スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告

茶番シリーズ「SATAN QUESTマルチエンディング~BAD END Ver.~」

こんにちわ!

お約束・・・はしていませんが、出来上がったので公開させていただきます。
サタクエのもうひとつのエンディング、BAD END Ver.ですw



まず、お断りしておきますが、全体的にギャグというカテゴリーなら
何でもありだと思っていた私です。
内容的に、「あり得ない!」展開や、「え?あの人は!?」という展開になってたりします。

もう本当ハチャメチャな終わり方なので、スッキリで終わらせたい方は辞めておいたほうが身のためですwww
そして、作りも雑です。雑なんです!!!!!
それについては、申し訳ありません・・・としか言えませんww






















ワンダーランドから脱出したダミアン一行。
ドサッ!と地面に放り込まれる形で元の世界に帰ってきたのだが
時、すでに遅し。

世界は破滅寸前にまで陥っていた・・・。




Screenshot-5_20140713223507590.jpg
「何という事だ!」
「もう世界は破滅寸前です!」

「王様はご無事でしょうか・・?」
「行こう!」

城へ戻ろうとした一行だったが、
「どこへ行くんだ?」
という声と共に、恐ろしく殺気を感じた。







Screenshot-7_201407132235111e2.jpg
「!!・・・お前は・・・!」
「よく戻ってこれたな・・・?驚いたよ・・★」

その声の主は驚いた表情をするも、
どこか楽しんでいるようにも見えた。

Screenshot-8_20140713223514b33.jpg
「猫・・・お前が手引きしたのか」
「お前なんか嫌いだ!ざまぁみろ!」

「フフフ・・・♪。貴様がワンダーランドへ戻っていた事にも驚いたが、まさか敵に手を貸すとは・・」
「お前を嫌ってるのは私達だけじゃないって事ね」
リズは睨みつけて言い放つと、ハッハッハ・・★と笑い出す。

