スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告

sims物語1 「はじまり」



ここはツインブルックという小さな町。
f:id:ahiruchanet:20110605211540j:image:w360
豪勢な住宅が並ぶその一角に白く大きな家が建っている。
f:id:ahiruchanet:20110605211324j:image:w360



ここはシェア専用マンション。若者たちが集い、 

人とのコミュニケーションを大切にする場を目的とした物件。

ここに住む条件は一つ。独身であること。                f:id:ahiruchanet:20110605211541j:image:w360                   
「独身の男女が未来のため、夢のためのに生活していくマンションです!」

と、いうのがこのマンションのキャッチフレーズである。

朝7時。ここに早速、一人の女性が夢を本格的に

叶えるために引っ越すということでお見送りしている。

f:id:ahiruchanet:20110605211754j:image:w360
「それじゃ・・準備OK?忘れ物ない?」

「うん、大丈夫よ。」

f:id:ahiruchanet:20110605211415j:image:w360
「げ・・元気でな」

「えぇ、ケイちゃんも元気で。」


f:id:ahiruchanet:20110605211930j:image:w360
「あ~~もう寂しいじゃない!」




           
f:id:ahiruchanet:20110605211414j:image:w360
「あはは!ハンナ姉さん落ち着いてよ。私、夢叶うんだよ? 
 寂しいとか思う余裕なく次の人が引っ越して来るかもよ?」
「・・・そうだけどね。」 
「もっとショーに出れるようになったら、取材しにきてよね!」
 
      
           
f:id:ahiruchanet:20110605211929j:image:w360
「だったらものすごく努力してビッグになんなさいよ!頂点目指しなさい!
そんくらいじゃなきゃ私は取材しないんだから」 

「お~こわ!分かりましたぁwじゃ本当にそろそろ行くね。」

           
f:id:ahiruchanet:20110605211416j:image:w360
「バイバイ。」

「暇できたら遊びにくるからさ!」

「うん、待ってる」

            
f:id:ahiruchanet:20110605211412j:image:w360
「・・・・」

「コウジもさいなら!あんたとはいい喧嘩仲間だったしさ」

「ふん、・・・またな」


f:id:ahiruchanet:20110605211409j:image:w360
f:id:ahiruchanet:20110605212134j:image:w360
ブォオオオオオ・・・・           

そう言って赤い車に乗り込み、去って行った。

           




f:id:ahiruchanet:20110605211410j:image:w360           

「さみしいなぁ」

「また新しい人が入ってくるわよ」







f:id:ahiruchanet:20110605211413j:image:w360

「さ。ご飯食べましょ!」





f:id:ahiruchanet:20110605211411j:image:w360
「うん・・・」

4人は家の中へとはいって行った。













平日の朝、太陽がまぶしく照らす。

照らされた白いマンションは目を細めてしまう程に輝いていた。

そのマンションの中には

働き盛り、恋盛りの男女が暮らしている。

彼らもまた、太陽と同じようにとても輝いている。








f:id:ahiruchanet:20110605211453j:image:w360
「次・・・誰かくるのかな?」

「俺、次に誰か入ってくるなんて聞いてないけど」





f:id:ahiruchanet:20110605211452j:image:w360
「でも時期的に引っ越しシーズンだからね。可能性は高いと思うわよ?」





f:id:ahiruchanet:20110605211451j:image:w360
「どうせなら美人の女性がいいなあ」

「この女ったらし!」

「え・・・?いやいや!俺が悪いんじゃな・・」

「はいはい」

「お前・・・最後まで聞・・」

「うんおいしーわコレ!」

「えぇぇぇ・・・」





f:id:ahiruchanet:20110605211450j:image:w360
「・・・・」





3人が食べ終わったころにコウジが二階からおりてきた。

f:id:ahiruchanet:20110605211449j:image:w360

「よっこらせ」

「・・・コウジ」

「ん?」


あんたさぁ、毎日寝て起きて食べてPCゲームして・・・。飽きないの?働けば??」

「一応、働いてるけど」

「どこが仕事なのよ?拾ってきたガラクタ集めて売ってるだけでしょ」







f:id:ahiruchanet:20110605211449j:image:w360

「だからそれで稼いでんのよ」

「バカみたい」


f:id:ahiruchanet:20110605211447j:image:w360
「バカにしてればいいし」

「な・・・・んだ・・と・・?」

f:id:ahiruchanet:20110605212552j:image:w360
「まぁまぁ落ち着いてハンナ!ねっもうこんな時間よ?」

「あ!!マズイ仕事!」




f:id:ahiruchanet:20110605211456j:image:w360
急いで支度して走って出ていくハンナ

「あ!あ・・・」

「ん?どした?マナ」




f:id:ahiruchanet:20110605211455j:image:w360

「あ・・あのね・・えっと」

「なに?」





f:id:ahiruchanet:20110605211454j:image:w360
「いや、後でいいわ!いってらっしゃい!」

「いってきまぁ~す!!」


f:id:ahiruchanet:20110605211535j:image:w360
「はぁ~・・どうしようかな・・・ん?」





f:id:ahiruchanet:20110605211539j:image:w360
「あれ?あれれ?どっか出かけるの?」

ドアを開けようとしたケイは振り向いた。

f:id:ahiruchanet:20110605211538j:image:w360
「あぁ、まぁね」

「仕事は休みよね?ってことは・・・」

f:id:ahiruchanet:20110605211537j:image:w360
「これからデート、なんだ」

ピクっと反応するマナカ。

「この間来た子?」

「いや・・・その子とは別れた」

「え・・・」





f:id:ahiruchanet:20110605211536j:image:w360
「まぁ色々あってね、じゃ」

「・・・いってらっしゃい」





f:id:ahiruchanet:20110605211534j:image:w360
「・・・」




マナカはしばらくケイの後ろ姿を見つめていた。

その表情はとても切なそうに。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(2)

コメント

はじめまして♪

こんばんはー♪
ブログ拝見させていただきました♪

ケイ、顔の割りに筋肉凄い…w

次どうなるのかたのしみです!>A<

でも睡魔に勝てそうにないので
明日、続きを拝見させていただきます♪

2012年|09月|30日|23:28 |from おはぎ餅| URL

おはぎ餅様
わぁコメントありがとうございます!
しかも1話から読んでいただいて光栄ですww
64話もありますけど・・・ww

ケイは顔のわりにマッチョマンですw

ありがとうございました!
おはぎ餅さんのブログもちょくちょく覗かせてくださいね!

2012年|10月|01日|17:55 |from ahiruchanet| URL

非公開コメント

トラックバック

http://ahiruchanet.blog.fc2.com/tb.php/6-c848361b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。