スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告

sims物語3 「その人は・・」

f:id:ahiruchanet:20110605224239j:image
「どうだった?アイちゃん随分見入ってたけど」
「もう最高だった!最後の10分なんて興奮しちゃった」
「うん、今にも立ち上がりそうだったよw」
「あはっ!ほんとに」


どうやら2人が見たアクション映画は当たりだったようだ。


f:id:ahiruchanet:20110605224238j:image
「ねぇ、今度はピクニックに行かない?温かくなってきたし」
「いいねぇ。じゃ次の日曜日あたり、どう?」
「うん、いいよ」


f:id:ahiruchanet:20110605224237j:image
「ん~~~~」
「ん~~~~」


2人は人目も気にせず熱いキスをした。




f:id:ahiruchanet:20110605224236j:image
「次のデートは泊まり?」
「んふふ、どうしよっかな~」


f:id:ahiruchanet:20110605224235j:image
「じゃその日の流れに身を任すよ」
「あはは!そうしよっか!」




2人のデートは順調も順調。
付き合って3日しか経ってないのでアツアツのバカップルである。




こうして夜も更けていった

f:id:ahiruchanet:20110605224234j:image
「ただいまぁ~」
ハンナはあれからしばらくして仕事に戻り原稿作成した後
帰宅してきた模様。
キッチンでマナカが呼び寄せる。
「おかえり、ごはん今食べ始めたとこ」



f:id:ahiruchanet:20110605224233j:image

「ふぅ~今日も疲れました」
ハンナは疲労感たっぷりのため息をついた。
「お疲れ様」

f:id:ahiruchanet:20110605224232j:image
「そういえば今朝何か言いかけなかった?」
「え?あ、うん・・・それは、また後で・・・」
「ん、そう?」


こうして夕食は終わり、2階の廊下のソファで
話すことになりました。



f:id:ahiruchanet:20110605224231j:image
「それで?どうした?悩みか若造!」
「え?うん・・・悩みというかぁ~・・」


f:id:ahiruchanet:20110605224230j:image
「何?もうハッキリ言いなさいよ?!」
「うん・・・」モジモジ


f:id:ahiruchanet:20110605224526j:image
「私・・・私ね、す・・・好きな人が・・・」


f:id:ahiruchanet:20110605224525j:image
「できたの!?」


「え?!・・うん、実は、そうなの」

モジモジしながら告白したマナカはとても恥ずかしそうだ。

f:id:ahiruchanet:20110605224523j:image
「マナに好きな人が・・・。ついに置いてかれたわ・・。
で、誰なの?どんな人!?」

f:id:ahiruchanet:20110605224522j:image
「え?えっと・・・」


f:id:ahiruchanet:20110605224521j:image
「年上?」
「うんとね・・・その人は・・・」
「まさか年下ってことは・・・十代!?ヤダ!ちょっと知らない間に
マナったら!!」





f:id:ahiruchanet:20110605224520j:image
「いや・・・年は・・上なの」
「あらそう、そうね、あんたは年上がいいわよ、それで?
どんな奴なの?」

「うん・・・あのね・・・」
「どうせあんたのこったから、モジモジしちゃって
な~んもできないんでしょ!」

「う・・・・」


f:id:ahiruchanet:20110605224519j:image
「いや~私本当にうれしいよ!応援してるからね!」
「あ、ありがとう」


f:id:ahiruchanet:20110605224518j:image
「ま、相手によるけどさ!あはは!
ってかどこで知り合ったのよ、あたしにも紹介してくれるでしょうね?」




f:id:ahiruchanet:20110605224517j:image
「あのね!!わ、私の・・
その・・・その好きな人っていうのは・・・ケ・・・・・」






「よう!」

f:id:ahiruchanet:20110605224901j:image
ドキッ!!!



f:id:ahiruchanet:20110605224858j:image
「お、帰ってきたな色男」
「どうもどうも!色男ですいません!何の話してんの?」

f:id:ahiruchanet:20110605224852j:image
「2人だけのヒミツ話よ!」
「ヒミツ話?」


「そ、女のヒミツっていったらアレしかないけどね!うひひ」

f:id:ahiruchanet:20110605224848j:image
「うわ~~怪しすぎるわ・・・。」
「別に怪しくはないわよ!」


f:id:ahiruchanet:20110605224846j:image
「デートどうだったの?」
「最高でした。映画も面白かったし、今回は本当に
長続きすると思うんだ」

「まぁせいぜい頑張んなさい」
f:id:ahiruchanet:20110605224840j:image
「ハンナ姉さんこそ婚活がんばんないと・・・」
「うっさい!」
「ははっ風呂入っちゃっていい?」


「どうぞ~」


ケイはご機嫌な様子で風呂場へと向かった。
その背中はルンルンで今にも踊りだしそうなオーラを出している。



f:id:ahiruchanet:20110605224836j:image
「あ、で?その人は誰・・・って、何ちょっと、あんた!」


f:id:ahiruchanet:20110605224829j:image
ポーーー・・・
「顔・・・赤っ」




f:id:ahiruchanet:20110605224824j:image
「・・・。」


f:id:ahiruchanet:20110605224813j:image
「ハァ~~~」




マナカはポーっと顔を赤くしていた。
そして告白のタイミングを完全に失った。






今にも心臓が爆発してしまいそうだったので、
続きはまた後日・・・と、なった。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(2)

コメント

最新のストーリーは見たんですがやはり最初からみての感想の方がいいかと思ってちょっと最初から読ませてもらったんですが、
マナちゃんがかわいい(♥´∀` ♥)
色男ケイちゃんを好きになるマナちゃん・・・
でも相手には既に恋人がいるという悲しい事実・・・
でもそれでも好きでいる一途なかわいいマナちゃんいいですねぇ~(ノ∀\*)キャ
今後恋模様はどう描くのかはまだここの段階ではわからないですが、いつか付き合えたらいいのになぁ~と思っちゃいますよ^^
ケイくんは恋人とはとっかえひっかえしちゃってんですかね?話の感じ・・・(;^ω^)
今の恋人も長く続けばいいですが・・・マナちゃんともうまくいって欲しいと二つの気持がww

そんでハンナ姉様wwなんて気が強いキャリアーウーマンww素敵すぎますw
姉御と呼ばせていただきたい!!!
てか婚活中なんですね~アハハww
こんな美人なのに男性がいないなんてもったいない!!(`・ω・´)
男共見る目無さ過ぎるよ!!
少しづつですが3話ごとに見ていこうと思います!!
ここでのコメントで失礼;;;ではでは

2013年|02月|01日|16:06 |from Alice| URL

Aliceさん
わわっ!読んでくれてありがとう~~><
長いよ!?ww結構あるよ!?77話!!
文才がまったくないので、画で物語を!!という
事で
やたらSSが多い物語なんだけど^^;ありがと!
この時点では、まだまだ平和なひと時。
マナはごく普通の乙女なの。とっかえひっかえの女たらしケイに片思い中。
来いしてる純粋な子って可愛いよね^^
ハンナは仕事一筋で、顔はそこまで悪くないんだけど
一番の問題は性格。気が強いから難しそうで寄ってこないんだと思います^^;
いるよね~キャリアウーマンって婚期逃すパターンはあるあるだと思いません?ww
3話ずつ読んでくれるの!?嬉しい泣
ヒマな時にでもどうぞ\(^ ^)/

2013年|02月|01日|17:53 |from ahiruchanet| URL

非公開コメント

トラックバック

http://ahiruchanet.blog.fc2.com/tb.php/4-375c41c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。