スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告

sims物語58 「新しい関係へ」

Screenshot_20120825214859.jpg
タオとアツコの作戦により、2組に分かれ、
タオはサキとまったりとデートを楽しんだ。

罪悪感はあった。
でも、アツコの言われるがままに動くしかなかった。

こんな事をして
上手くいくかどうかなんて考えていなかった。
ただ、カズの告白を止めたかったのだ。


Screenshot-2_20120825214858.jpg
「今日はありがとう。楽しかったよ」
「ハイ、僕もです」

「カズ君たち、結局連絡なかったね」
「は、はい」

Screenshot-3_20120825214857.jpg
「あ、あの・・・」
「うん?」

「また・・・行きましょう」
「うん、また行こう!少しは美術品に興味湧いた?」
「はい!」
と元気よく返事をした。
これは本心だ。
合わせてるだけではなく、本当に興味が湧いたのだ。
見れば見るほど、その作品の世界観に吸い込まれていくようだった。

Screenshot-4_20120825214857.jpg
「じゃ、私もう部屋に戻るけど・・・」
「はい、僕は・・・もう少し・・」

「わかった、じゃ、おやすみ~」
「おやすみなさい」

サキは、タオをそこに残してマンションに入って行った。

Screenshot-25_20120825220637.jpg
Screenshot-26_20120825220637.jpg
タオは、サキがマンションに入っていくのを見つめていた。
そして、見えなくなると
全身で伸びをした。
緊張の1日をやりきった感触がした。
とても充実していた。

Screenshot-27_20120825220636.jpg
「・・・・随分な事してくれんじゃねーか・・・」

Screenshot-24_20120825220938.jpg
フと後ろを振り返ると
カズがそこにいた。

「・・・カズ・・・」

Screenshot-28_20120825220635.jpg
「お前のやり方は・・・本当に汚ねぇ」
「あ、あの・・・」

「なんでコソコソあの女と一緒になって・・・」
「カズ?ちょっと待って・・」
カズはドシドシと大股で近づいていく。

Screenshot-29_20120825220635.jpg
「最初からこうするつもりで・・・俺の話も心の中で笑ってたのか・・・」
「ち・・違います!僕もやっぱり・・その、サキさんを・・」

Screenshot-30_20120825220634.jpg
「ふざけんな!!」
ドンッ! 

Screenshot-31_20120825221553.jpg
カズは思い切りタオを突き飛ばす。
その力強さは、怒りが満ち溢れた強さで、
タオは後ろに2,3歩飛ばされた。

Screenshot-35_20120825221551.jpg
「お前がそういう奴だなんて見損なったぜ!今更“僕も好きなんです”!?だからこんな真似したってのか!?」
「カズ・・す、すみませんでした・・」

「幻滅だ!これがお前のやり方なら・・・」
「カズ・・・!!!待って。僕が、間違ってたです!」
Screenshot-32_20120825221552.jpg
「僕は・・・アツコさんに言われた通りにしてしまったばかりに・・・」
「・・・発案はあいつか。なるほど」

「でも、何も考えずにやってしまった僕が・・いけませんでした」
Screenshot-33_20120825221552.jpg
「・・・そうだな」
「もう・・・しません・・・でも僕は・・・やっぱり・・・」

「あぁ・・・そうだろうな」
「カズ・・・?」
カズはハァ、とため息をついて怒りを一旦落ち着かせた。
Screenshot-38_20120825222425.jpg
「もう、お前とは絶交だ」
「え!?」

「こうなるくらいは分かってただろ?こんな状態で今までみたいに仲良くやっていきたくねぇし・・」
Screenshot-37_20120825222425.jpg
「・・・」

「俺もお前をこれからは、“そういう”相手として考える」
「そういうって、どういう・・・」

Screenshot-39_20120825222425.jpg
「じゃぁな・・」
カズは、タオの質問に答えないまま帰って行った。


虚しさだけが残った。
分かってた。

分かってたはずなのに・・・
やはりカズとの友情が終わってしまったと分かった途端
後悔が襲ってきた。
恋を後悔したくない。だからアツコの作戦に乗ったが
友情だって後悔したくなかった。

これはわがままなのだろうか?
どうにか円満にはできないのか、と考えていたが・・・

アツコの言う通り、同じ相手を好きになって
どっちかが実らせるためには
敵になるしか方法はないのだった・・・。





その頃・・・
外でタオと別れてマンションに入ると
リビングから「おかえり・・・」と
元気のない声が聞こえた。
Screenshot-9_20120825223133.jpg
Screenshot-8_20120825223134.jpg
ソファに座り、目の下にクマが出来た寝不足顔のマナがいた。

Screenshot-10_20120825223133.jpg
「どうしたの?なんだか顔色が悪いみたい」
「うん・・・ちょっと、ね」

「悩みなら聞くよ?」
「・・・」
Screenshot-11_20120825223131.jpg
「話すだけでも楽になるよ?」
「うん・・・」
なかなか話そうとしなかったので
「話したくなったら・・」
と、切りだしたところで
「実は・・・」
と、重い口を開いた。
Screenshot-12_20120825223131.jpg
「フラれちゃったの。好きな人に。」
「そっかぁ・・・辛いね」

