg
「僕もおじいちゃんにプレゼント用意しておくからね!!」
「おぉそれは楽しみじゃの」



「お父さん!!」
Screenshot-143_20111126220307.jpg
(・・・“お父さん”ってことは・・・)

Screenshot-144_20111126221029.jpg
「どういうことよ?勝手に子供を呼びだして何もなかったみたいに・・・。」

怒りのあまり今にも爆発しそうなほど顔を赤らめて近づく。
Screenshot-149_20111126221630.jpg
「エミリ・・・!?ま、待ってくれ!頼む・・・これにはワケが・・」
「親に承諾もなしに子供連れ出しておいてワケを聞けですって!?自分勝手にも程があるわ!」
「あぁ、分かっておる。」
Screenshot-148_20111126221630.jpg
「非常識よ!本当に昔から変わってないわね!これは誘拐よ!?」
「ゆ・・・誘拐・・・!?」
「当たり前じゃない!私達、縁切ってるのよ!?」


「・・・」

何も答えられなかった。
たしかに、疎遠だった子供に内緒で孫を公園に呼んだのは事実。
Screenshot-140_20111126220309.jpg
(やばそうだな・・・)

Screenshot-151_20111126222537.jpg
「アニには二度と近づかないで!!!」
「お母さん!怒らないで?」
「アニは黙ってなさい!さ、行くわよ」

Screenshot-152_20111126222536.jpg
「ちょっと待ってくれよ」

アニの手を引っ張って行こうとしていたので、
思わずコウジが走って止める。

Screenshot-154_20111126222536.jpg
「じいさんには深いワケがあんだよ。理由くらい聞いてやったらどうだ?縁切ったっつっても
 血は繋がった親子だろ」

「アンタ誰よ!関係ない人はアッチ行ってよ!」
「俺はじいさんの付き添いだ。」

Screenshot-150_20111126222537.jpg
「これ以上関わりたくないから縁を切ったのよ!もうほっといて!帰るわよ!アニ」

Screenshot-158_20111126222609.jpg
「関わるなだと?ふざけんな!じいさんは癌なんだよ!あと3カ月しか生きられねーんだよ!
 最後に孫に会って悔いなく逝きてぇって思うのは当たり前だろ!」

Screenshot-157_20111126222609.jpg
「・・・・癌・・・?」

「エ、エミリ・・・」
「本当なの?あと3カ月って・・・」
「あぁ、もう体も動かんようになるじゃろ・・・」
Screenshot-156_20111126222610.jpg
「お母さん、癌ってなに?」
「・・・」


Screenshot-162.jpg
「今日何も言わず連れ出したのは悪いと思ってるけど、分かってやってくれねぇか?じいさんも
 あんたとのこと、ずっと後悔して生きてきたんだよ」
「・・・」


Screenshot-169_20111126225514.jpg
「・・・それと・・・これとは関係ありませんから」
Screenshot-168_20111126225513.jpg
「アニ、帰るよ」

「お母さん・・・」
「早く」
Screenshot-176_20111126225513.jpg
Screenshot-171_20111126225513.jpg


Screenshot-172_20111126225513.jpg
「エミリ・・・」


エミリは何も反論もせずアニを連れて帰る。
もう自分の事など、どうでもいいのか。
そこまで嫌われていたのか・・・。
その原因は全て自分にあるというのは分かってはいるが
悲しみがこみ上げてくる・・・。


Screenshot-178_20111126225527.jpg


結局何もできずギクシャクした関係だけが深まる結果となってしまった・・・。











Screenshot_20111126230652.jpg



Screenshot-2_20111126230647.jpg
Screenshot-4_20111126230647.jpg
「・・・・・・・」




web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(2)

コメント

No title

ahiruさん♪お久しぶりで~~す!!

ああ、、、やっと!じいさんが孫と会えたよ~~(感動)
行けるはずもないパーティに誘われて・・・
それに答えるじいさん・・・アニは喜んでましたね!
きっと!今の喜んでいるアニの顔を忘れることはないでしょうね!
コウジもいいやっちゃ!そっと二人の様子を見守って!!
案の定!娘の乱入にも!じいさんをかばいに出てくるとこなんぞ!
おっとこ前じゃ~~~ん☆
じいさんが、癌だとわかった娘さんの遠い目・・・
何かを決心したような・・・
次回も楽しみにしてますね~~~♪♪

2011年|12月|18日|20:56 |from きのこ| URL

No title

きのこさん
久しぶりです~~~
じいさんはこのまま死なせませんぜw
娘の迷ってる姿とか上手く表現できればいいんですけどね。
きのこさんも何やらPCが・・・
大丈夫ですか?
最終回楽しみにしてますよ~

2011年|12月|19日|01:23 |from ahiruchanet| URL

非公開コメント

トラックバック

http://ahiruchanet.blog.fc2.com/tb.php/36-5e3ac181