sims物語66 「波乱のクリスマスイヴ パート4」

12月24日のクリスマスイヴ

マンション内で、クリスマスパーティーが開かれている。
誰もが笑顔で楽しむはずのパーティだが、
複雑な気持ちで過ごしている者がほとんどだった。


彼もその中の1人である。
Screenshot-79_20121009182234.jpg
「マ、マナちゃん・・」

「!?」
マナカはケイに声をかけられてドキッとする。
Screenshot-80_20121009182233.jpg
「なんか・・・久しぶりだね・・ははっ」
とケイは笑ってごまかす。
「うん、そうだね・・・・あの日以来、かな」

そう言うとマナカは下を向いた。
何とも言えない沈黙が襲う。
「どう?一緒に、飲もう?」
Screenshot-81_20121009182233.jpg
「ご、ごめん。私、これから出かけるの」
「え?パーティなのに?」

「うん・・・もう半分参加したし、いいかなって。人と、会うんだ」
Screenshot-82_20121009182232.jpg
「人と?あぁ友達?」
「・・・というか・・・うん。もう、行かないと!」



「え?もう行くの?一杯くらい・・・」

「ごめんケイ君・・・じゃあ」
Screenshot-85_20121009183153.jpg
Screenshot-86_20121009183153.jpg

マナカは小走りでマンションを出る。
できればケイと話したくなかった。
まだ、心の整理も付いてない。

彼と交わした、ほんの数秒の会話でも

ドックンドックンと胸が熱くなる。
それを悟られないように、顔を見られないように
走り去って行った。

Screenshot-87_20121009183152.jpg
「ごめんお待たせ」
「待ってないよ。さ、どこ行く?」

マンションの前で、男性がマナカを迎えに来ていた。
てっきり女友達かと思っていた。
Screenshot-88_20121009183152.jpg
「ケイちゃん?何してるの?」
奥からサキがケイに声をかける。
ケイはポカーンとマナカと男性が楽しそうに会話しているのを見ていた。
「なぁ、あいつ誰だよ・・?」
「さぁ?新しい彼かも」

「は?」
新しい彼?
ついこの間、告白してきたのに?
Screenshot-90_20121009183151.jpg
「この間、すごい失恋したんだって。で、どうやったら忘れられるかって聞かれたの。」
「なんて言ったんだよ?」


「・・・新しい恋をするのが一番早いって言ったのよ。」
「じゃ・・・無理矢理俺を忘れようとしてるってのか?」

「え!?ケイちゃんの事だったの?」
Screenshot-89_20121009183151.jpg
「マジかよ・・」

ケイは少しずつ、彼女への気持ちを整理していた。
考え直していたのだ。
彼女は一途に想ってくれていた。
彼女なら・・・きっと信じられるし、
離れていても平気かもしれない、そう思い始めていたのに・・・。





prrrr・・・

prrrr・・・

よく鳴る電話だ。
これで何度目だろう。
今月に入って2回。
彼にとって2回は多い方だ。

一切かかってこないのが基本なのだから。
Screenshot-60_20121009182156.jpg
隅の方で1人飲んでいたコウジは、この着信音で誰からか分かっていた。
12月頭に1度、かかってきた。

いつもは、たいした情報もくれない役立たずな探偵からだ。
彼とは随分長い付き合いになる。
Screenshot-64_20121009182155.jpg
静かに別室に移動する。
大好きなお酒を飲みながら。

期待などしていなかった。
何年も探し続けていた父親の情報は
雇ってから1度も動きはなかったからだ。

未だ行方知らずの父親。
生きてるのか、死んでいるのかも分からない。
彼を探して何をするのかも決めていない。

ただ知りたかった。
あの日の事を。真実を。

Screenshot-66_20121009182155.jpg
「・・・はい」
『坊っちゃん、有力な情報が入りました』

「坊っちゃんはいい加減やめてくれ」
『すみません・・・お父上の偽名は“高倉ケイゴ”と名乗って生活しているようです」

「高倉ケイゴ・・・」
Screenshot-67_20121009182154.jpg
『それに、アルパーサ平原の山奥に住んでいるようで・・・、この情報によると・・・』
「なんだ?」

『落ち着いて聞いてください』
「早く言え。今更驚く事なんてない」
Screenshot-68_20121009185256.jpg
『・・・は、はい。それが・・・既に別の女と再婚して、子供も1人いるようです』

Screenshot-70_20121009185255.jpg
妻と子供がいる。
コウジにとって、それは屈辱的なものだった。

“俺達”から逃げておいて
新しい人生を楽しんでる・・・?
俺がどんな思いであの日から過ごしてきたか・・・
父親への憎しみが増していく。
『坊っちゃん、大丈夫ですか?』
「・・・・・あぁ、それだけか?」