「ねぇ、サキ」
「うん?」

Screenshot-13_20120825223130.jpg
「この気持を忘れるにはどうしたらいいのかなぁ?」
「そうだねぇ。別の誰かを好きになるとか」

「別の、誰か・・・」
「うん、好きな人がまた出来れば、彼はあっという間に“過去の人”になるよ」

Screenshot-14_20120825224312.jpg
「好きな人かぁ・・・」
「うん、それとか新しい趣味を見つける、とか」
Screenshot-16_20120825224311.jpg
「・・・」
マナは考えていた。
他の誰か、好きな人を見つければ
彼は過去の人になる。
そうすれば、モヤモヤも消えて
気持ちよく送り出せるのかな?

お互い、気まずくもならずに真っすぐ目を見て
バイバイ、できるかな・・・?
そんな事を考えていた。

「・・・ナちゃん」



「マナちゃん?」
Screenshot-18_20120825224310.jpg
「あ!ごめん・・・うん、ありがとうサキ」
「大丈夫?」

「うん!参考にするよ」
Screenshot-17_20120825224310.jpg
「でも、あまり無理して忘れようとしなくてもいいと思う。辛いかもしれないけど・・」
「ううん、忘れなきゃいけないの!お互いのために」

「・・・そう?」
Screenshot-21_20120825224816.jpg
Screenshot-22_20120825224815.jpg
「聞いてくれてありがとう!じゃもう寝るね!おやすみ」
「うん・・・おやすみマナちゃん」

マナカは自室へ戻った。
Screenshot-23_20120825224814.jpg
(大丈夫かな・・・)
サキは心配だった。

思いつめているように見えたからだ。

(それで余計に傷ついたりしなきゃいいけど・・・)





スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(6)

コメント

はじめまして

シムサーチさんから参りました!
シムズでSS物語にはまっていて、
こちらの作品はもう一気に読んでしまいました。

タオ君は優しいだけに流されやすくてもあって
最新のお話は胸が痛みました。
真のイケメン・コウジ君にもいつ恋の春が来るのかと、コウジ君ファンとしては非常に気掛かりです!(笑)

これからも通わせていただきます!
どうぞよろしくお願いいたします。

2012年|08月|26日|10:30 |from りぐのえる| URL

こんにちはー^^

やっぱりカズくんとタオくん、亀裂が;;
でも確かに今回はアツコちゃんが計画したとはいえ、やり方が汚かったですよね><
2人には仲良しのままで居て欲しかったけど;;

マナちゃん、早く元気になれるといいなあ><

2012年|08月|26日|14:11 |from なっぴー☆| URL

えぐのえる様
こんにちわ~はじめまして(*´ω`*)
来ていただいてありがとうございます!!
今までの話も一気読みしていただけたみたいで、本当に嬉しすぎです!!
今回タオは親友かずとの友情が壊れてしまったわけですが・・・恋と友情、選べませんよねぇ。
どっちかしかないんでしょうか。
優しいタオには辛い選択です。
イケメン、コウジ(笑)の恋はあるんでしょうかねぇ?
恋・・・できるのか?あいつ・・・w

そちらにも遊びに行かせていただきまーす!

2012年|08月|26日|15:21 |from ahiruchanet| URL

なっぴー☆さん
こんにちわ!
2人の友情に亀裂・・・これは深いですね。
この結果により、これからどうなってしまうんでしょう。

マナカも何やら次の恋に走るようで・・・
でもそれにより、余計傷ついてしまいそうですねぇ。

コメントありがとうございました!

2012年|08月|26日|15:26 |from ahiruchanet| URL

(。・ω・)ノ゙ コンバンゎ♪

あらら・・・(-_-;)
アツコにそそのかされとは言え!タオのとった行動は?
ガズが気づかんわけない訳で・・・そりゃ~怒るわなっっヽ(`Д´)ノ
こうなったら!もう~サキに選んでもらうしかないですね!
って!サキは、そもそも!どっちにも興味なかったりしてww
それはそれで!痛み分け?的な同士感で!!
タオとカズが肩組んでる姿が、目に浮かんでくるのですが・・・w

そして、ここにも悩めるお嬢が!!
うん、失恋の痛みを癒すのは・・・って、そんな直ぐには無理~~
しかし、それが一番手っ取り早いのは、確かだわw
・・・忘れられればねっ(ーー゛)

2012年|08月|28日|20:53 |from きのこ| URL

きのこさん
ども~~~!!
グサッグサッグサッ!す、するどい所突きますね~w
サキの気持ちは一体どうなんでしょう?
見るからに・・・あれは・・・ムムムムムム(;´Д`)
そしてマナちゃんも!そんなすぐには恋できるもんじゃない。のに、何だか挑戦するみたいですけど・・・どうするのか!?
ってとこですね。
クリスマス前ですからね~皆必死ですよw
コメントありがとうございます(*´ω`*)

2012年|08月|28日|22:28 |from ahiruchanet| URL

非公開コメント

トラックバック

http://ahiruchanet.blog.fc2.com/tb.php/70-0106f5e4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。