「そのようだ。いいだろう、決着をつけよう、勇者よ。ここをお前の墓場にしてやる」

その一言で、ダミアン、リズは戦闘モードになる。

Screenshot-9_20140713223511467.jpg
「くらえ!!!!」

ビリビリビリ

Screenshot-13_201407132243312fc.jpg
「イケメン宙の舞!!!!」

Screenshot-12_20140713224330c52.jpg
「死ねぇぇぇ!!!」

両者、一歩も引かず攻撃を出しまくる!!
魔王は足元をフラつかせ、息が上がる。


互いにHPを削ったところで猫が
「おうごんのつるぎで心臓を突いて!!」
と叫ぶ。
「よしきた!」

「・・・!チッ何でもかんでも話しちまいやがって・・・!」

Screenshot-14_201407132243345c9.jpg

Screenshot-15_201407132243359cb.jpg

Screenshot-16_20140713224809a40.jpg

Screenshot-17_20140713224812a2c.jpg

Screenshot-18_20140713224814e65.jpg

Screenshot-19_20140713224814541.jpg
グサァッ!
黄金の剣は見事に魔王の・・・・腹部に突き刺さる。







Screenshot-20_2014071322501485d.jpg

Screenshot-21_20140713225016fee.jpg

Screenshot-22_201407132250172d7.jpg

Screenshot-23_20140713225019da5.jpg

Screenshot-24_2014071322502076a.jpg
「うおおおおおおおおおおおおおおおおおお」




Screenshot-25_2014071322522371d.jpg
その瞬間、魔王の口から白い煙のようなものが飛び出し、宙をしばらく彷徨った。

・・・これが、“魂”なのか。
黄金の剣で心臓を一突きする以外の方法で倒しても、
魔王が自らにかけた呪いによって、自分の魂を別の人間の体に宿し、乗っ取るという。

しばらく彷徨ったあと、一直線に向かったその先には
リズがいた。

Screenshot-27_20140713225223ae2.jpg
シュウウウウ!!!
「キャアアアアアア!!!!」

Screenshot-28_20140713225224d8e.jpg
ピカアアアアアン!!
目の前が眩しい光によって、視界を失う。

Screenshot-29_20140713225228548.jpg
視界がやっと戻った時には
リズはその場に倒れてしまった。


Screenshot-30_20140713225232b32.jpg
「・・・・・・・え?」

Screenshot-31_20140713225726160.jpg
「リズ・・・様・・・?」

Screenshot-33_20140713225729f9d.jpg
「・・・・・・」
リズはピクリとも動かない。

Screenshot-32_2014071322573002b.jpg
「リズー!」
ダミアンが走ってリズの元へ向かう。

Screenshot-34_20140713225731657.jpg
「う・・うん・・?」
しばらくして、リズは起き上がり
辺りをキョロキョロと見渡す。

「魔王は・・?」
「魔王は・・・・死んだ・・・けど・・・」
「たしかに死にましたが・・・死んだのは、身体です。魂は、おそらくリズ様の中に・・・」
デイジーは気まずそうに伝えるとリズは自分の身体を確かめる。

Screenshot-35_20140713225730261.jpg
「私の中・・・?」
「お前、大丈夫か?意識が朦朧としてたり、身体が動かしにくかったりしないか?」
「うん、今の所平気」
「そうか・・・」

Screenshot-39_2014071323031132b.jpg
「・・・・私・・・どうなっちゃうの?」

Screenshot-38_201407132304070d1.jpg

Screenshot-37_20140713230405899.jpg

Screenshot-36_20140713230400355.jpg
「・・・」


Screenshot-40_20140713230314ec0.jpg










Screenshot-41_2014071323031652d.jpg

Screenshot-42_20140713230316d70.jpg
「王様!」
「おお!勇者よ!無事だったか!魔王の奴は!?」
「魔王はこの剣で」

Screenshot-43_2014071323031636a.jpg
「そうか!そうか!これで世界は平和になったんじゃな!」

Screenshot-44_2014071323061335a.jpg
「え、えぇ・・まぁ」

Screenshot-45_201407132306151a6.jpg
「うん?なんじゃハッキリ勇者の口から言ってくれまいか。世は平和になったんだと」

Screenshot-46_20140713230615c68.jpg
「・・・・えぇ、うんと・・・まぁ・・そうですね。魔王は消えました」
「そうか!」

Screenshot-47_20140713230618669.jpg
「でも・・」と話すと同時に王様がかぶせてくる。
「実はな、昔から聞く伝説の話があってな。それが心配だったのじゃが・・」

Screenshot-48_20140713230620137.jpg
「伝説?」
「あぁ。魔王を完全に消滅させるには、正しいやり方で倒さんといけないとか。そうでなければ魔王の呪いにより、別の人間に魂を乗っ取られるという伝説じゃ」

「それって・・・どうやったら分かるのですか?」
デイジーはリズの代わりに質問をする。
「うむ。少しずつ、意識が消えていくようじゃがな。あと、一発で分かる方法があるのじゃ。魔王にしかもてない、魔王の証とも言える究極魔王が手に入るそうじゃ。本当かどうかは、伝説なのでな。分からんが」


Screenshot-45_201407132306151a6.jpg
「まぁ、こんな話はもういいじゃろう?世は平和になったのじゃ」

Screenshot-50_20140713231320ba6.jpg
「すみません・・・王様。実は・・・俺、心臓ではない場所でとどめを刺してしまって・・」
「・・・何!?」
「その魂が、もしかしたら・・・リズに・・・」

Screenshot-49_2014071323131668d.jpg
「・・・・・・・・・・そうか。それは・・・何という悲劇じゃ」

Screenshot-51_20140713231322677.jpg
「で、でも・・・!私普通よ!?意識はハッキリあるし、感覚もある・・・!乗っ取られてなんかないわ」
「あぁ、リズ本人はそう言ってるし!きっと大丈夫だと・・・」