『はい、今のところ・・・。坊っちゃん、もうやめましょう?探し続けても・・・』
「うるさい!さっさと居場所を詳しく調べてこい」
ピッ

コウジは、どこにもぶつけられない怒りを
携帯を握る右手の拳に集中させた。
今にも電話にヒビが入りそうなほど強く・・・。
Screenshot-75_20121009185254.jpg
そして、それがだんだん弱くなり
虚しさが襲ってくる。
力が抜け、そのまま崩れ
ストンとその場に座り込んでしまった。

「・・・・許せねぇよ・・・どうやって許せっていうんだよ?」

隣の部屋からは楽しいゲームの最中なのか
賑わった声が響き渡る中、
1人静かに、蹲るのであった。



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| sims物語本編 | コメント(8)

コメント

こんばんはー!お邪魔いたします(*^^*)
しばらく来れなかった間に待ちに待ったクリスマス編が…!!
サトシとハンナパート、お待ちしておりましたー!(*´Д`*)
この二人の距離感が好きすぎるw
サトシのセリフにドキドキしちゃいました(´∀`*)
サトシの切り札ってそういうことだったんですね。
お父様もまた何かしかけて来たりするのでしょうか?こちらも波乱万丈な感じですね(ノД`)
マナちゃんも、忘れようとした時にケイ君の心が動くなんて(´・ω・`)
恋はタイミングが全てと言うけども、これは切ないよー
!(ノД`)
それでは、続きも楽しみにしております!

2012年|10月|09日|19:57 |from lira| URL 【編集】

liraさん
さっそく来ていただきありがとうございます(*´ω`*)
サトシ&ハンナ編やっちゃいましたよ~w
意外に遠かった2人の距離は縮んでるんですよね~
大人なカップルです☆
彼の決断はきっと正しかったと思うし、
これからはハンナが支えてくれるハズです!
マナも辛い時だと思います。恋はタイミングですね。タイミングが合わなかった時のショックは私も経験ありますが、辛いっすよ!ww
コメントありがとうございました~

2012年|10月|09日|20:08 |from ahiruchanet| URL

こんばんは♪
みんなの人間関係が動いてますね!
一途な子好きの私としてはマナちゃんを応援してるんですが、ケイ君もうちょっと早くその気持ちを伝えてあげてよ~wwでもケイ君にとってこれがマナちゃんとの関係に変化を生じさせる起爆剤になればいいなあ・・・なんて妄想中デス(笑)

おおお!コウジ君だ♪
なにやら深刻な過去のお話みたいですね。
彼の過去に興味深々です。
続きも楽しみにしてますネ☆

2012年|10月|09日|21:22 |from Loveflower888| URL

loveflower888さん
こんばんわー!
ケイ君は、この事がキッカケで燃えるのではないでしょうか!?
でも、ケイ君も意外と臆病になってるからなぁ~
マナちゃんも忘れようと必死ですが、タイミング合わないですねぇw

コウジもそろそろ過去の話が絡んできますよw
大した事ないかもしれないし、グダグダになるかもしれませんが、楽しみにしててくださいw

2012年|10月|10日|18:36 |from ahiruchanet| URL

こんばんは!今日はお話の続きを読ませてもらいに来ました!

みんなの気持ちや動きについ夢中になっちゃいましたよ!
まだアイちゃんのお話らへんなんですが、コウジくん頼もしいですね!ケイくんもかっこいいし、何気にやさしい所が好きです(*^_^*)

少しずつですがお話読ませてもらいますね♪
応援してます!

2012年|10月|10日|19:00 |from harrn| URL

harrnさん
こんばんわ!過去の話も読んでいただきありがとうございます!
最初の方は未熟度全開なので(今はすこーしだけスキルアップしましたがw)ワケ分かんない展開もあると思いますが、スルーでお願いしますww
コウジは実は優しくて友達思いな奴なので皆からの支持率パないですww

応援&コメントありがとうございました!!

2012年|10月|10日|19:39 |from ahiruchanet| URL

こんばんは!
待ちに待ったコウジ君パート、キタ━o(*´∀`)○━━!!
すっごい食いついてますww

お父さん、別の所帯ってショックですね。
いつも飄々としてる感のあったコウジ君のこんな姿を見ると切なくなります。
探偵もよりによってイブになんて悲しいお知らせをするんだ~!(;_;)

マナカちゃんも本当に出かけてしまうなんて・・・
続き楽しみにしてます!

2012年|10月|15日|17:44 |from りぐのえる| URL

りぐのえるさん
コウジ君の回も、どんどん入れていきますよ!w
そうですねぇ、いつも堂々としていたコウジが、怒りや悲しみを出す姿は、私もコウジらしくないな、と思ってます。

マナちゃんですが、彼女も彼女なりに考えているようです。彼女は前に進んでるんですが、タイミングが悪いですね。ケイは少し、考え直しているなんて思っても見ないでしょう・・・。

毎回コメントありがとうございます。

2012年|10月|15日|22:29 |from ahiruchanet| URL

非公開コメント

トラックバック

http://ahiruchanet.blog.fc2.com/tb.php/90-68762ed0