Screenshot-52_2014071323132175d.jpg
「でも見たのじゃろう?魂が彼女の身体に入っていくのを。それに・・・意識は徐々に消えていくものじゃ」

Screenshot-53_20140713231325d8c.jpg
「で、でも・・・!根拠は?私の中に魂が宿ってる根拠!私は究極魔法なんてないわ!」
「しかし・・・」
「ね?ダミアンも何か言いなさいよ!私は違うって!」
「・・・あぁ、きっと・・・」

Screenshot-55_201407132320513c9.jpg
「“きっと”ではダメなんじゃよ、勇者」
「え・・・」
「国を守る責任がある。わしにも、勇者、お前にもじゃ。“きっと”という言葉は願いが大半の意味を占めてるものじゃ。そうじゃろう?」
「・・・」
「きっと大丈夫、きっとそうじゃない、きっと間違いに決まってる・・・。そんな言葉で国民が安心して過ごせるかのう?」

Screenshot-58_20140713232057346.jpg
「でも!私は違う!!魔王なんかに乗っ取られたりしないわ!私は魔法使いよ!何とでもなる!」

Screenshot-56_20140713232052ba2.jpg
「・・・」
クイッと王様は顎を使って、数人・・・ゾロゾロと横から兵士が入ってくる。

Screenshot-54_201407132320528e9.jpg
「・・・!?」

Screenshot-57_201407132320571d0.jpg
「魂が生きてるのであれば、君はいずれ魔王じゃ。悪いが、分かってくれるな?」
「・・・どうして・・・?私この世界を守ろうとして・・・!戦ってきたのよ!?」
「それならば、守ってくれ!この世界を!言っている意味、分かるな?」
「そんな・・・!」

Screenshot-58_2014071323292028d.jpg
「ダミアン!あんたからも言ってやってよ!!」

Screenshot-59_201407132329229ff.jpg
「・・・・・・」
「ダミアン!?」

Screenshot-60_20140713232923a82.jpg
「国を守る。誰がどうなろうとも、守らなくてはいけない。勇者・・・分かってくれるな?」

Screenshot-62_20140713232923a86.jpg
「・・・・・」

Screenshot-61_201407132329220a9.jpg
「あんた・・・・まさか・・・」
「・・・・」

Screenshot-63_20140713233142957.jpg
「何て事・・・あんたって奴は・・!」

Screenshot-64_20140713233151041.jpg
「捕らえろ!」
「ハッ」
王様の合図で一斉に兵士達はリズを捕らえるために走る。
その瞬間、リズも外へ全力で逃げた。

Screenshot-65_20140713233151201.jpg







Screenshot-67_20140713233149db4.jpg
「・・・・」

Screenshot-66_20140713233147889.jpg
「・・・勇者様・・・?」





「分かってくれ勇者よ」
Screenshot-68_20140713233424c36.jpg
「お主には辛い選択じゃな。仲間か、世界か。しかし彼女の中に魔王の魂が生きている以上、これしか方法はないのじゃ」
「・・・」

Screenshot-69_20140713233427b29.jpg
「世界を守るために戦ってくれたのじゃ。悪いようにはせん。今はまだ究極魔法は覚えてないようじゃが、覚えてしまう前に捕らえねば、もしかしたら今度こそ、あっという間に滅ぼされてしまうぞ」
「えぇ、分かってます王様・・・ただ、一つ。お願いがあります」
「なんじゃ?」

Screenshot-70_20140713233424e33.jpg

















Screenshot-71_20140713233834fb8.jpg



「リズ!」
振り返ると、そこにはダミアンが一人。

Screenshot-74_20140713233837199.jpg

Screenshot-75_2014071323384011f.jpg
「・・・」

Screenshot-76_201407132338412f7.jpg
「・・・」
冷たい潮風が流れてくる。
お互い、しばらく見詰め合うばかりだ。


「さっきは悪かった。大丈夫、俺一人にまかせてくれって言ってきた」
Screenshot-77_20140713233841c3d.jpg
「・・・・・良かった。これからどうするのよ?」

Screenshot-78_20140713234317819.jpg
「どうしような?分からねぇ」

Screenshot-80_20140713234319b6a.jpg
「きっと方法はあるはずよ。私は無残に殺される以外にね」

Screenshot-81_20140713234320539.jpg
「・・・つっても、方法なんか・・・。ワンダーランドで散々魔王についての書物を読み漁ってきたが、そんなの何もなかったぞ」

Screenshot-83_2014071323432367e.jpg
「・・・そうね・・・。でも、このまま魔王に乗っ取られるなんて、嫌よ」

Screenshot-84_20140713234749b32.jpg

Screenshot-85_20140713234751af5.jpg
「それ・・・何のつもり・・・?」


Screenshot-86_20140713234755849.jpg
「お前が魔王に乗っ取られるなんて絶対させねぇ。俺が何としてでも阻止してやる」
「・・・」
「一緒に戦ってきた大事な仲間だ。お前とは長い付き合いだし、たくさん助けられた。だから・・・」
Screenshot-87_2014071323475717b.jpg
「今度は俺が助ける。お前が完全に魔王になっちまう前に、せめてこの俺の手で、な」
「ダミアン・・・」
「俺は・・・勇者だ。世界を守る!!!」

Screenshot-88_201407132347592ce.jpg
「・・・・そういう事なの・・・・?あんた・・・そういうつもりで・・・」









Screenshot-89_20140713235133bb2.jpg





Screenshot-90_201407132351350cb.jpg







Screenshot-91_20140713235137722.jpg
「恨むなよ!リズ!!!」



ダミアン、先制攻撃!!


Screenshot-95_20140713235327964.jpg
秘儀!かっこいいポーズ!

Screenshot-93_20140713235324606.jpg

Screenshot-92_201407132353236de.jpg
秘儀!かっこいいポーズ!!!

Screenshot-96_20140713235328933.jpg

Screenshot-94_20140713235326f97.jpg
秘儀!かっこいいポーズ!!!!!!!!

Screenshot-97_2014071323534540e.jpg
「・・・・・・・・・(怒)」


Screenshot-98_20140713235531ddb.jpg
「そう、あんたがそのつもりなら、仕方ないわね。あんたは勇者としての義務を果たすってんなら、私も・・・魔王としの義務を果たしてやるわ!」

Screenshot-99_2014071323553321e.jpg
「究極魔法!アルテマ!!!!」

Screenshot-100_2014071323553408c.jpg

Screenshot-102_20140713235536f41.jpg
「お、、、お前・・・その魔法・・・覚えてたのかあああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」

Screenshot-103_20140713235537c92.jpg

Screenshot-104_201407132358290fe.jpg







動画内では、ここでこのBGMを流すと決めていました。
<<ココ>>をクリックするとyoutubeに飛びます。再生しながら読んでいただくことで再現するかと思いますwww





Screenshot-105_20140713235831160.jpg

Screenshot-106_2014071323583261c.jpg

Screenshot-107_201407132358340d9.jpg






Screenshot-107_201407140004000d1.jpg

Screenshot-108





















その後、現実世界では当然、朝っぱらからダミアンとリズは大喧嘩。
その様子を見ていたディーン。

デイジーに「あらあら、どうしたの?」と聞かれ
ディーンは「いい大人がゲームで大喧嘩・・・」と答える。

デイジーは「こんな大人になっちゃダメよディーン」と忠告すると
「分かってるよ、ママ」と答える。



ここはあまり変わってないですwww

どうでした?ひどかったでしょう?(˶′◡`˶)





だからハッピーエンドにしたんですw


ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| 茶番劇場シリーズ

トラックバック

http://ahiruchanet.blog.fc2.com/tb.php/361-70a1160e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。